先日の記事で、現役慶應生と話をする機会があったことを書きました。

 

意外と面白い!という反応でしたね。

通学制の慶應生なので通信制なんてどうでもいいって感じでしたが、

例えば、慶應大学の赤本(過去問)レベルで

毎年、年2回入試をしたら合格ライン何点になるのかについて

興味があったようでした。

 

偏差値ですね。

 

通信制で入試がある大学(学部)は珍しく、

通学制もある大学だと通学制と通信制では同じ学部でも偏差値が

どれだけ異なるのか。

他大学であれば、比較対象は少ないがもし学部で入試があるのであれば

慶應通信のレベル(偏差値)が示せて面白いんじゃないって結論になりました。

 

私もその方が合否に関して納得しそうな感じがしました。

まぁ今回は合否の件の話はしませんが、

通信制のほうが通学制よりも偏差値が低くなるような予想になりますが、

もし通信制のほうが通学制よりも偏差値が高い年があると

面白いかなと。

平均値では通学制の方が有利のように思えますが、

個人戦(個人の成績)ではわかりません。

 

編入者の偏差値がどれほどあるのか、現役生と比較して見てみたいものです。