続けてきました、振り返り投稿。


2018下半期


7月

関西リーグ3節目。ようやく少しは監督の言う事を表現出来る時が出てきて勝ち。







選抜関西大会は初の予選リーグ敗退


監督が妥協するとチームは必ず勝てない。
そして本当に認め合える仲間の集団にしないとチームは勝てない。知っていた事を再度思い知らされた大会。情けなさしか湧き上がらない大会。






子供が無事に産まれるようにとお宮参り










8月
関西リーグ4節目も勝ち


チームは勝ってるものの練習では毎回怒られ続け、精神も身体も崩壊しかけ。






この後の週からなんだか膝に違和感が。。






9月
膝が腫れたり、腫れが引いたり。
何度か繰り返したあと病院へ。
MRIの結果内側半月板断裂。






頭真っ白。










チームの為にと監督不在の関西リーグ采配。

先行する試合展開も後半に逆転され負け。
この試合後にもコテンパンに言われチーン。





関西リーグ2度目の滋賀開催

奥さんとユニフォーム姿で1枚。
この時の早く治せよ。使えへん。て監督の一言で辞める事を決意。






10月
最高のチームメイトあらいだいすけの結婚式







奥さんのお姉さんのところへ







主治医の先生と職場の上司に相談し、職場から早めに手術して治したらいいよと優しく言ってもらえたので10月19日に手術。





1ヶ月は脚は地面に着けれないと言われたのに3日で退院。

鬼畜過ぎ。奥さんに運転などしてもらい何度かリハビリに通う。



食事なども妊婦の奥さんに負担を掛ける日々。。


職場にも迷惑でしかない存在に。

精神が壊れてた時期。死にたいとさえ思えた時期。



そんな時に助けてくれた奥さんと子供の存在。そして上司と。


この3人の存在がなかったらもう終わってた。本当に助けてもらってありがとうございます。








11月
予定よりも1ヶ月早く出産。
陣痛から24時間後に出てくる大変さ。女の人は凄いと感じた日。
そして松葉杖で何も出来ず見守るだけの自分。
11月中ばだというのにハーフパンツで立ち会う自分。

そんな中元気に産まれました。




奥さんと子供に感謝!!
そして何もできない自分の代わりに、助けてくれた親に感謝!!




いつも周りの人に助けてもらってばかりで感謝しかない。






12月

奥さんと子供が里帰りから家に帰ってくる
からのお宮参り


なんとも可愛い顔。親バカの極み。
この着物は自分も着ていた着物。自分の子供に着せられる日が来るとは。





そして歩けるようになった自分。でもこんな状態ですが。







筋力がなかなか戻らないけど、ボチボチやるしかない。





と、まぁざっくり振り返りました。





なんだか一年通して山と谷があり過ぎて。



財布無くす。


仕事では新入社員にパワハラからの手術で2ヶ月以上穴を開ける。



フットサルでは球蹴りの楽しさを完全に失くす。




この2点だけで自分のバランスはここまで崩れるのかって思える一年。それだけ自分にとっては大事な物なんだなと思いました。







仕事をモチベーションに趣味を頑張る。



趣味をモチベーションに仕事を頑張る。









ごくごく普通の事。これが欠けると自分はここまで落ちるかってくらい落ちる。それがわかった2018。





そんな中、子供が産まれたり。




前回の記事の冒頭に書いたように心にしみる事。
自分にはありました。
歳を取っても泣ける事がありました。




その人にとっては普通の事だったのかもしれないけど、自分にとっては大きな事で。







困っている時やどうしようかと思ってる時に、一歩をすんなり出せる人。





行動で、身体を張って示せる人。





そんな人に自分がなりたいなと思った。




いつなれるのかはわからないけど、自分にもそんな人間力をつけたいなと。





努力は一生
本番一回
チャンスは一瞬






自分の中で大事な言葉





2019年は今年よりも成長するぞ。






皆さん今年も大変お世話になりました。
こんな私ですがこれからもよろしくお願いします。





良いお年を










kj


















 皆さん心に染みる出来事ってありますか?




日々の中ではあまり感じない事が多いですか?





