現在募集中の単発講座

(どなたでもご参加いただけます。)

 英語を今度こそ身につけたい!
 子どもと学び直したい!
 産休中に英語力upさせたい!  
 そんなママにおススメ。
初心者(be動詞って?)から3ヶ月後にはネイティブと30分話せる❗️

親子でたっぷりとスキンシップしながら英語で楽しみましょう♪
 (ただ今休止中。状況をみて再開予定です)

 

ただ今日程を調整中です。
(ピンっと来た方はご連絡ください。
優先的にご連絡させていただきます。)





こんにちは(*^^*)

~英語力のその先へ・人間力を育む~
KIDS ABC CLUBの平野 直美です。

お立ち寄りくださり、ありがとうございます好



童謡『虫の声』タイトルには秘密が




日本では夜に聞こえる『虫の音』で

秋の訪れを感じますよね。





童謡『虫の声♪』にもあるように、

色々な鳴き声を聴き分け、楽しむ

風流な文化があります。


海外ではどうなのか?


実は海外では、この虫の音を


noise of insects(bugs)


と表現したりします。




鳴き声は chirpと一応ありますが、

その音を楽しむということはなく、

『騒がしい音』『うるさい騒音』と

感じるそうです。






ここには、なんと脳の使い方の

違いがあるという学説があります。



日本人は『虫の音』を左脳で聞いています。

左脳は言語脳なので、声として聴いているん

ですね。


それに対して、外国人の多くは右脳で

聞いているそうです。


右脳は音楽脳なので、雑音として

処理しているそうです。







虫の種類も、ピノキオでも出てくる

cricket】(コオロギ)でほぼ

ひとくくりで呼ばれています。




以前、セミの鳴き声を何人かの

英語ネイティブの友人に聞いた時も、


『ただの雑音だから、

よく分からない』


と言われたんです。




文化の違いももちろんですが、

処理する脳の違いは日本語で

重要な母音が関係しているそう。



そして、虫の音を左脳で言語のように

認識するのは、日本人とポリネシア人

だけだそうです。



同じアジアの中国や韓国の方も

右脳で処理している。


不思議ですよね。


でも、【言語】として捉えている

童謡『虫の声』♪のタイトルも納得です。
















 
友だち追加
LINE@では、イベント情報や講座先行予約、クーポンなどお得な情報を配信していきます🎵
ぜひお友だち登録してくださいね😉
【友だち追加】をクリック、または ID: fbj9366w で検索してください。

 


 

フラッグ魔法のカードで英語の基礎がしっかり身につく!
≫ 子ども英語教室 詳細はこちら

フラッグ英語耳と音楽耳を育てよう♪
≫ 英語リトミック 詳細はこちら

フラッグ手遊び、クラフト、絵本など親子で気軽に英語遊び
≫ 親子英語 詳細はこちら

フラッグ毎日にワクワクをプラスする
≫ ママのための子育て英語講座 詳細はこちら

フラッグ新しいことを始めて自分の世界を広げたい
≫ 大人女子のやり直し英語 詳細はこちら

お問い合わせ
電話 09046487467(平野) 
手紙 kidsabcclub717@gmail.com

48時間以内に返信させていただいております。万一返信のない場合、お手数ですが、上記アドレスを受信許可設定した上で、再度メールしていただくか、お電話にてお問い合わせください。