こんばんは。
わたしは塾長ハマダです。


先日の台風19号の影響で各地に被害が出ているようですが、去年は大阪も地震や台風でやられました。


特に地震では、教室は本棚から本が何冊か落ちただけで済みましたが、自宅は食器棚から食器が落ちたり、神棚の花器が落ちて割れたり、壁にヒビが入ったり、壁紙が破れたりしました。


ご近所には屋根が壊れて長いことブルーシートで覆われたままで数ヶ月大工さんに来てもらう順番待ちのおうちもありました。


ウチのヒビが直ったのが、11月。
まだ1年も経っていないのに今度の台風。


他人事(ひとごと)では済まされない気持ちになります。


去年は大きな地震や強い台風に襲われましたが、「想定して準備をする」という教訓を得ました。


いくら準備をしていてもしすぎということはないと思うんです。


自分なりに悔いのないようにしたいという気持ちの表れなんですよ。



勉強でも、特に入試を控えている生徒たちには、日頃から準備をしておくことの大切さを伝えているつもりです。


準備をしっかりとしていれば、本番で慌てなくてもいい確率が上がるわけです。


もっと言えば、小学生の時から中学生への準備をしていれば、中学生になって慌てる確率が下がるわけです。


ただし、「小学生の時から塾に通わせていました」とおっしゃるお母さん方の中には、【適切な指導ができる塾】に通わせてあげられていないという疑いを持たざるをえない方も散見される昨今ですから、お母さんにも注意力・判断力を求められる時代になりました。


そのためにはお母さんも研究していただかねば!(わたしの塾に通わせてくださる方は、そのようなことは不要なのですが。(笑))


世の中のお母さん方には、ピンチになってから慌てなくてもいいように、「お母さんも準備が大切」ということと合わせて、いつも言っている「焦らない・諦めない・欲張らない」という意識を強く持って子どもさんたちに接していただけたらと切に願います。







もみじ新規入塾受付中ですもみじ


まずは体験から。
お問い合わせは下記まで。


北大阪学院
塾長ハマダ

電話072-892-3157