毎日奇跡があり、感謝の日々。





人が生きるってそう言う事なのかなと思い始めてる私は一体なんなのだろうか。






年末にどうもkjです。







2018年を振り返りたいと思います。




年明けで喜んでいるのも束の間、一月には財布を無くし、免許書やら保健所、銀行のカードの再発行。




それでも好きな若いメンバーと飲みにいったり楽しい事もあったなぁ。

今でもみんな楽しく球蹴り続けてる。知念は関東で楽しくやってるようで何より。




2月、滋賀県フットサラー有志が集まりカンチャレに行くチームの激励フットサル大会。

でも、勝負所で負けて関西には上がれず。来年こそは上がってよ。





3月、チームを辞める難ちゃんがチーム練習に来る。こう言う熱い人って好きですよねぇ。チーム愛ってこういうところに出てくるんやろなぁ。

今ではF2チームのコーチしてる。早く監督になる姿みたいなぁ。頑張れ!応援してます。


 



あと3月は今年唯一の釣りで唯一の水揚げ。
気持ちいい〜。







4月、あがりゃんせフットサルクラブ解散からのMioフットサルクラブとして活動開始。

少ない人数で初のイベント業務があったり。






飲み会でチームを率いて間もない監督と健一がすぐ仲良くなってたり。






5月、ゴールでウィークに横浜から帰省してきた鴨の呼びかけにより集合し、鴨会。









奥さんのライブ見に行ったり。








関西リーグの開幕戦があったり。

この試合はベスト3には入るであろう嫌な記憶しかない試合。


この時からもう苦しみは始まっていたのかも。







6月、関西リーグ2節目


滋賀開催で初の敗戦。





仕事では新入社員に対する接し方がパワハラとみなされ呼び出され。





次の週からリフレッシュ休暇を取り、奥さんの親戚がいる長野へ。
諏訪大社下社





叔父さんの別荘











山に登ってみたり













美味しいご飯とお酒をいただき






叔父さんと叔母さんに、いい思いばかりさせてもらい大満足な長野旅。





妊婦が2人もいるコンサートを見に行ったり




なんだか、濃い6月。(笑)




まぁ、1月から良いことも悪いこともあり。まぁどちらかというと悪いことの方がすぐ思いつく。
今年は何一つ良い事なかったんちゃうか?とさえ思ってましたが、1月から6月振り返ってみるとちゃんと楽しかったことや良いこともありましたね。なんだか良かった。



でも、やっぱり苦しかったなぁ。って気持ちが待つよーい。それだけ充実もしてたってことですかね。


ざっくり上半期振り返りましたぁ。
また続けて下半期も振り返りたいと思います〜。








術後退院してから1週間。






毎日の診察、2〜3回のリハビリとゲームに没頭してる毎日。








まだ腫れが残ってる。あとは縫った内側に痛みが。






1ヶ月間の装具装着は絶対。




1ヶ月後に可動域が0〜90度になるのが目標。




現在55度。








来週には80度まで行けるかな?






順調に進むよう、リハビリに励みたいと思います。





少しずつ少しずつ。






焦らない焦らない。と自分に言い聞かせて。









周りの方全てに感謝して。








前進!!











kj


19日に手術をして、次の日の昼間まで点滴で抗生物質を入れ頭痛、熱と身体に問題なければ翌日退院との事。




前回は麻酔の後遺症で頭痛と吐き気が出たものの今回は出なかった。




そして、言われていた通り術後2日の21日に退院。




足もつけれない、装具もつけたまま。





こんな状況でも出されるのね。





1人では生活出来ない状態の要介護者なんですが。奥さんがいなかったら何も出来ない。本当に感謝です。




病院の治療方針もあるし、手術してくれた先生は入院してた病院にいない為、そっちに通院する為に退院させられた感はかなりありますが。


手術してくれた先生の病院の方がリハビリもしっかりしてるし。



ただ、運転席に乗れない。。





奥さんが今は家にいる期間でよかった。




毎度の送迎してもらって今のところ毎日診察、リハビリという生活を送っております。




退院翌日から癒着が酷くならないように、膝に負荷がかからない程度まで曲げる訓練と皮膚を動かす訓練に筋力トレーニング。



初日は40度、2日目は50度、3日目は60度と1日10度ほど可動域は広がってる。




でも何故か痛みが消えなーーい。




こんなに痛いの半月板?




