我竜天星~流れゆく日々~

我竜天星~流れゆく日々~

役者・大塚大作が、ゆるゆると日々の駄文をつづります♪


▼次回出演情報▼

未定♪

アニメで火がつき単行本売上爆上げ、

本誌はめでたく完結するも映画も控え

まだもうちょっと人気続きそうな滅の刃。

 

もちろんアニメも全話見たし、出来を見て

まさに漫画のアニメ化というのはこういう事だな、と

思わせ(最近では珍しく)アニメ化したのが

大成功だと言える作品だと思った('◇')

 

封神演義の哀しみとかあると尚更ね…

 

ずっとジャンプっ子だから連載時から

読んでたのでニワカではないけれど

かといって何がここまでみんなを

熱狂させてるのかイマイチぴんとこず(笑)

 

ガッツリよくある普通のバトル漫画だし筋肉

 

作者も早めに終らせるつもりだったのか

割と早い段階で10人(ボス含め11人)の敵が

半壊するような初期ダイ大もビックリな流れだったから

早々の幕引きにはあまり驚きはなかったけど

その後の怒涛のコラボやグッズ展開に

ややドン引き気味ではある…

 

そんな鬼滅に、最近ようやく気付いた事。

アニメOPの紅蓮華の歌詞で

 

『空睨んでも 変わっていけるのは自分自身』

 

ってところの空睨んでもね。ここね、

空にランデブーだと思ってたよ!!!

 

なんでだろうね~、疑問にすら思ってなかった(笑)

アイキャンフライ的な。空を飛びたいとか

空にはばたくとか、空を駆け抜ける的な。

 

ファーストサマーウイカかな?モノマネ系の

TV番組で歌ってるときの歌詞ガイドで

ようやく気が付いたよね滝汗

 

たっぽい的な空耳はいつになっても起こりえるのだなぁ(*´з`)

 

ではまた!一日一生、歳月不待!