浜松市の結婚相談所 きらめき婚活アドバイザーです。

 

弊社はJR浜松駅から東南2kmに位置します。

 

さらに2km散歩道、今度は北東へ、すると・・・

野鳥の鴨?それにしては人なっつこい

馬込川には野鳥が多いですが、こんな用水路にもいるのでしょうか?

 

さてお見合い婚活

日経プラス1(5/14)暮らし探検隊より

 

夫婦の離婚「3組に1組」は本当?

『3組に1組が離婚する時代』と日本家族問題相談連盟の理事長 岡野あつこさんはよく口にされます。

 

この「3組に1組」という表現はメディアでも繰り返し使われ、我々、結婚相談所業界でもよく使われます。

 

①1年の離婚件数を同じ年の結婚件数で割った数字に由来します。

2020年の婚姻件数は、52万5507組。離婚件数は19万3253組36.8%で1/3三分の一強で間違いありません。

 

この数字(36.8%)は単に2020年の結婚に対する離婚の比率に過ぎません。

 

そして、人口動態統計では「人口1000人あたりの離婚件数」で2020年は「1.57」ですので、赤ちゃんから高齢者までの1000人で1人から2人離婚届を出した方がいることになります。

この数字(1.57人)も参考にはなりません。

 

そこで、35年累積合計離婚率(国立社会保障・人口動向研究部長 岩沢美帆さん)の登場です。

 

独自の計算ですが、例えば2020年における結婚持続期間(同居期間)別の離婚件数を使用します。

 

同居期間4年で離婚した数/2020年-4年(2016年)の婚姻数=4年目の離婚率

これを2020年-35年(1985年)累積したのが35年累積合計離婚率となります。

 

結果は、28%だそうです。

5%ほど低いとはいうものの「3組に1組」の離婚率は当たっていますね

 

なお、離婚した夫婦の平均同居率は12年。

最多は、5年未満で32.5%です。

 

離婚されないのが一番イイに決まってますが、とりあえずは、「3組に1組は離婚」するということでした。

 

 

画像は画像は浜名湖ガーデンパーク 園内は、カップルが多い

デートコースに最適です。