縫った場所が少しややこしい?縫う糸のアンカーがもしかしたら悪さしてる?もしかしたら数年後にアンカーを切ると先生は言っていたが。。



手術すると色々と問題は出てくる。
あとはリハビリでどうにかするしかない。




健常者に戻れるようにリハビリ頑張らねば。




仕事も長い間休ませてもらって迷惑かけてる分、リハビリしっかりして出来るだけ早く出社出来るようにしないと。





焦らず1つ1つコツコツと。






まだまだ先は見えないが。






今の苦しみの先に光はあるのだろうか。













みなさんまだまだしばらくご迷惑をおかけします。


すいません。












kj

 
今日4回目の入院。



明日手術。






こんなにも自分が嫌になった事はない、しんどい日々。





仕事でも上司や先輩、色んな人に迷惑をかけ、助けにならないといけない時に助ける事も出来ず。いつも助けられてばっかりで。それでも優しく何事もないように応援してもらって。




家族にも決まっていた予定をなくしてもらい。






もう、なんでこうなったのか。全然理解が出来ないし、今の自分を受け入れない。





まだまだ弱い、甘い、器が小さいって事。









明日やっと全てがハッキリする。




自分の膝がどうなってるのか。不安と申し訳なさに苦しんだ1ヶ月。





それがやっと明日わかる。





明日から前に進めるかな。





進めるといいな。

























もう春ですね。





洗濯物が気持ちよく乾き出す。





でも、今日は家から出たくない。



kjです。





あがりゃんせフットサルクラブが出来て10年?
入って5年?経ちましたがなくなりました。






今年からは0からのスタート。






今までにない文化、環境があった、あがりゃんせ時代。





本当によくしてもらってた分、結果を出す為に頑張れた部分もあったと思います。




甘さも同時にありましたが。




でもほんとに良い環境で、惰性や楽しむ為だけにやる事も出来たはずやけど、良い結果を出せた時期もあったし、常勝軍団にはなれなかったけど、僕個人的には素晴らしいチームやったんじゃないかなと思います。
趣味の領域をそこまでは越えず、少ないにしても結果も出せた。もちろん通用しない事の方が多かったですが、強制とかじゃなく個人の責任と想いっていう意識で規律とか統制が取れてたのかなと思います。
それもこれも良い環境があったからこそやと思います。




ほんま楽しいチームでした。





本当にありがとうございました!!





これからは新しいチームとしてはスタートします。




多分難しい事しかないと思います。
環境面でも練習面でもガラッと変わる。



でも変わらんと成長はないと思います。




化けるために化わる。




変化じゃなく化けるだけで良いと思います。




自分どうのこうのじゃなく、強制的に変えられる部分は多いと思うので。





でも、楽しいと思える部分も増えて来るはず。
先に苦しみはくるけど、その後には楽しさという部分が出て来ると信じてやるしかない。




僕も出来る限り続けたいと思います。






変わるのか化わるのか。





0スタート。





真っ直ぐに素直に。






得るものしかないでしょう。








フットボールの楽しさ。





なんでやり続けてるのか。





なぜ好きなのか。






そこだけはブレないように。






チーム目標は大事やけど、大事な物って他にもあると俺はあると思います。






あくまでアマチュアスポーツ。






ブレずに楽しもう。




自分らしさはなくさないように。





頭でっかちになるのが1番よくない。








とは言うものの、不安と楽しみの狭間で揺れてます。(笑)








そんな時は飲みます。






では!

もうこのブログを見る人はいないはず。




今の想いを久し振りに書こうと思います。





まず、今年のフットサルは終わりました。



関西リーグ最終戦は残ってますが個人的には行けないので。
振り返ると開幕戦負けて、その後なかなか価値を掴めず苦しみ勝ち癖といういい癖を付けれなかったシーズン。



登録メンバー20人という大所帯の中、チームカラー、チーム内競争もあまりなかったように思います。


それがシーズンを早くに終わらせてしまう要因になったかなと。



何が良くて何が悪かったというよりもチームとして20×40ピッチの中で躍動感が全くなかったというところが一番の問題かなと思います。



ボールを繋いで攻めたい。



自分達のペースで試合をしたい。



それにとらわれすぎた結果、躍動感無く闘いに勝てなかったのかなと思います。



休日に人が集まらないおかげで話しが詰めていけない。そんな声も多く上がってはいたけど、休日に集まっていたメンバーでどれだけ詰めてやれていのか。



休日に行けない代わりに平日の練習でどれだけ詰めてやれていたのか。




チーム内での信頼関係が崩れた感は否めません。




相手に何度もパスを繋がれ綺麗に崩された失点なら割り切れるが、パス一本からシュートを決められるシーンも多かった今シーズン。



攻撃も守りも立って見る事が多く、今までにないくらい面白くないチームになってしまったと思います。

やってて楽しめた人はいたのか?



