妊娠しやすいカラダづくりの専門家

小林 芳憲(こばやし よしのり)です。

 
 

妊活の悩み
妊活をしていると、

いろんな悩みや苦しみが起こるようになります。
 
年齢の不安、経済的な不安、旦那さんとの関係性の悪化や親族との
関係性、プレッシャー、職場での対人関係(不妊治療の理解)・・・
 
いつ終わるのか分からないし、やめどきがすごく難しい。
 
妊活の悩みは、深みに、はまってしまいがちになります。
 
 
今日は、読者さんからいただいたメールを紹介しますね^^
-------------------
(東京都・40代・K.S さん)

いつも励ましやアドバイスのメールを
送っていただき、ありがとうございます。

私だけが不妊で悩んでいないと
言うことを共有出来るだけで、凄く心が軽くなります。
 
今回メールを送らせてもらったのは、
先日記事で読んだ、瀬戸内寂聴さんの言葉にとても
救われたので、是非皆で共有出来ればな、と思ったからです。
 
不妊による焦り、将来への不安をどのように対処していけば良いか?

との質問に、寂聴さんはこう答えました。
 
「旦那様が元気で関係が良ければ充分。
            
子供ができたからと言って、必ずしもその子が親孝行な子とは
限らない。

今は子が親を殺す時代。殺されなくても、たくさんの迷惑を
掛ける生き方しかできない子もいて、親を泣かせて生きている子も
たくさんいる。

そもそも、子供に親の老後を見てほしいなんて甘えてます。

自分のことは自分で何とかするべきです。

子供が出来ないセックスの方が興奮するみたいですよ」

という、少々過激(笑)な内容でした。

この言葉を聞いて、私は心の荷が下りた気がしました。

確かに子供がいる人が皆さん幸せなのか、と言えば色んな人が
いるように、色んな子供もいるのです。

しかし、子供が欲しくないという事ではなく、どんな子供が出来るのかは
神様しかわかりません。

どんな子供でも、責任を持って育てる覚悟をもって産まなければ
ならないと学ばせて貰いました。

上手くまとめられなくてすみません。

ここまで読んでくださりありがとうございました。
-------------------
K.Sさん、ありがとうございました!

そうなんでよね。

子供を授かることは、とても幸せなことではあるけれど、
それによって、起こる不幸があるかもしれません。

どんな人生を送ろうとも、必ず、苦しいことは起こります。

いま、妊活で悩むこともあるかもしれませんが、それも、
人生のうちの一つ。

平和な日本に生まれて、衣食住に困ることなく生活できること。

愛する旦那さんがいること。(ときどきものすごく憎らしくなっても(笑))

それだけで、十分すぎるほど、幸せなんですよね^^
 
あなたは、どんな子供が生まれようと、
それを受け入れる覚悟はできていますか?
妊娠しやすいカラダづくりの専門家
小林 芳憲(こばやし よしのり)です。
 
1987年創業以来、2857組以上のご夫婦に妊娠が成立し、当院を卒業されました。妊娠までの道のりは様々ですが、
最後は最高の笑顔で卒業されておられます。その喜びを共感させていただけることが、私達にとってもさらなる糧となり、
生きがいとなっております。
 

当院の特徴は、「クリニックのデーターを元に施術をおこなうオーダーメイド治療」です。

30年以上不妊症の患者様に携わり、多くの実績を重ねてきた経験から、妊娠に近づく第1歩は患者様と施術者の信頼関係だと確信しております。妊娠したいという強い気持ちを持ち、不妊クリニックと並行して不妊鍼灸施術を受けていただくことが、妊娠への最短ルートと信じております。そのためには、日々の通院で疑問や不安を残さずに、十分納得しながら進まれる必要があります。
 
当院では鍼灸師による鍼、整体療法の他、皆様に一日でも早く妊娠していただくため、オリンピック医科学スタッフでもある院長小林が十分な知識と経験を持ってサポートをしておりますので、ご安心して無料個別相談、体験会にお越しください。
 

 オーダーメードの治療とは

 
簡単に申し上げますと画一的な治療にとどまらず個々に応じた治療を選択していくということです。
原因、年齢、治療歴など、皆様それぞれに不妊治療を受けられる際の条件、背景は異なります。
 
