薬のいらない人生@福田稔・なるりえ!【VEBIA ACADEMY】

薬のいらない人生@福田稔・なるりえ!【VEBIA ACADEMY】

[日本自律神経免疫治療研究会]の理事長を長らく務めてきた福田稔は本来の免疫療法をさらに発展、普及させるため
[(社)気血免疫療法会【VEBIA】]を新たに立ち上げ『気血免疫療法』とし活動を開始しました。
読者の皆さまの健康・医療に対する理解が深まれば幸いです。

【なるりえのひとり言 861】 前立腺癌PSA値下がった!!正常値へ!



前立腺癌術をしたけれど、



またPSA値が上がってきた。前立腺癌や前立腺炎などであがる数値です。




これでは再発する!という恐怖でみんなここでまたホルモン剤とか始めてしまうところですが、



そしてやっぱり患者さんの心も揺れた。ホルモン剤をやりなさいって言われてる、、、って。



でも、わたしたちは待った!をかけた。



うちでの治療をしているのに、


あえて自律神経の働きを壊すようなホルモン剤いれてしまったら、


自分で治すように働こうとすべく準備している免疫をまた叩いてしまうことになるわけですよ、と。



これではなんのための治療?!ってなるわけです。




人とは恐怖にさらされると、やっぱり焦ってしまうものだけれど、



免疫を作るのは1日にしてならず、でも壊すのは一瞬。



もっと免疫を信じてあげて。



その前に、前立腺癌、というか、まだ疑いレベル程度だったのを切除してしまってからというものの、




その免疫数値の狂いぶりたるや。



治る体にならないまま、


ただ悪くなった部分を取っても、


癌になる環境はむしろしっかりさらに整ったってことになるわけで。



ただ手術をしても、まだ、一度たりとも自分の体が自分の免疫で病気を排除してくれる状況になってはないわけです。



わたしはこのPSA値が上がってきたことも、


結局は本質的には治ってないという証拠だと思った。



まだ根っこに残る癌因子みたいなものが、あぶり出されてきたような状況なんだと思ったんです。




だからこそ!今度こそはそれを自分で治さなきゃいけない番なわけです。




でなければ、


何か出るたびに手術や薬で処置するようでは、


結局病気は繰り返され、


繰り返すだけならまだしも、


免疫はどんどん化学的処置で弱り、


そして最後は本当に病気に飲み込まれてしまうんです。




だから今回はチェーンを自分で断ち切らないと!!



とはいえども、心配は続いた。



わたしのそのホルモン剤使う使わないについてのカウンセリングから1年くらいかな。



わたしの途中途中のアドバイスはあるにせよ、



中山と患者さんのタグでしっかりPSA値は下がった。つまりは正常値になったのだ。




あれだけ心配ご本人もしてたけど、粘り勝ちですよフラッグ



でもね、これこそ、自分で勝ち抜いたってことなんです。



これでこそ、次の病気の連鎖が止められるということなんですよ!




今の医療は目先で脅すんです。



その先に負のループがあることを教えずにね。




目先だけを見ない医療へ。体は一生モノですよ!!











 

毎月第1日曜日開催のリアル免疫力セミナーにぜひご参加ください!

 

 

 

※リアル免疫力セミナーはこちらをクリック! 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

※治療などの詳細はHPへ!下記ロゴマークを

クリック!

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

#免疫力#気血免疫療法#VEBIA#なるりえ#自律神経#血流#福田稔#デトックス#VE&BI治療院#リアル免疫力セミナー#爪もみ#交感神経#副交感神経#リンパ球#鍼#お灸#東洋医学#鍼灸#養生#副交感神経体質#副作用#ホルモン剤#目先で脅して目先のことしかやらない医療#腫瘍マーカー#PSA#免疫は1日にしてならず

 

にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村