既に会報などではお知らせしていますが、今年もホームカミング・デーを11月3日(日・祝)に開催します。
詳細は後ほどWebサイトに掲載しますが、
16:00~駒木会総会・交流パーティー A棟(本部棟)8F会議室(15:30~受付開始)
の予定です。

また、今年は江戸川大学に来年開設予定の新学科「こどもコミュニケーション学科」
(2014年4月開設予定)とのコラボレーションイベント「第1回 江戸川大学 こどもコミュニケーションフォーラム」を開催します。

イベント詳細は江戸川大学駒木祭情報のページに掲載されていますので、そちらをご覧ください。

なお、こどもコミュニケーションフォーラム開催にあたって、現代社会学科の宮崎先生よりメッセージが届いていますのでご紹介します。

卒業生の皆さんこんにちは。現代社会学科・教員の宮崎です。
さて、皆さんの中にはお子さんのいらっしゃる方もいると思います。子どもの存在はかけがえのないものであり、成長は親の楽しみです。ただ、現実の子育ては楽しいだけでは済まない事も多いはず。
そこで、学園祭の企画として、「こどもコミュニケーションフォーラム」を行う事になりました。
第1部では、発達心理学研究の第一人者である内田伸子先生(お茶の水女子大学名誉教授)の講演会「子どもの創造的想像力を育む」を開きます。子どもとのかかわり方について、わかりやすく日常でも応用が利く話しをしていただきます。講演会終了後には内田先生に直接相談できる時間もとっています(これ、すごい事なんです!)。お子さん用のお絵かきセット(先着50人)やプレイルームも用意していますので親子での参加をお待ちしています。
第2部では、NHK「おかあさんといっしょ」で放送されたアニメ「こんなこいるかな」のキャラクターを創った有賀忍先生の登場です。子どもがわくわくして夢中になるような活動を子ども向けに展開します。「覆面仮面で大変身」、このタイトルを聞いただけで楽しそうな予感がしませんか。我が子の生き生きとした姿を見たい方は是非参加させてあげて下さい。

 11月3日(日)11時からメモリアルホールにてお子さんと一緒に笑顔で過ごしてみませんか?

AD
江戸川大学名誉教授で長年教鞭をとられ、学生部長、江戸川大学総合福祉専門学校校長、メディアコミュニケーション学部長を歴任された久保悌二郎先生が、10月10日に逝去され、13日に前夜式、14日に告別式が行われました。

駒木会の代表として関沼会長、大中事務局長が出席し、久保ゼミ生の代表として
本会の理事でもある渕より、故人の思い出についてスピーチしました。

久保先生には授業やゼミでお世話になった卒業生も多いと思いますが、駒木会としても大変お世話になりました。

久保先生

写真は2010年11月3日に行われた開学20周年記念ホームカミング・デーにてご挨拶を頂いた時のものです。この時もホームカミング・デー開催のために様々なご協力をいただきました。

駒木会執行部一同、謹んで哀悼の意を表します。
AD

今年の駒木会報できました

テーマ:
皆さんこんにちは。駒木会の会報担当です。

お知らせの通り、今年も無事に駒木会報第13号を発行することができました。
記事を寄稿していただいた皆様、協力していただいた皆様、本当にありがとうございました。

発送の都合もあり、皆様のお手元に届くまではもうしばらく掛かりそうです。「待ちきれない!!」という方は、ぜひWeb掲載版をご覧ください。

さて、せっかくの機会ですので、会報の記事を一つピックアップしてご紹介します。

駒木会の活動に参加してみませんか?

はい、スタッフ募集のお知らせです。
駒木会では
以前より役員の募集をしておりますが、いきなり「役員」と言われてもちょっと困ってしまう人が多いのではないでしょうか?

もちろん、我々としては「心配しなくても大丈夫!私たちがサポートします!」と言うところですが、「仕事が忙しくてとてもじゃないけど無理」とか「大学が遠いので打ち合わせに行くのはちょっと…」という方も当然いらっしゃると思います。

実はもっと簡単なことで、皆さんにお手伝いいただきたいことがたくさんあるんです!!