当然のことながら、その方に適した治療も異なるため、多くの治療法を熟知し適切に選択できることが
不妊治療に携わる者として必要不可欠と考えます。
 
心や体への負担を最低限に抑えつつ、最大の効果が得られるようお一人おひとりにあった治療を選択していきたいと思っております
初めて来院される方にとっては、不安や緊張の中でお越しいただくことも多いと思います。
 
前向きな気持ちで妊娠に向けた大きな一歩を踏み出していただくために、
そして一人でも多くの方にお子様を授かっていただくために、私たちは全力で皆様をサポートすることをお約束いたします。
 
ただ今、無料個別相談&体験会を実施中!!
https://aoyama-shinseido.com/
 
■経歴
 
1998年 長野オリンピックスキージャンプチームに帯同
      日本オリンピック委員会、医科学強化スタッフ
1999年 ホテルニューオータニ法人会員制クラブで鍼灸院開業
2006年  三幸学園、東京リゾート&スポーツ専門学校講師
2009年 MLBアリゾナウインターリーグに帯同
2011年 ノルディックスキー世界選手権オスロ大会に帯同
2017年 第8回冬季アジア競技大会に帯同
 

こんにちは!
 
妊娠しやすいカラダづくりの専門家
 
小林 芳憲(こばやし よしのり)です。

 

今日はメルマガ読者から

いただいたメールをご紹介しますね。
 


※匿名でのアメブロ掲載に

ご同意いただいております。


*~*~*~*~*~*~*~*

<匿名希望>


初めてメールしました。

いつもHPブログ拝見し

いろいろと参考に

させていただいています!

 

匿名でお願い致します。
 


私は、2年前に結婚して、

9月で41歳になりました。
 
 


今日、体外受精の結果を

聞きに行きましたが、

流産していました。
 
 


気楽な気持ちで、ワクワクしつつ、

半分は余り期待はしないでおこうと

いう気持ちでしたが、

 
前日には、

やっぱり嬉しい方が先にたち、

妊娠したらこれをしよう!

やはり里帰り出産かなぁ~?

などと想いが広がっていました。
 
 


先生のお話を聞いた時は、

えっ!

と期待していた分

びっくりしましたが、

すぐにやっぱりかー。
 

という期待していなかった気持ちで

複雑でした。
 


気晴らしに一人カラオケに行き、

歌いながら

 
何故か勝手に涙が出てきていました。


でも、そのまま歌いきりました。
 
 


私は、長い間妊活を

されてらっしゃる方々に比べたら、

まだ1度流産しただけだから、

大したことないんですが、

やっぱり凹みますね。
 
 


でも、流産してしまったけれど、

私の悪い部分を

取り除いてくれたんだ。
 
 


本当にありがとう。

感謝しようと思いました。

 
 

だから、

次はきっと授かれる!!

と信じて前向きに頑張ります。

 

また引き続き宜しくお願い致します。


*~*~*~*~*~*~*~*


ありがとうございました!
 


今回は残念でしたが・・・

その前向きなお気持ちは

きっと次につながると思います!
 
 


こちらの読者さんは、

こちらのメールの件名に「感謝」

と付けられていました。

 

「私の悪い部分を

取り除いてくれたんだ。」

という感謝のお気持ちを

持たれていらっしゃることに、

私はとても感動しました。
 


そして私も、いろんなことに対して

“感謝”ができる

人間になりたいと思いました。
 



そんなお気持ちを持てる

お母さんのところには、
 

きっと

「僕がいく!」

「私がいく!」
 

と手を挙げて立候補している

未来の子供たちが、

たくさんいるような気がします・・・^^

妊娠しやすい骨盤矯正の専門家

小林 芳憲(こばやし よしのり)です。

 

 

あなたは、こんなお悩みありませんか?

・肩こり

・腰が痛い

・姿勢が悪い

・お腹周りに肉が付きやすい

・冷え性


1つでも当てはまったあなたは、

もしかすると「インナーマッスル」が

衰えているのかもしれません。



インナーマッスルとは、簡単に言うと

体の内側にある筋肉のことです。


「風邪をひいて、せきを何度も

していたら腹筋が痛くなった」

なんていう経験ありませんか?


