カレー大好き!ゴーグル仮面byアチャールIKEDA

カレー大好き!ゴーグル仮面byアチャールIKEDA

このブログはカレー中心の日々の体験記録です。2018年は500店舗715食のカレー体験をしました。
ゴーグル仮面®︎は登録商標です。 Twitter @komedarian

エチオピア辛さトライアル33倍【エチオピアカリ-キッチンアトレ秋葉原12022CURRY106231食目

2022.6.20

2017年以来カレー3180



チキン+野菜カリー 辛さ33倍ライス半分 ¥1,290

▶︎アチャール ¥80


世界の食糧需給が心配です。

穀物相場の高騰が心配です。


なぜなら、このカトリに入っているじゃがいもはこんなにも小さくてひとつだけだからです。





以前のエチオピアなら、このサイズのじゃがいもなら2つでした。そんなにもじゃがいもの需給が逼迫しているのだろうか、エチオピアともあろうものがジャガイモの数でコスト削減しなければならないほど穀物相場が高騰しているのか、ウクライナの平和を祈ってやみません。


しかし、ここは千代田区外神田、アトレ秋葉原1の一階エチオピアなのです。



店員さんがお水とじゃがいもを持ってきたら注文しなければいけません。


「チキン+野菜カリー、ライス半分、辛さは33倍」


あ!

「あとアチャールもお願いします!」


というわけでもう安心です。世界で何が起ころうとも、まもなく参院選であっても、ここに座っていれば指定のカレーが出てくるのです。


さぁ、今日のエチオピア辛さトライアルは

33倍ですよ!ゾロ目おめでとう㊗️


お、この向きの配膳は珍しい。今日はいつもの店員さんではないのでライスの向きが異なります。いつもはライスは左、今日は手前、以前、駿河台下の本店ではライスは右でした。


0倍から一つずつ辛さの倍数を上げていくエチオピア辛さトライアルも33倍にまでなりました。



1人勝手にスタンプラリーとしては挑戦のしがいがあります。30倍に至る頃からは、もう辛さを恐れることがなくなりました。次回はまた一段上の辛さのカレーを食べればいいのです。なんて簡単な挑戦なのでしょう。私は決して辛さに強くありません。かつてエチオピアで52倍を食べた時は口内が痛いだけで味なんて分かりませんでした。このエチオピア辛さトライアルでも、22倍で一旦限界を感じてしばらく時を空けたのでした。でも、30倍が近づくに連れて、不思議と恐れをなくし、辛さはこうやって乗り越えると終始おいしいのだという食べ方を発見して、それが身についたようです。







辛さに驚かないことが最大の要因のような気もします。毎回美味しくて、またエチオピアに来たいと思うようになりました。どうやら継続できるようです。


この間にアチャールを都度注文するようになったのも一つの要因でしょう。クセになる美味しさのエチオピアのアチャールですが、これがカレーの辛さ10倍くらいから、カレーの方がアチャールの辛さを上まって、20倍に近づく頃にはアチャールが甘く感じるようになります。これと福神漬けを合わせるともう最強の味変ペアです。決して辛さに怯むことはなくなります。




2021525日に辛さ0倍でスタートしてから1年を超えましたがまだ続けている自分が実に誇らしい。大いに馬鹿げているのですが、楽しくてなりません。


さて、その辛さ33倍の感想ですけど、それは写真をご覧ください。




今日もエチオピアがおいしかった。

めでたしめでたし