味方を鼓舞しよう!



と言うのは簡単やけど、見ててなんで?!となる事が重なると鼓舞なんてする気もなくなる。



そういうことが多かったのかなと思います。




あがりゃんせというチームは来年度から無くなります。
あがりゃんせとしての最後のシーズンにそんな残念なチームで終わってしまったのが残念やけど、それがらしさなのかもしれません。





良いプレーには自然と皆んなが飛び出して喜ぶ。





そんなことを自然と出来てたチームが今や全くそんなシーンは見られない。




時代や世代が変われば変わるんかもしれんけど、変わってはいけない部分てあると思う。





今年のチームはスローガンであるチームはファミリー!!ではない。




ただの他人、好き勝手やってるだけ。




チームの為にと何人が闘えてるのか。




負けたいと思ってる人はいいひんけど、絶対勝ちたい!と思ってる人、伝わる人はごく僅か。


20人いてごく僅か。




チームという生き物は死んでいたんだなと。





来年度はどうなるのか不透明やけど、このチームは死んだらあかん。




来年度は生きて闘える、躍動感あるチームに。




色んな個性が集まっての生き物。




もっと癖あっていいんじゃない?



よそよそしくしてうわべだけじゃ苦しくて死ぬだけやん?




好きな事を出来る幸せや、感謝の気持ちをもってやらないと。




時間は戻らない。






努力は一生、勝負は一瞬。





今を生きよう!







早くにシーズンが終わったので、残された時間の使い方、考えたいと思います。


{D6845D5C-0F20-4598-9BDD-A70EEAA5301F}

{59D1A4EE-1172-4BD8-85E1-8DF9DCB0ED49}





リスペクトは忘れたらあかん!






kj


昨日は全国フットサル選抜関西予選でした。




朝から空調なしの体育館に缶詰め。




観客席にいるだけで汗だく。そんな環境の中1日プレイング15分を3試合。




チームとしてタフなチームしか勝てない大会。





1勝1敗の2位でグループ予選を通過し決定戦へ。


決定戦の相手は大阪選抜。




関西の横綱。





そんな相手に連続失点してたら勝てないと話すも試合開始早々に連続失点。





タイムアウトを取り、相手のストロングポイントを消し、滋賀らしさを出す為の事を統一し同点まで盛り返すもあっさり失点。




そこから2点差にされ1点差にし2点差にされと追いつく事なく突き放されたまんま試合終了。






4-6で負け。




今年も全国には行けませんでした。






力負け。





経験、点の取り方、ファールのもらい方。




全てにおいて一枚上手でしたかね。





県リーガー主体の滋賀が勝つ為のことはやり切ったと思うし、走り切ってくれた選手達には感謝感謝です。



あまり体を張る印象のないりょうすけまで体を投げ打って守っていたのが何よりも嬉しかった。





最後にはチームが1つになったかなと思います。





横綱に勝つためには普段の練習から強度を上げるしかない。




特に県リーガーは。




この負けや景色を体感したからこそシビアになれると思うし、ならないと強くならない。





守備に甘さがあるチームは確実に勝てないと今大会でわかったはず。




抜かれる事を恐れずにボールにプレスし続ける。


抜かれたカバーはボールにすぐ寄る。



ファー詰めの抑え方。




アマチュアだからこその戦い方。





ウマサよりもまずはツヨサを。






来年こそは全国!







{0DA72BF1-3B01-42D4-8B95-14DDBF16AF3D}

はい、こうすけ話聞いてない〜。


{870CC847-BE42-4C29-9540-14D26871D31A}

なんだかんだ楽しいチームになってよかった。



このメンバーに感謝。




全力サポートのスタッフに感謝。





負けは監督の責任。




監督の力量のなさ。





あの景色をみてもらえるように。







頑張ろ俺!


















kj

この更新されないブログを見てるマニアックな方、どうもお久しぶりです。






現在新幹線に乗り東京へ。

豊◯問題について活動してきます。






ではなく親戚の結婚式へ。







どうもkjです。







関西リーグが5月に開幕し、もうすでに3節終わりました。





結果は負け、引き分け、負け。





勝ち知らず。






3節で失点13。。






このチームが勝つための絶対条件をクリア出来てないので勝てないのは当然。






試合をしている感触では負けるような感じはしなかった。



なんで負けたのか。




そんな感触を持ってる人は多いと思う。







でも、他チームと比べて頑張れていないのは事実やと思う。





相手へのシュートブロックや味方の為のランニング。ミスが起こった時の切り替え。




疲れた時、苦しい時にこそ、そのチームの姿が出ると思う。





試合を通して味方を鼓舞したり助けたりという部分でも継続は出来ていない。





チームフラッグに描いてある共闘。






共闘してる?