その痛くなる腹筋のあたりが

お腹のインナーマッスルです。


インナーマッスルは、お腹、背中、

骨盤回りを中心にあります。



よく、ダイエットをするときは

インナーマッスルを鍛えると

痩せやすくなると言われています。


例えばお腹周りの肥満は、

一見すると外側の脂肪が原因の

ように見えますが、

実は内側の内臓脂肪が大きな

原因です。


インナーマッスルを鍛えて、

内側の内臓脂肪を燃焼させるのが

ポイントです。



また、インナーマッスルを鍛えると

正しい姿勢を維持できるように

なります。


姿勢のわるい人は、

インナーマッスルが衰えている

のかもしれません。


姿勢が悪いと、肩こりや腰痛の原因

にもなります。



そして、インナーマッスルの衰えは

不妊の原因にもつながるのです。


「姿勢がわるい」と骨盤が歪みやすく、

骨盤内にある子宮や卵巣など、

生殖器官の機能の低下につながります。


「肥満」だと卵胞ホルモンが脂肪の中に

蓄積されて、排卵しにくくなると

いわれています。


特に下半身が太い方は要注意です。


下半身の血液循環が悪いと

骨盤内の血流が滞り、

子宮内の環境悪化を招きます。



インナーマッスルは体の内側に

ある筋肉なので、内側の筋肉に

働きかけるようなエクササイズが

効果的です。


インナーマッスルを鍛えて


・姿勢をよくする

・肥満解消

・冷え性改善サポート

・血流改善サポート


このように

体を内側から支える筋肉を鍛え、

体の歪みを改善し、正しい土台へと

作り変えます。



じゃあどうやるの?



衰え始めた「インナーマッスル」を

鍛えたいあなたのために私が考案した

高齢不妊骨盤メソッドを来月公開します。


もう少々お待ちくださいね!!

 
妊娠しやすいカラダ作りの専門家
 
小林 芳憲(こばやし よしのり)です。
 
2015年12月に、
こんなニュースが発表されました。
【卵子若返らせる「ミトコンドリア自家移植」/学会が臨床研究を承認】
 
このニュースの概要を
ざっと説明しますね。
 
まずミトコンドリアとは、
卵子、精子をはじめ、
人体にある全ての細胞
60兆個1つ1つの中に、
数百から数千存在する、
細胞内構造物です。

ミトコンドリアは、
細胞のなかで呼吸をして、
エネルギーを生産します。
 
ミトコンドリアは、
加齢とともに数が減っていき、
エネルギーを生産しにくくなり、
これが卵子、精子の老化
につながります。
 
「ミトコンドリア自家移植」とは、
体外受精を行うときに、
卵巣から取り出した
 
卵子幹細胞のミトコンドリアを
精子とともに卵子に注入することで、
卵子を“若返らせる”
とされるもので、
 
不妊治療の成功率を、
改善させる可能性がある技術です。
 
日本産科婦人科学会は、
この「ミトコンドリア自家移植」
について、

臨床研究として実施することを
承認したそうです。
 
海外ではおよそ
200件以上の実施例があり、
20例以上の出産に
つながっているそうです!
 
ただ、現時点では
「不妊治療の成功率を、
改善させる“可能性がある”」
という見解のみで、
 
実際に成功率が高まるかどうかは、
今後検証ということです。
 
とりあえずは、
良い兆しのニュースですね!
 
不妊治療を含めた医療は、
日々進化していますので、
期待できますね。
 
ちなみにこの
「ミトコンドリア自家移植」の
費用は公表されてません。

恐らく体外受精の2倍くらいの費用が
かかるのではと言われております。
 
併せて、高い治療費の
補助制度も充実されていくこと
を願います。
 
 
当院では一日でも早く妊娠していただくため

通院患者様には不妊体質改善レシピを含め
 
妊娠しやすいカラダづくりの情報発信をしております。
 
なかなか結果がでなく焦りを感じている方は
 
 
是非、当院の無料個別相談&施術体験会に
 
(ご夫婦で参加OK)お越しくださいませ。
 
お申し込みは0120-497-849
こんにちは!
妊娠しやすいカラダ作りの専門家
小林 芳憲(こばやし よしのり)です。
 

持っていることでしょう。
 
私もいろんな理想を持っています。
 
事実、
「理想や目標を持つことの大切さ」
は、いろいろな自己啓発書でも
言われていますもんね。
 
 
そんな中、
・かわいい子供のいる家庭を築きたい…
・引き締まったスタイル抜群の体型になりたい…
・一生遊んで暮らせるぐらいのお金持ちになりたい…
・周りの人たちと素晴らしい人間関係を築きたい…
 
 
などなど、私たちは頭の中に
たくさんの理想を持っていますし、
それは決して悪いことではありません。
 
 
でも、多くの人が理想を持つせいで
不幸になっているとしたら……?!
 