例えば会報の製作など。大まかなレイアウトや掲載するトピックは理事会で話し合いましたが、実際の記事執筆やデザインなどは、それぞれのメンバーが行い、メールでやりとりして作業を進めました。
つまり、メールが使える環境なら、海外在住でもOKなんです。

他にも、ホームカミング・デー(総会・交流パーティー)の受付や誘導のスタッフは、事前の打ち合わせもなく、当日ちょっと早めに来ていただく程度で済みます。

記事でも触れていますが、こういったイベントって、一人ではちょっと参加しづらく感じられる方もいらっしゃるかと思います。でも、スタッフとして参加してしまえば、少なくとも役員はみんな知り合いになります。
自分自身、駒木会の活動がきっかけで知り合った先輩・後輩が何人もいます。

ちょっとでも興味を持たれましたら、ぜひ駒木会までご連絡ください。

AD
駒木会事務局です。
学園祭「駒木祭」が明日と迫った今日、大学を覗くと準備が急ピッチで行われていました。

さて、駒木祭が明日から、ということはホームカミング・デーも明日・明後日、ということで卒業生のみなさんにとっては、
大学時代の友人や恩師と旧交を温める場でもあり、恩師が実際いらっしゃるのか、気になっている方も多いでしょう。

そこで、先日事務局より退職されました先生宛にホームカミング・デーの招待状を郵送したところ、現在(11/1午前)までに「出席いただける」との返信がありました先生方のお名前をここで列記させていただきます。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


お待たせしました。

それでは発表します。
本年度列席される(と返信いただいている)先生方は以下の通りです。
  • 太田次郎 先生
  • 堀江固功 先生
  • 市川昌 先生
  • 鈴木儀十郎 先生
  • 高山真知子 先生
  • 向仲こう(景頁) 先生
  • 木原啓吉 先生
  • 萩原元昭 先生
  • 浜田竜之介 先生
  • 戸塚績 先生
  • 牧野信彦 先生
(順不同)

--
※ 11/2 追記:本年度退職されました、久保悌二郎先生より参加の返事をいただきました。

以上です。

みなさんの先生の名前はありましたか?
このほか、もちろん市村学長をはじめとした現職の先生方ももちろん出席いただけるとのことですので是非卒業生のみなさんもふるってご参加ください!

11/2(金) 3(土・祝)の2日間に渡り毎年恒例のホームカミング・デーが開催されます。
既にTwitterで速報(https://twitter.com/komaki_kai/status/248281763615502336)をご案内していますが、今後このブログにてそれぞれのイベントを詳しくお伝えしていきます。

今回は11/3(土・祝)16時より開催予定の駒木会総会・交流パーティーの情報です。
場所はA棟(本部棟)8階会議室です。当日は案内看板を設置、誘導スタッフも配置予定ですので迷わずお越しいただけると思います。

駒木会総会では、駒木会の活動報告や予算の承認など、会の運営についての重要事項を決定する場です。ちょっと堅苦しいかもしれませんが、そんなに時間もかかりませんので、ぜひご参加いただき駒木会の活動について知っていただければと思います。

総会に引き続き交流パーティーが開催されます。
同窓生はもちろん、多くの先生方も参加されます。事前の申し込みは不要ですし、参加費もかかりませんので、ぜひ皆様お誘い合わせの上ご参加ください。
交流パーティー内でもちょっとしたイベントを計画していますのでお楽しみに!!

昨年の交流パーティーの様子は駒木会報(※未着の方はお手数ですが駒木会事務局まで連絡ください)にも掲載されていますので、ぜひ御覧ください。
もしかしたら素敵な出会いがあるかも…(実績あり、詳細は駒木会報を御覧ください)

このところ、こちらの更新も滞っていますのでここいらでちょっとキャンパス内で気になった小ネタを。

  • 図書館長キャラクター募集
     たぶん「たま駅長」(いや図書館だけにデューイ?)などのイメージなんだと思いますが図書館長キャラクターを募集しているようです。
    とくに応募条件はないみたいなので卒業生の方で興味ある方、デザインある方は応募してみるのはいかがでしょう?(詳しくはこちら(図書館Webサイト)まで)
     
  • ポスター「マナー力」って
    駒木会みんなのBLOG-ポスター「マナー力って」
     
     そういえば去年も似たような感じのポスターがあった気がしますが、今年もこんな感じのポスター(写真がぶれぶれですみません)が学内のあちらこちらに貼られていました。聞いたところによれば、写っているモデルさんはみんな江戸大生だそうです。結構種類があるみたいなのであちこち探してみるのもいいかもしれませんね。

 千葉日報社主催の「第55回 千葉文学賞」でメディアコミュニケーション学部マス・コミュニケーション学科 第19期卒業生の高見紗綾(さあや)【PN:朝矢たかみ】さんが「赤い女」という作品で見事大賞である千葉文学賞を歴代最年少で受賞されました。