1つになってる?





1つになろうとしてる?





エゴは大事やけど、チームの為に動けないとただのエゴイスト。





チームの為に動けてる人が今何人いるのか。




やり切れてる人は何人いるのか。





走ってくれた味方へパスを出さずにボールを取られた時、走ってくれた味方に対して何かしらの声をかけてる?





一人一人が信頼して、助け合って、支え合ってこそのチーム。





フットサルはミスのスポーツ。




そのミスを減らす事はだいじやけど、ミスを取り返しやすいのもこのスポーツならでは。




それは1人では取り返せない。





チームにならないと。






個人的に練習や、試合でももっと引っ張って行く立場の人達に引っ張っていってほしいし、その覚悟をもっと持って変えてほしいかなと思います。






この文章であいつは人任せやんと思われてもいい。

なすりつけやん。




自分はどうなん?





そう思われてもいい。






ただ、もっと引っ張っていかないと個人的にはなんの意味もないポジションになるんじゃないかな。





練習は上手くなる為にするもんやけど、アマチュアスポーツそれだけじゃないやん。






いろんなキャラクターがいて、出来る人がやればいいってのもあるけど。。





チームの引っ張り方って様々やと思うし、その覚悟をもっと出して欲しいな。と偉そうに言ってみる。






やるのは自分達。





自分達のブレない部分、聞く部分。






チームスピリッツ。






自信、信じる力。





このチームにネガティヴな言葉はいらない。





ポジティブな声掛けだけで頑張れるやん。






もっといじろうよ。楽しもうよ。練習から。






個人戦じゃないよ。





チームスポーツやで。






みんなで苦しんで勝とうよ。






ひたむきに。






味方相手をリスペクトして。

{3814C0C4-C9DC-4156-9F55-10F9830ED40C}

{1CF61F6F-8DFF-4346-B0F2-C16878DE29F0}

{C61B0A1E-2885-43DA-AA90-9D238D9E50F9}


















kj




しばらくこのブログの存在を忘れてしまっていた。




こんなブログを見ているマニアな方、どうもご無沙汰kjです。





少し悩んだ結果今年もあがりゃんせフットサルクラブでプレーすることに決めました。


もうかれこれ1ヶ月ほど経ちますが。(笑)





地域チャンピオンズリーグから1ヶ月しっかり休んで練習に行きだして1ヶ月。




まだまだ身体は思うようには動きませんねぇ。




動く回数も少なく、永遠に続くリハビリもそんなにしてないので当然ですが。



まずはお腹を引き締めることから。(笑)





そんなこんなで、今日はあがりゃんせでワンデー大会でした。




久し振りに自チームで出たワンデー大会。



結果は予選敗退。




まぁ勝てないですね。走れないと。




まだ誰1人身体の状態が上がってない。


関西リーグ開幕まではあと一ヶ月。




まるで他人事のようですが現実は厳しいです。





一人一人の力がチーム力に変わるはずなんでまずは自分の身体がしっかり動けるようにちゃんと取り組んでいかないとなぁ。




誰と出るとかもあるけど、そんな事よりもまずは自分。




自分のスキル上げればそれがチーム力にかわるはず。



一人一人が支えてのチーム。





アマチュアスポーツでまず大事な事は限られてるはず。最低限の事を頑張れて初めてスタート。




まずは最低限の事を表現出来るようにしないと。





それが積み重ねやと僕は思います。





したい事があれば周りを巻き込んですればいい。




やりたいと言えばとりあえずはやらしてくれるチーム。




巻き込む努力もせずに、好きな事を言うのはただのエゴ。




フットサルは信頼関係が出るスポーツでもあると思います。



一人一人が努力して報われると思って頑張り続けるしかないと思う。




その努力を出来るようまずは自分との戦いに勝ちにいきたいと思います。




まずは自分から少しずつ頑張ろ。





誰でもどんなミスもする。




それを助けてやれるのはチームメイト。




何気ない一言が大きな一言になる。





チーム内競争の前に自分に負けないようにやらねば。





あー始まったなぁ。





やり切ろ。






kj