 
実際、多くの人が理想と現実の
ギャップに気がついたとき、
嫌な気持ちを感じます。
 
 
なぜなら、理想と現実が
一致していないことが
分かってしまうからなんです。
 
 
理想との差を見せつけられると、
意欲を失って、気分がふさぎ込んで、
不幸になってしまうのです。
 
 
・かわいい子供のいる
自分の理想とする家庭を想像してるのに、
毎月のリセットの度に
「あぁ、理想と全く違う」と、
自己嫌悪に陥いり、
周りの妊婦や子連れに嫉妬するでしょう。
 
 
 
・くびれのある引き締まった
自分の理想とする体型を想像し、
それから鏡に映る今のあなたの
姿をみたとしたら、
「あぁ、理想と全く違う」と
気分を悪くするでしょう。
 
 
 
・一生遊んで暮らせるぐらい
お金持ちになった理想の自分を
想像しながら、実際の預金通帳をみたら
「あぁ、全く足りない」と
絶望するでしょう。
 
 
 
・旦那さんや上司や部下に、
こういう行動をとってほしいという
理想があるのに、
相手がその通りにしてくれなかったら、
気分が落ち込んだり、
ときには怒りがこみ上げてくるでしょう。
 
 
 
これは全て、あなたの理想像と
比較することで起きています。
 
そう、人生において不幸になる
原因の1つは、理想を思い描く
ことなのです。
 
 
ではあなたは理想を持つべきでは
ないのでしょうか?
 
 
 
いいえ、あなたは理想を持つべきです!
そして、このシンプルな方法を使えば、
あなたは理想を持ちつつ、
幸せにもなれます。それは...
 
 
 
「理想と比較するのではなく、どれだけ近づいたかを考える」
 
この方法のポイントは、
自分のスタート地点を振り返って、
自分の現在位置と比較すること。
 
 
 
すると、ここまでの自分の進歩が
すべて見えてきます。
 
 
 
たとえば、何か運動を習慣づけていたら、
毎月つけている基礎体温が
3か月前と比べて、
「こんなにも上がった!!」と
あきらかな進歩に
テンションも上がるでしょう!
 
 
たとえば、ダイエットに取り組み、
数カ月間、筋トレをして
食生活に注意してきたなら、
3カ月前の自分の写真と、
現在、鏡に映った自分を見比べれば、
「こんなにも進歩があった!」と
思えるでしょう。
 
 
 
旦那さんや上司や部下と過ごすときでも、
彼らを理想と比較するのではなく、
これまでを振り返って、
どれだけ前進したかを考えてみます。
 
 
無意識のうちに理想と自分自身と比べて、
「私はまだ足りない、
理想には到達できそうにない。
 
そうならなくてはいけないのに…」
と思うのではなく、元の状態を振り返り、
比較し、自分の進歩を確認する。
 
 
不思議ですが、理想と自分自身を
比べると、多くの場合それは絶望に
変わりますが、あなたが自分の進歩を
確認することができるようになると、
そこから充実感、自尊心、
人生の喜びが生まれてきますよ!
 
 
 
それは、あなたが理想を実現にする上で、
勇気を与えてくれるポジティブな感情へと
繋がっていくのです!
 
 
あなたは、理想の姿に向かって
以前と比べて進歩しましたか?
 

 
当院では一日でも早く妊娠していただくため

妊娠しやすいカラダづくりの情報発信をしております。
(無料個別相談&体験会参加者含む)
 
なかなか結果がでなく焦りを感じている方は
 
 
是非、当院の無料個別相談&施術体験会に
 
 
(ご夫婦で参加OK)お越しくださいませ。
お申し込みは0120-497-849

妊娠しやすいカラダづくりの専門家

 

小林 芳憲(こばやし よしのり)です。

 

 

あなたは、毎日の食事をしっかり楽しんでますか?

