*茶倉ガヤトリースクール*

*茶倉ガヤトリースクール*

お店情報や日々の出来事♡
のんびりと感じるままに書き綴っていきたいと思います♪


テーマ:

人は皆、三種類の

(風 vata・火 pitta・水 kapha)
生命エネルギーを持っていて
性格や身体的個性(遺伝・生理的特徴)で
その割合が違います。

 

その人にとって
三種類の中で最も使われやすい

エネルギーを代表して、『・・・体質』 と言います。

 

『vata pitta体質(風と火)』 などの

二種類の混合型も多いです。

 

一番理想的なのは三つのエネルギーが

同じ割合で調和している状態です。 

ニコニコ DASH! メラメラ 汗 

 

調和されていると  

健康を保持しやすいと言われていて

自分自身でコントロールし

三つのエネルギーのバランスを整える事が

アーユルヴェーダの目的となります。

 

今年の夏は一気に暑くなりそうです。 太陽ギラギラあせる

 

夏は、火のエネルギーが過剰になり 炎炎炎
バランスが崩れやすくなるので
火の質を調整する事が必要となります。
元々、火のエネルギーの高い
pitta(ピッタ)体質の方は
更に増えやすいので気をつけましょう。 
 

ご自分の体質がわからない方は

カテゴリーの中の

【アーユルヴェーダ入門】 を

開いてご確認くださいね。ニコニコぽってりフラワー

 

どの体質が良くて

どの体質が悪いって事は

全くありません。

 

大切なのは

自分の体質を正しく知る事です。


●火の質は・・・  

情熱家で素晴らしい指導力を発揮。 にっこりゲンコツハート
完璧主義を貫こうとするとイライラする事も・・・アセアセ

:* とにかく頑張り屋さん
*  お話が理論的 
*  観察力や分析に長け物事の本質を見抜く
*  合理的な行動を好む
*  目に見える美しいものが大好き キラキラ
*  目が充血しやすい
*  ストレスが胃にきやすい うるうる

などと言った特徴があります。
心当たりの多い人はpitta体質かも。 しし座やしの木


火のエネルギーが適正に使われている時は
『冷静に物事を分析し客観的にみる』 ブルーハーツ
という長所であらわれます。
 
他の体質の人より
良い事も悪い事も気づきやすいので
気持ちが落ち着いていると
良い分析、良い指導に繋がり
素晴らしいリーダーとして活躍します。

 

ただ、頑張りすぎて疲れてくると 
長所の 観察力 が 批判 に変わり
イライラしやすくなり ドンッ
周りに火の粉を飛ばしちゃう事も・・・ ムスッメラメラ
 
 
pittaが過剰になって乱れてくると・・ 

身体面では・・

● ほてりやすい
● 目が充血する
● 異常な空腹感
● 喉が渇く
● ストレスから胃が痛む
● 口内炎・皮膚炎(熱による炎症性のもの)
 
心理面では・・

● 空しさを感じる
● 満足感が得られない
● 刺激を求める
● とにかくイライラする
● 批判的になる
● 待てない
 
などの不調が表れてきます。

 

 

こんな時は・・・  うさぎクッキー

 

美しい自然にふれたり 葉っぱキラキラ
お気に入りのcaffeで
心静かに過ごしたり・・ 照れコーヒー

演出事が好きだったり
ロマンチックな事が好きなので ラブラブ
アロマやお香を好きな人も多いです。 

日々の生活の中に
上手に香りを取り入れて下さい。 乙女のトキメキ

 
そして、
「一人の時間」 を心掛けましょう。ブルーハート

人といると何かしら気遣いをしてしまうので

なかなかリラックスできません。

 

 

pitta体質は何事も一生懸命ですが
『頑張り過ぎない事』 を意識して。 
オーバーヒートすると
自分自身もこげちゃいます。 ショック!


心も体もクールダウンを心掛けましょう。

 


☆ まず無理しすぎない事

無理したいpittaちゃんだけど我慢して。あせる

 

☆ 体を熱くしすぎない(日光浴・運動・入浴)
☆ 美しい自然にふれる
☆ 一人だけの時間を作る クローバーキラキラ

☆ 過食に気をつける
☆ 刺激物をさける(お酒やスパイスはほどほどに・・)

 

pittaちゃんの 日々のキーワード は
【クールダウン】 と 【心身のリラックス】 桜

 

のんびりとしたスケジュールの

プチ旅行も素敵。 車ハート

pittaちゃんは海よりも山の中の小川や

涼しいところがおすすめです。(*^^*)

 

過剰な火のエネルギー鎮めて

自分自身もゆるめましょう。 ニコニコクローバー

 

 

pitta体質の人だけではなくて

皆さんも火の質を鎮める生活を取り入れて

上手に夏を過ごして下さいね。 しし座ラブラブ

 

 

 

 

 

 

アーユルヴェーダ理論について

詳しく学びたい方は

入門講座もあります(*^^*)

 

がや♥

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス