センス・オブ・ワンダー

センス・オブ・ワンダー

ときどき非物質界を旅してきます
お風呂でリトリーバルなのでフロリーバル

ときどき風呂リーバル

今日は次男の誕生日

今では私を全力でサポートしてくれる青年になってきた。

優しい奴です。

 

18歳になりました。

 

生まれた日の事を思い出すけど
もちろん次男もそれはそれはかわいい奴だけどね。

その時の、4歳なりたてのお兄ちゃんが愛おしくてね~


過去記事から↓


気絶しそうな痛みで苦しむ私に、 
お兄ちゃんは横で「おかあさん、ひ・ひ・ふ~だよ。ひ・ひ・ふ~」って

ラマーズ法を誘導してくれます。 
ありがとう・・・ 

そして無事に丸々した男の子が生まれました。 
お兄ちゃん同様ほとんど泣かない。 
眩しくってぐずったのと、へその緒を切られた時泣いたくらい。

私の両手に乗せてもらい 
「おかあさんだよ、ぽんちゃん(胎名)やっと会えたね」って声をかけると泣き止みました。 
眩しそうな黒い瞳で私を見てる~。かっわい~ぃ
眩しそうにあたりを見回してた。 
そして次男はおにいちゃんばっかり見てる。 
お兄ちゃんはこの瞬間にお兄ちゃんになった。 

「おかあさん、ぽんちゃんおめでとう・・・」って涙をいっぱいためながら言ってくれた。 
そんな事言えるようになってたんだね。 

朝、病院に入ってから
「ずーっとお母さんといるからね。僕も今日ここで泊まるんだからね。」って
言ってた長男だったけど、 

「お父さん帰ろうか・・・」と
うちの母と夫にいって手術室を出て行った。 

ちゃんと状況を判断できるようになったんだね。 
ホントにお兄ちゃんになったんだねってうれしかったな。 

次の朝早くにウルトラマンの人形を握りしめてやって来た
「これは見習いのウルトラマンなんだよ。」ってなんかそんなのがいたらしい。 
おもちゃやさんが開くのを待って買ってもらってきたそうな 
自分を象徴するようにその見習いウルトラマンを語る長男 

昨夜は、初めてお母さんと離れて寝ることや、弟が生まれたこと・・・ 
洪水のように彼の心の中は大変だったのでしょう 


パパ、うちの母、私の叔母までが一緒に長男と寝てくれたそうで・・・感謝 

そんな次の朝、長男は目ヤニで眼が開かなかったらしい。 
そんなに泣いたんだね。

私には言わなかったけどね。 
お兄ちゃんだから、かっこ悪いことは言わないって心に決めたらしい・・・ 
かっこいいよ!


生まれたての次男が今話題の中心・・
みんなわかってるからお兄ちゃんを大事にしてくれてる 
そんな雰囲気を感じてるんだろうなあ・・・ 
病室でもそんなに長くはいなかった。

「もういこうか・・・」と 



「おかあさん・・・僕の事忘れないでね・・・」って

ドアから出るときに心配そうにこっちを見て言った。 
・・・・その後、私は誰もいなくなった病室で、号泣した。 



以上過去記事より



また思い出しちゃったよおお~

兄ちゃ~ん、きゅんきゅんくるよ。

素敵な二人の息子たちのお母さんになれてうれしいよ。

母にしてもらったなあ・・・って心から思います。

 

地球でのご縁に感謝です。


にいちゃんのお下がりぶかぶかで、

まるでくまのパディントン^_^

2歳前かな?





しっぽw


今は190cm近い(笑)