 

一日3食の食事が“つまらない・つらいもの” に

 

なるということは、

 

生活がつまらない・つらいと同じなんです。

 

 

 

食べられる、食べたいと思えることは健康の証拠。

 

「おいしい」「楽しい」と感じて食べると、

 

唾液が出て、消化吸収が高まります。

 

 

 

カラダにいい食べ物になるか、

 

悪い食べ物になるかは、

 

食べる時のあなたの意識次第で変わってきます。

 

 

 

食べられる幸せを感じながら食べる、

 

そうすると自然と体内環境が整っていきますよ(^^)

 

 

 

なので「食べることは生きること」ということが言えるのです!!

 

 

 

そして妊活の大敵は、なんといっても“ストレス”!

 

 

健康を意識している方ほど、

 

カロリーや栄養成分にストイックになる

 

傾向がありますよね(^_^;)

 

 

 

しかし、栄養成分表示はあくまでも「目安」にすぎず、

 

目の前に並べられた食事の本当の栄養価はだれにもわかりません。

 

 

 

その食材のパワーや調理方法によっても変化します。

 

さらに、体内環境が整っているか?によって、

 

消化吸収レベルが異なります。

 

 

ストイックになり過ぎることで、

 

ストレスを溜めないようにしましょうね!

 

 

 

カラダにいいと言われている食べ物も、

 

過剰に摂りすぎるとカラダの害になります。

 

 

 

カラダに悪いと言われている食べ物も、

 

ストレスを溜めずに食べることができ、

 

必要がないものは排出することができれば大きな害はありません。

 

 

 

大切なのは、食べる前の細かい点(栄養や数字、食材)に

 

こだわることではなく、食べた後の

 

自分のカラダの力を高めることなんです。

 

 

 

そのためには、食べるものにこだわるより、

 

食に対する『意識』と『考え方』を

 

変えることのほうが効果的です。

 

 

 

「私は何のために“それ”を選び、“それ”を口にするのか?」

 

体づくりのためなのか?

 

ストレス解消のためなのか?

 

 

 

例えば、お酒ってなんで飲むんですか?

 

まさか“体づくりのため”じゃないですよね(^_^;)

 

 

 

でもお酒って人間社会にとって、

 

決して悪のものじゃないですよね。

 

 

私の妊活していた頃、リセットして落ち込んでいると、

 

旦那さんがよく飲みに連れ出してくれました。

 

 

そこで気持ちを整えて、今月もがんばるぞ~って気になるんです!

 

 

 

そうやって目的を意識して食べていくと、

 

考え方も変わり、自然とカラダがいい方向に変わるのです。

 

 

 

食事や運動もストイックになり過ぎず、

 

できることからスタートし、

 

日常生活のなかに一つずつ取り入れ、

 

習慣化していきましょうね^^

 

 

 

でも、私がこう言ったからって、

 

ストレス解消を言い訳に

 

お酒を飲みまくるのはナシですよ(笑)

こんにちは!

妊娠しやすいカラダ作りの専門家

小林 芳憲(こばやし よしのり)です。

 
今日は5月25日

5月最後の金曜日です。


あなたは、年初に立てた目標は

継続していますかか?



それとも、何か週間化していることは、

なにかありますか?


このブログを読んでくれている

みなさんに共通する目標。

それは、『妊娠しやすいカラダつくり』ですね。
 

妊娠しやすいカラダづくりの習慣化
 

その目標を追い続けるためには

運動、食事、生活習慣……

何かを習慣にしなければいけません。



『妊娠しやすいカラダ』は、

日頃の地道な‘習慣’でしか

作ることができません。



今日は、‘習慣’の作り方について。



継続させる方法というか考え方について

一つ、お伝えします。
 

行動目標のハードルを下げる



それは、

「行動目標のハードルを下げること」



たとえば、

ウォーキングを始めようとするとき、

「1日30分」とか、

「毎日」とか、

「週5日」などと決めたとします。



やるのであれば、

それくらいやらないと意味ないかな、

と思って、決めてしまう気持ちは

分かります。



でも

「1日30分」

「週5日」

ってけっこうハードルは高いです。



1日、2日くらいだったらできると思います。


でも、運動は継続しなければ

意味がありません。

継続こそ力なり


だから、まずは、‘継続’させることを

目標にしましょう。



この例だと、ウォーキングを

やることが目標ではなく、

‘継続’自体を目標にするのです。



ウォーキングを‘習慣’にすることを、

目標にします。



なので、ウォーキングだったらたとえば、

「1日3分」

にしましょう。



「1日3分」

だったらすぐできそうですよね。



3分でいいなら、とりあえず

外には出ますよね?



