こんにちは。こしあんです照れ
エリザベート愛が溢れすぎて、ここに漏らしにきました照れ(いいかたw)

昨日、今シーズンのエリザベート納めをしました。劇場を去るのがこんなに名残惜しくなる作品、中々ありませんショボーン



この作品との出会いはまだ未就学児だった頃、
私が産まれる前からミュージカルと宝塚大好きだった母に連れられて行ったのが日本初演公演でした。

その後も定期的に再演される人気作品だったため、アラサーとなっても、今まで定期的に観てきたとても思い入れが強い作品です。

ストーリーは基本は歴史に添っていて、ハプスブルク家の皇后、エリザベートが主人公で人生の物語なのですが、この作品には死という役が登場し、死はエリザベートを何度も誘うのですが、彼女はさの誘いに乗らず、最後まで生ききるです。

無邪気な心を持って結婚したものの理想と現実の差に苦しんだり、娘、息子の死や、夫の浮気、継母との争い、夫婦のすれ違いetc...

と色々あるのですが、これを観て人生ってこういう『もの』なんだなと学びましたグッ
(高い地位だから幸せ、ではなく、たくさん苦難があるという意味で)

そんな、苦しい出来事の連続でも『何者でもない自分だけの生き方』を追い求めて生きていくエリザベートがとても好きですハート
(あくまで、私の解釈です。)

その生き方を決意するときに歌う『私だけに』という曲は私の宝物ですキラキラ

本気出せば6回以上観に行けたんですけど、
結婚式準備のため、2回分、諦めました...えーん
4回観に行きました。


今回帝国劇場だけの公演だったから来年あたり全国ツアーしてくれないかなぁ。なんて。

花嫁的には忌み嫌われるワードですが、
この3ヶ月間、最高の黄泉の国ライフでしたラブ


そして、おまけ
好き過ぎてエリザベート観劇用に黒いカットソーに黒いスカート買って全身真っ黒コーデ楽しんでましたデレデレ
ステージセットが霊廟イメージなんで、それをイメージしてw


これに↓合わせてました。