 千葉日報社の取材に対し、「文筆活動は中学入学直前から10年間続けて」おり、3度目の応募で受賞ができたことについて「伝統ある賞をもらえて光栄です」「夢は具体的に思い浮かびませんが、文章は書き続けます」と話していた高見さん。


 同紙のコラムには、『特に高い注目を集める「千葉文学賞」は22歳の女性が受賞。若者の文学、活字離れが深刻化する中、手際よく短編小説を書き上げた才能は、書くことを志すあらゆる世代へ刺激を与えるに違いない。』と記されていました。


関連: 江戸川大学ニュース No.150 http://www.edogawa-u.ac.jp/press/150.html

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます!(^O^)
(本当ならもっと早く言わなきゃいけないのに、ぐうたらですね…)

紹介が遅れてスミマセン。私たちは、「江戸川大学駒木会」という、江戸川大学公認の同窓会組織です。
何をやってるのか?って言うと…

  • 毎年の卒業生の懇親会開催
  • グラウンドの人工芝化(あのすごい芝のグラウンドの費用の一部は、駒木会が出したんですよ~!)
  • 奨学金

などなど、卒業生や在学生の皆さんと江戸川大学を結びつけるための活動を数多くしているんです。

新入生の皆さんがやるべきことは、勉学に、サークル活動に、学内イベント活動に全力投球で励み、大学生活を楽しむこと!!そうすれば、きっと江戸川大学が好きになります。
4年後(まじめに勉強すれば)に卒業する時には、「江戸川大学に入って良かった~ありがとう江戸川大学~(T_T)/~~~」と思えるはずです。

 卒業後は、役員として同窓会を手伝ってもらえるとうれしいです!!
江戸川大学を更に盛り上げ、大きな大きな「卒業生ネットワーク」を作っていきましょう!!(^^)/

第19期 卒業生の方へ

テーマ:

江戸川大学駒木会です。

今年3月に江戸川大学を巣立たれた卒業生の皆さん、社会人としての生活には慣れましたか?
気づかれた方もいると思いますが、3月16日の卒業記念パーティの時、受付エリアをちょっとだけお借りし、同窓会の案内をさせてもらいました。また、会長のつたないスピーチにもお付き合いいただき、ありがとうございましたm(__)m

駒木会も2012年度がようやくスタートです!

11月3日(土)のホームカミング・デーで皆さんとお会いできることを楽しみにしています!
ホームカミング・デーの前に、皆さんのお手元に「駒木会報」(同窓会報)を発送します。
駒木会は、皆さんとのつながりを大切にしたいと思っていますので、お住まいが変わられた際には駒木会までご連絡くださいね。(皆さんとのつながりが絶たれてしまうのが一番イヤです…((+_+)))

これから大変なことがたくさん起こるかもしれませんが、楽しかった大学生活の思い出を糧にして社会で大きく羽ばたいてください!!応援しています!!(^^)/

それでは、11月3日(土)江戸川大学でお会いしましょう!!

いよいよホームカミング・デー(というか駒木祭)も来週に迫ってきました。
ここで現時点(10/25 21:00)(11/1 20:00)時点での出席予定と返信いただいた教職員の方のお名前を列記させていただきます。(五十音順)

青字は後日更新分


【既退職教員】
太田次郎 先生
鈴木儀十郎 先生

市川昌 先生
浦川朋司 先生
上瀬由美子 先生
高山眞知子 先生
戸塚績 先生
土器屋由紀子 先生
向仲こう 先生 (こう=へんに「景」、つくりに「頁」)
萩原元昭 先生
堀江固功 先生
渡部記安 先生

【現職教員】
青野丕緒 先生
阿南透 先生
石田義明 先生
大江田清志 先生
親泊素子 先生
神部順子 先生
古城庸夫 先生
近藤益世 先生
残間義和 先生
柴田良一 先生
城一道子 先生
鈴木輝隆 先生
高田正之 先生
高橋克 先生
玉田和恵 先生
土屋薫 先生
中村雅美 先生
董光哲 先生
平山満紀 先生
古里靖彦 先生
松村豊子 先生
八木徹 先生
Jeffrey Hanks 先生

【既退職職員】
國田豊 様
奥田昭夫 様
昆哲 様


以上です。
取り急ぎ報告まで。

#なおこれ以降、追加で出席連絡等ありましたら追ってブログにて報告させていただきます。