平成の大工棟梁検定会議

テーマ:
皆様おはようございます。

久し振りの更新になります。

昨日は、平成の大工棟梁検定の委員会の引き継ぎで、東京の本部にて会議がありました。

来年度は、今年度開催された13カ所のポリテクカレッジに、新しく1カ所のポリテクカレッジと6カ所のポリテクセンターが加わります。
{DDC797D9-CA0A-42B0-BCEF-AA202409F615}

来年度、技術担当副委員長を仰せつかったので、今年度以上に充実した資格目指して邁進したいと思います。

そして、今日は耐震診断の会議があるので、しっかり勉強して帰りたいと思います。

それでは また。

差し茅工事6

テーマ:
投稿が遅くなりましたが、無事差し茅工事が終了しました。


住宅保証機構(株)の検査員による検査の様子です。
{08A3AF63-5C9F-4160-9023-50A2FA567376}
検査員の方が、五所川原市で移築保存している「楠見家」の茅屋根に携わったそうで、茅屋根に詳しくとても勉強になりました。
{D743B0F5-D5DE-4ECD-8BAE-B3FF451ADA98}

{BA402F40-8E54-4845-90A4-4FB60805FAD0}

{89AAB983-7061-48BF-A90E-8B798EB69920}
足場が取れて全景が見えて来ました。
{7ED2B4C2-F53A-441A-A0F9-89BA5F1C1B0E}
外壁がサイディングなのが残念ですが、32年前に差し茅した時に施工したそうで、傷んでいるところも出て来ているので、少しづつ元に戻す様な改修をお勧めしております。
{04D74CBC-E42D-40A9-AD87-BD947365D818}

{17815E94-C03C-4BCF-86D6-CFBE33A6D732}

差し茅工事の一連の作業や材料を間近で見て来ましたが、業者によって様々あるらしく、今回のこの差し茅工事をキッカケに研究を重ね、これからも品質を確保するために努力してゆきたいと思います。

全国で初めて、差し茅屋根に瑕疵保険がかかるというこの現場が無事終了致しました。

ご尽力頂きました住宅保証機構(株)様、(一社)住まい教育推進協会の皆様、工事関係の皆様、誠に有難うございました。

これから茅葺き屋根を茅葺で残そうと考えている方に、勇気と希望を持って頂けると思います。

これからも茅屋根工事には力を入れてゆきたいと思っておりますので、引き続きご指導ご協力宜しくお願い致します。



差し茅工事5

テーマ:
つがる市の差し茅工事の続報です。

先日7月10日に見学会を開催し、TV局2社、新聞社2社の取材を受けました。
{AB2ED379-8FF4-43A5-A460-4D6C803FF38B}

{8FD34174-7ECC-4C83-9CB4-29BA9E9571E2}

{5ABBB3FE-D8E7-4AE2-ABE6-11CD31859FF1}

局地的に豪雨だったらしいのですが、つがる市は奇跡的に雨が降らず、取材も順調に終わり、夕方には放映して頂きました。(新聞は次の日の朝刊に掲載頂きました)有難うございました。

瑕疵保険についての詳しい説明は有りませんでしたが、これからもっと広めてゆきたいと思います。

昨日の様子です。
棟の倉まで葺き終わり、二尺の短い茅を楔の様に一定間隔で差してゆき、突いて表面を均しながら、仕上げに鋏を入れてゆきます。

{2E44BBC3-0D32-45CC-A07C-C8B9734BBA73}
右の職人は小山内さんと言って、職歴60年の大ベテランです。(御歳88歳)
{ACFEE9F9-B736-48B5-969F-C9A13F73E159}

{8C922599-5533-4C0F-B322-08EA3112B767}
最初の頃葺いた茅の色が落ち着き、今葺いている北面と若干色が違います。
{43EFC788-8CAE-4B2E-AF32-8B75570844C9}

今日1日で二尺茅を差し終わり、全体的に最終チェックをしたら終了です。

明日瑕疵保険の検査が有ります。

終わりましたらまた報告致します。