昔観たけど、また観たいな…ということで、「バベットの晩餐会」を観ました。

 


1987年のアカデミー賞外国語映画賞を受賞したデンマーク映画です。デンマークの小さな漁村に住む牧師だった父の遺志を継ぎ、慎ましく生きる初老の姉妹のところへ、フランスからの亡命者のバベットがやってきます。バベットは家政婦として働くことになりますが、ある日宝くじが当たり、大金を手にします。バベットは、姉妹の父の生誕100周年を祝う晩餐会で、そのお金を使ってフランス料理を作りたいと姉妹に提案し…。

大きな事件などは起きず淡々と進んでいきますが、映像がきれいで、まるで同じデンマークの画家ハマスホイの絵画のようでした。もちろん、晩餐会というタイトル通り、美味しそうな料理が出てきますし、音楽も重要な役割を担っていますので、是非ご覧ください!

芸術家として共感できる、とても美しい映画でした。

 

※空腹時に観ない方がよいかもしれません(笑)