ここがミソで、とりあえず外に出たなら、

3分以上は、歩きそうじゃないですか?



きっと3分じゃすまなくなると思うんです。



頻度も「週1」にするとか。

まとめ


ポイントは、

「実行しないことの方が難しい」

くらいまでハードルを下げてみることです。



「これさえ行動できないんだったら

あなた、なんにもできないよ」

というレベルまで下げる、

という考え方です。



行動習慣って、動き始めは

体が重いですが、一度動けば、

動けるようになります。



これを少しずつ繰り返していけば、

行動量が増えて、

自然と習慣化できると思います。



ぜひ参考にしてみてくださいね^^

 
 
 
当院では一日でも早く妊娠していただくため


通院患者様には不妊体質改善レシピを毎月発行しております。

(無料個別相談&体験会参加者含む)


さらにご自宅で簡単にできるお灸のツボもお伝えします。
 

なかなか結果がでなく焦りを感じている方は
 
 
是非、当院の無料個別相談&施術体験会に
 
 
(ご夫婦で参加OK)お越しくださいませ。

お申し込みは0120-497-849

妊娠しやすいカラダづくりの専門家

小林 芳憲(こばやし よしのり)よしのりです。

 

あなたは、以下のことで当てはまるものはありますか?

 

 

・太りやすい、おなか周りが気になる

 

・疲れやすい、疲れが抜けない、だるい

 

・肌ツヤが悪い、肌が乾燥する

 

・健康診断で、血糖値、血圧、コレステロール、中性脂肪、尿酸、肝硬変を指摘される

 

・貧血

 

・胃腸の調子が悪い、もたれる 

 

・冷え性・体温が低い 

 

 

もしどれか1つでも当てはまるなら、

 

それは代謝力が低下しているせいかもしれません。

 

 

 

そもそも代謝ってなに?って思う方も

 

いると思いますので、

 

今日はこの「代謝」について

 

お話ししたいと思います!

 

 

 

代謝とは、外から取り入れた物質(食べ物)を

 

体内で変化させることです。

 

 

 

私たちのカラダの中では、

 

食べた物をさまざまな物質に

 

変化させて生きています。

 

 

 

代謝をスムーズに行うためには、

 

「質のいい材料」と「代謝をサポートする成分」

 

の両方が必要です。

 

 

 

◆質のいい材料:タンパク質、脂質、ミネラル

 

 

私たちのカラダの土台は

 

タンパク質からできています。

 

 

 

元気な卵子や精子を作るために、

 

質のいいタンパク質を食事からとる必要があります。

 

 

 

そして、悪者にされがちな脂質ですが、

 

ホルモンの材料や細胞膜は脂質でできています。

 

 

 

過剰に摂ると肥満につながりますが、

 

必要な量(カロリー全体量の1 4)は

 

とらなくてはいけません。

 

 

 

とくに、妊娠力を高めるためには、

 

女性ホルモンが安定して分泌される必要があります。

 

 

 

そのためにも、女性ホルモンの

 

原材料であるコレステロールも

 

必要な量、摂取しましょう。

 

 

 

ミネラルは、カルシウムや鉄といった、

 

カラダの軸ともいえる骨や血液の成分になります。

 

 

 

妊娠すると、カルシウムや鉄の消費量が高まります。

 

胎児のためというよりも、母体のために、

 

妊娠前から不足がないようにしておくといいでしょう。

 

 

 

◆質のいいサポート成分:ビタミン、ミネラル

 

質のいい材料がたっぷりあっても、

 

サポートする役割のビタミンとミネラルが

 

不足していると、うまく代謝されず、

 

カラダ(とくにお腹)に余分なものまでため込でしまいます。

 

 

 

◆おもな代謝は3つ

 

1.基礎代謝

 

24時間、生きるために必要なエネルギーを生み出しています。

 

 

 

2.細胞の入れかえ

 

新しい細胞が常に入れ替わっています。

 

器官によってスピードは異なりますが、

 

3か月で新しい細胞に入れ替わります。

 

 

 

3.ホルモン代謝

 

カラダをコントロールしているホルモンも

 

常に入れ替わっており、妊娠しやすい

 

カラダづくりのためには、

 

これらのホルモンが作られ、

 

正常に分泌されている必要があります。

 

 

元気な卵子と精子をつくるために、

 

卵巣や精巣を元気にすること、

 

性腺刺激ホルモンや女性ホルモン、

 

男性ホルモンの代謝を高めることが大切です。

 

 

 

という事で、いかがでしょうか?

