着物で街道を歩く女のブログ
  • 26Jan
    • 着物で甲州街道を歩く旅はじめました!

      着物で歴史街道を歩く女ういちゃんです。本日2020年1月26日(日)より、着物で甲州街道を歩く旅をスタートしました! 着物コーデはこちら。久しぶりの街道歩き、しかも着物なので、ゆっくり肩慣らししていきます!今日は、日本橋から最初の宿場「内藤新宿」まで約8km歩きました。江戸五街道(東海道・中山道・日光街道・奥州街道・甲州街道)はすべて日本橋が起点。東京から○kmという道路標識は、ここがゼロ地点。「日本国道路元標」今日ももちろんここからスタート!国道1号をまっすぐ行くと、皇居が見えてきます。まったく関係ないけど、東京駅バックに、ノスタルジックな写真も撮ってみました。めちゃくちゃ外人さんにガン見されたけど(笑)「和田倉門跡」帝国劇場とGHQ本部があった第一生命本社ビルを左手に見て進みます。「日比谷見附跡」「見附」とは城門の外側にある、見張りが通行人を監視する場所。桜田門外の変で有名な「桜田門」が見えてきて、その先には、レンガ造りの旧法務省本館。その横には、刑事ドラマによく出てくる警視庁。今も昔も、ここが日本の中心なのだなとわかる道です。国会議事堂を左手に見ながら、お濠に沿って進みます。左手にはさらに、「国会図書館」。「最高裁判所」「国立劇場」今回は横目にチラッと見るだけ。半蔵門の前で、お濠ともオサラバ。四谷方面に向かいます。半蔵門周辺は、昔の職場の近くだったので、懐かしいな~と思いながら歩きましたが、まあこの辺はビルばかりです(笑)。四谷駅前には、上智大学。「見附口城門跡」ちょっとだけ江戸時代の面影が残っていました。四谷といえば、四谷怪談のお岩さん。さらに進むと、新宿御苑が見えてきます。ここから、最初の宿場「内藤新宿」。「四谷大木戸跡」大木戸とは、街道を通って江戸に出入りする通行人や荷物を取り締まるために設けた簡易的な関所。空港でいえばセキュリティーチェックする場所ですね。その後、新宿御苑前で、ノスタルジック風写真をパチリ。内藤新宿はここから新宿三丁目交差点付近まで約1kmの宿場だそうです。新宿三丁目の伊勢丹の前の交差点で、伊勢丹のデパ地下寄りたい衝動を抑えて、甲州街道は左に曲がり…今日のゴール、JR新宿駅に到着!約8キロ、ほぼ平坦な道なので、着物でも楽勝でした♪せっかくなので甲州街道改札から入って帰りました(笑)次回はここから、次の宿場「高井戸」を目指します。

