2歳児のやまびこ遊び(https://blogs.yahoo.co.jp/konaka_hoikuen/50520650.html) (写真上段)を見た5歳児Aくん、Bちゃん。小さい子たちがなんだか楽しそうなことしてると、自分たちもし始めました。面白そうと思ったら、躊躇なく真似するのが素敵です。おまけに、大人の顔を見ることなく、寄ってくるわけでもなく、山に向かって本当にやまびこが帰ってくるような大きな声で「ヤッホー」と呼びかけていました(写真下段左)

イメージ 1


4、5歳くらいになると、自分たちが保育園の年長者でリーダーたる存在であることを自認しています。そうすると、小さい子たちを世話したり、物事について教えたりすることは率先して行いますが、素直に年下の意見を聴くことは心情的に難しい様子。遊びを真似ることも少なくなります。

小さい子を真似するときは、その遊びが純粋に楽しそうだからではなく、小さい子に向かって保育士が発した「面白いこと考えたね!」という言葉を自分にも言ってもらいたいからということもあるのです。前回書いたように、その意図が読み取れる際には、注意しながら対話します。単純に「面白い」で済ませず、敢えて

「○○ちゃんは、この遊びどういうところが面白いと思う?」
「他にどんな遊び方ができるかなぁ」

と、その子の発達状況に見合った声掛けをします。そのような声掛けに対し、子どもが反応して対話や遊びが続く場合は問題ありませんが、自己肯定感の低下による承認欲求から小さい子を真似している場合は遊びや対話は続きません。その場合は、むしろ普段よりもスキンシップを増やし、その子の話を聴くことに注力します。

今回、やまびこ遊びを真似し始めたAくん、Bちゃんは純粋に面白そうと思って始めたようです。2歳児たちとは異なる一工夫として、「せーの!」と声を合わせてやまびこ遊びをしていました。Aくん、Bちゃんに近づき、二人が「ヤッホー」と言った後に、山に向かって耳を澄ませる仕草をしました。

「ほら、AくんとBちゃんの声が山にぶつかって跳ね返ってくるよ!やまびこが聞こえるよ」

と話すと、二人も嬉しそうに「ヤッホー」の後に耳を澄ませていました(^^)

その様子に次々と他の4、5歳児も集まってきました(写真下段右)。そのうちの一人、Cくんは話すことは好きなのですが、友だちの中では一歩引いてしまうところがあります。いつも、他の子どもたちがいないタイミングを見計らって事務室にやってきて私に話をしていきます。普段から声も小さく、園では物静かな子です。そのCくんの「ヤッホー」にみんなビックリ!テノール歌手かと思うような、ぶれの無い、大きな伸びやかな声で、誰よりも長く「ヤッホー」を言うのです!思わず、

「Cくん、素晴らしい声!声楽家みたいに伸びのある声ね!その声で、いつも歌うたってほしいな~」

と絶賛しました。他の4、5歳児たちや保育士からも口々に褒めらて、Cくんは、はにかみながらもとても満足げな笑顔を見せていました。

それを翌日、O野先生に伝えると、「だから、Cくん、朝の会の歌声がとても大きくなっていたんですね!」と納得の様子でした。

子どもたちが自分に自信を持つきっかけを見逃さないこと、これはとても大切なことです。大人たちはどうしても、子どもたちに働きかけ、何かを与えようとしがちです。もちろん、それは、放置するよりはずっと良いかもしれません。しかし、遠くから見て、子どもの「あれ、何してるんだろう?」と思う姿や面白い姿を見逃さないことは、もっと重要です。「可愛い」と思うことよりも、ずっと重要です。