 

 

特にベビ待ち女性はホルモンに意識を向けたいですね。

 

 

ホルモンの材料は脂質(油)なのですが、

 

質の良い油を毎日摂るようにしたいですね。

 

 

 

「油=女性の敵」なんてのは、とんでも無い話ですよ!

 

 

 

やっぱりカラダづくりの基本は食事ですよね^^

こんにちは!
妊娠しやすいカラダ作りの専門家
小林 芳憲(こばやし よしのり)です。
 
あなたは、妊活をするときに
何から始めてますか?
 
この間電車の中で、
大きな口を開けて寝ている
女子高生がいたんです。
 
多分部活帰りで
疲れているんでしょう。
 
部活のジャージを着て、
おっきなショルダーバッグを
床に置いて、
ぐっすり寝ていました。
 
その隣には同じジャージを着た
友達がいて、スマホをいじって
ました。
 
私は正面に座っていたので、彼女の
寝顔がちらちら見えるんですが、
彼女、口を大きく開けて
ちょっと薄目なんです。
 
「友達が気付いて起こして
あげないかな~」
って思ってたんですが、
友達はスマホに夢中。
 
昔は、友達の寝顔が面白かったら
笑って起こしてあげてたと思うのに…
と思うと、ちょっと悲しかったです。
 
それはさておき、
電車でうとうと寝るのも気持ち
いいけど、やっぱりお家でしっかり
寝るのが理想ですよね。
 
特に妊活中のあなたには
睡眠がとっても重要。
 
「不妊の原因は睡眠不足」
とおっしゃる先生もいるくらいです。
 
たしかに睡眠不足は、
不妊の要因の1つです。
 
それは睡眠が、妊娠しやすい体を
作るための、女性ホルモンの分泌に
欠かせないからです。
 
睡眠中は、浅い眠りの"レム睡眠"と、
深い眠りの"ノンレム睡眠"が
交互に現れますが、
この"ノンレム睡眠"の際に
女性ホルモンが分泌されます。
 
女性ホルモンが分泌されると、
卵胞の発育がスムーズに行われて、
より質のよい卵子ができやすく
なるんです。
 
また、目覚めて朝日を浴びると
体内でメラトニンという物質が
分泌されます。
 
メラトニンは、卵胞の発育を邪魔する
活性酵素を除去してくれます。
 
睡眠が不足すると、妊娠に関係する
女性ホルモンや、メラトニンの分泌量
も、少なくなってしまいます。
 
それで健康な卵子が育ちにくくなり、
妊娠しづらくなってしまう場合が
あるんです。
 
いい睡眠をとりたいなら、
睡眠時間は夜10時から午前2時
までが大切です。
 
この時間帯はホルモンの分泌量が
一番盛んになります。
 
早めに布団に入って、ぐっすり
ノンレム睡眠が取れるように
しましょう。
 
夜10時には寝ているのが理想だけど、
仕事の帰りが遅かったり、
ご主人の帰りが遅いと、
夜10時に寝るのは難しいですよね。
 
そんなときでも、せめて12時前には
寝るようにして、早めにノンレム睡眠
ができるようにしてくださいね。
 
あと、食べてすぐは胃や腸が活発に
動いて体が休まらず、
ぐっすりノンレム睡眠のはずが
浅い眠りになってしまいます。
 
食事は寝る2時間前位までに、
済ませておいてくださいね。
 
あと、寝る前にスマホやパソコンを
すると画面から出る光で目が覚め、
特にSNSなどは、神経を使って
ストレスが溜まり、睡眠に悪影響です。

できるだけやめましょう。
 
あなたは、
女性ホルモンを分泌する
"ぐっすりノンレム睡眠"、
とれてますか?
 
 
 
当院では一日でも早く妊娠していただくため

通院患者様には不妊体質改善レシピを毎月発行しております。
(無料個別相談&体験会参加者含む)

さらにご自宅で簡単にできるお灸のツボもお伝えします。
なかなか結果がでなく焦りを感じている方は
 
是非、当院の無料個別相談&施術体験会に
 
(ご夫婦で参加OK)お越しくださいませ。