  • 25Jan
    • 着物は寒い?着物で出来る防寒対策オススメ5選

      着物で街道を歩く女ういちゃんです。今週末も寒いようなので、手持ちのもので出来る着物の防寒対策をまとめました。着物はポイントさえ押さえれば、寒くないんですしかも、オシャレに防寒対策できるオススメ5選をお伝えしますね。着物は寒い?よく聞かれるのですが、実は、着物はそんなに寒くありません。きものスリップなどの肌着を着て、その上に長襦袢(着物と同じ形をした下着)、そしていちばん上に着物を着ています。つまり3枚重ね着なのです。さらに帯をしめているので、それだけでお腹周りの防寒は出来ています。ですが、どうしても寒さを感じてしまう箇所もあります。首元、手首、足の3か所です。首元と手首は肌が露出しているため。足は足袋を履いてはいますが、草履・下駄が足を覆ってくれないので、足先が冷えたりします。急な温度変化にも対応できる便利な防寒グッズ急に雨・雪が降ったり、朝晩に冷え込んだり、屋内に入れば暑くなったり、と温度調節も必要ですよね?着物の上に身につけられて、着脱可能で便利な防寒グッズもいろいろあります。洋服でいえばカーディガンのような羽織や、小物ではショールやファーマフラー、手袋などは、洋服コーデと同じものを使ってOKです。着物の防寒対策!インナー編しっかり防寒対策をするなら、インナーが重要です。特に着物用を用意する必要はなく、洋服用のインナーを利用できます。オススメ① 下半身の対策には、誰もがひとつは持っているアレが便利! 着物は3枚重ね着をしていますが、下半身は巻きスカートのようなものです。風を通してしまうので意外に寒いところです。そんなときは、過去に流行して誰もがひとつは持っているアイテム、レギンスやトレンカを履きましょう。さらに足先の冷え防止には、スニーカー用の5本指ショートソックスを履いて、その上に足袋を重ね履きするのがオススメです。または、伸びきってしまったり伝線してしまったり、と、捨てるつもりだったストッキングやタイツも再利用できます。ストッキング・タイツの場合は足先まであるので、その足先部分の生地をひっぱって、親指と人差し指の間に余裕を持たせましょう。そうすれば、上から足袋が履けます。オススメ② 上半身の対策は、ご存じヒートテックが便利ですが、注意点も! ユニクロのあったかインナー「ヒートテック」は有名ですが、他メーカーからも、保温性のある肌着が多く出ていますね。それらを着物の防寒対策に着るときは、いくつか注意点があります。まずは襟ぐりです。着物の襟元はV字にあいているので、そこから肌着がのぞかないように、VネックやUネックなど、襟が大きく開いているものを選びましょう。後ろ側の襟ぐりも重要です。着物は「襟を抜く」といって、うなじがきれいに見えるように、首の後ろ側を開けます。そこからも肌着が見えないように注意しましょう。また、袖は長袖・七分袖よりも、半袖・五分丈のほうがベターです。着物の袖は、通常手首が見える幅で、さらに腕をあげたりすると、肘ぐらいまで腕が見えてしまいます。オシャレに防寒対策できる小物外は寒いけど、屋内に入ると暖かい。そんなときは温度調節できる着脱可能な防寒グッズが便利です。しかも着物だからと言って、洋服と違うものを用意しなければいけない、ということはほとんどありません。オシャレで兼用に使えるものをご紹介します。オススメ③ 首元を温める、ショールやマフラーは必須!洋服でも必須のファッションアイテム。着物にも使えます。カシミアショールやウールのマフラー、無地は使い勝手がいいですが、チェックやツイード、オリエンタルな柄もの、など、オシャレに着物とコーディネートしてみましょう。ファーアイテムもいいですね。コートの上に巻くようなファーマフラー、ファーつきのショールで、オシャレにコーデしてみてください。こちらも首元を温めてくれるので、防寒もバッチリです。他の防寒対策ができていなくても、首元を温めるだけで、かなり違います。オススメ④ 防寒にはロング手袋が便利。使い勝手を考えるなら、指なし手袋も!着物は手首が出ていて、袖丈が長く風を通すので、手袋をつけると暖かいです。肘の近くまで長さがあるものだと、さらに防寒対策にうってつけ。スマホを使ったり、写真を撮ったり、する回数も多くなると思いますので、使い勝手を考えると、指なしバージョンも便利です。着物に合う手袋は革、レースなど、ウールのカジュアルな手袋もカジュアルな着物には合いますよ。オススメ⑤ 羽織コーデで、冬の着物のオシャレにも防寒対策にも一石二鳥!最後に着物らしい防寒対策をご紹介します。洋服で言えば、カーディガンの役割になる「羽織」でオシャレに防寒してみましょう。着物といっしょにレンタルすることも可能です。また、カーディガンと同じで、屋内で脱がなくてもマナー違反になりません。「羽織」と「着物」のコーデは、洋服では難しい、柄ON柄コーデでもオシャレです。インスタ映えもバッチリです。背もたれのある椅子に腰かけて、帯結びがくずれてしまっても、羽織があるのでごまかせるというメリットまであります。着物通の間でも、羽織コーデはテッパンです。せっかく冬に着物を着るなら、着物らしく防寒とオシャレに羽織も素敵ですよ。和洋折衷だってOK!防寒も着物を楽しむきっかけに。着物を着るために、新たに用意しなくてはいけない防寒対策グッズは特にありません。洋服でいつも使っているものを再利用できてしまいます。いくつかの防寒対策を組み合わせて、自分好みのコーデを考えてみましょう。ちなみに、防寒用に洋服とのミックスコーデもありです。たとえば、袖を気にしなくていいポンチョコートを羽織ったり、草履の代わりにブーツを履いたり、フォーマルシーンではないので、NGなものはありません。オシャレな冬の着物コーデをぜひ楽しんでください!

    • 1/26(日)から甲州街道スタート

      着物で歴史街道を歩く女ういちゃんです。今週末は寒いみたいですね!雨か雪だったらどうしよう…と思っていましたが1/26(日)の天気予報は、今のところ「曇り」。予定通り、スタートできそうです。

  • 23Jan
    • 歩く旅にちょうど良い着物は

      着物で歴史街道を歩く女ういちゃんです。歩く旅にちょうど良い着物とは、やっぱり洗える着物でしょ!洗える着物と言ってもポリエステルではなくてわたしは木綿の着物が好き♡こちらはデニム。洋服感覚で着られるし、生地がすべらないので、着付けも楽チン♪こんな感じで、着物でもガシガシ歩ける格好で行きますよー

    • 週5で着物生活

      着物で歩く女ういちゃんです。呉服屋さんで働いていたころ、毎日着物でした。着るのも早くなったし、基本的に着物で出来ないことはなくなりました。全速力で走れるし、自転車にも乗れるし、重い荷物も持てるし、そのまま寝ることもできる。だから、着物で街道を歩くのも、たぶん大丈夫!

  • 22Jan
    • 新撰組の始まりの地「日野」を通る甲州街道

      着物で街道を歩きます。ういちゃんです。20代のうちに旧東海道を、30代前半で日光街道を完歩しました。が、その時は普通に洋服。今度は、着物、というかたぶん袴で、歩きたい。江戸時代の人のように。最初は途中でとまっていた中山道かなと思いましたが、その前に甲州街道にしようと思います。というのも、わたしは新選組ファン歴もうすぐ30年!新選組の始まりの地である「日野宿」がある甲州街道を歩きたい衝動にかられています。今週末26日からスタートします。さて、どれぐらいかかるかな。