「AB」の人気看板娘Aが卒業した後、
大学生のMがその後を引き継ぎます。

この頃のBグループは
野毛・みなとみらいエリアで
急速な事業拡大があり
オープンする店舗数に対して
スタッフ人数が追いつかない状況。
系列店間でのスタッフヘルプが
頻繁に行われていました。

Mも確か元は
樹木希林の実家のお店があるビルへ
移転した「TB」がメインだったと
記憶しています。
その後「AB」メインで
「TB」「IB」にヘルプで行ける
優秀なスタッフでした。
これはM以降のスタッフにも
引継がれます。
「AB」も繁盛店なのですが
スタッフをヘルプに出せる
店長Mの手腕も大きかったのでは。

Mは愛嬌のあるコ
スタッフヘルプで行く各店舗で
ファンを増やしていきました。
先輩Aの記録
シャンパン・ワインボトル30本以上
がプレッシャーだったようですが、
店長Mが用意した
ウーヴ・クリコ数十本を
無事完売させて卒業しました。



Mと時期が重なるように
新しく大学生のAが入りました。
長身でモデル並みのビジュアルと
さっぱりした性格が魅力
Mと同じく3店舗を行き来して
Bグループを支えています。
MとAの仕事ぶりと集客力は
当時のBグループバイトスタッフの中で
TOPだったのではないでしょうか。
周年に、ハロウィンに
たくさん楽しませてもらいました。
Aは現在も「CGB」で働いています。



M卒業後、Aの紹介で
大学の後輩Yが入ります。
Aはダンスサークルに所属する
元気いっぱいなコ。
弾ける笑顔でアイドル的な存在に。
「AB」から「CGB」へ変化する過渡期を
Aと一緒に盛り立てていました。
彼女のスタッフ卒業時は
店長ミッションはありませんでしたが
お祝いでモエを入れさせてもらいました。



看板娘M・A・Yに共通するのは
どの系列店でも働けることと
誰とでも話せること
仕事を楽しんでいることでしょうか。
すごいなぁ、私も見習いたい。