山男子のi-smart生活

山男子のi-smart生活

お気楽登山が趣味の山男子が、一条工務店のi-smartでマイホームを建てます。

Amebaでブログを始めよう!
コムゾウです。

今日は、これから間取りを検討される方、i-smartで建築しようか悩んでいる方に向けた情報です

実は、i-smartでも、いろんな階段パターンが「標準」で選択できます

まず・・・
i-smartでは、オープンステアが標準で採用できます。
従って、敷地や予算に余裕のある方、デザイン性を重視される方は、オープンステアを、まず検討されると思います。

他方・・・
敷地に余裕がない場合、建築面積を抑えたい場合などには、階段下を収納として活用できる、いわゆる「通常の階段」が選択肢に上がると思います。

ちなみに、コムゾウ家は後者のパターンです。

そんな「普通の階段」を選択する場合に、i-smartでは次のようなパターンが用意されています

①や②は最もスペースを有効活用できるパターンです。
ちょっと変化球で③なんかもあります。
階段の途中に「踊り場」を設けたい場合は④や⑤が選択可能です。

これらの左右反転、踊り場はUターンの初めにする(図の④や⑤)or後にする、等の組み合わせがあります。
すると、結構、たくさんの階段パターンが考えられます。
しかも、これなら「オプション料金発生なし」=「無料」のはず・・・・
(コムゾウ家は⑤で無料でした)

これらを活用して、少しでも理想のマイホームを実現して下さい。


にほんブログ村