とあるハーフ女子高生の日々

とあるハーフ女子高生の日々

(元?)摂食障害者が書く日々の考え事と小さな哲学。

皆さん、こんばんは。

 

元気にしていますか?

 

今日は東京ではとても寒かったですよ。上半身も下半身も洋服を数枚重ねて着るような気温でした。自転車登校なんて、手と顔が凍りそうです。紅葉と銀杏はやはり美しいですけれど。

 

 

ほぼ一週間もブログを放棄してしまい、本当にすみませんでした。(別に皆さんにそういう期待をされているわけではないでしょうけれど、私としては少し罪悪感を感じていました。)

 

ブログを書かなかったのは特別忙しかったり、調子が悪かったからではなく、普通に何となく気分が上がらなかったからです。

 

 

ここ一週間、先週の月曜日から今日まで、睡眠時間とは関係なく、ずっと何だか疲れています。

 

今日は月曜日なのでいつも通り過食をしましたが、先週程酷くはなく、それ以外は辛いこともしんどいことも別になかったです。

 

それでも、何故か悲しくなることが多いのです。突然、授業中や家にいる時に泣きそうになったり、とても憂鬱な気分になったり...もう、よく分からないのです。

 

普通に生活を送っていますが、ずっとこのままだったらと思うと、少し心配になります。

 

 

生きることが大好きだというはずなのに、あまり喜びや楽しさや幸せを感じられていません。

 

 

それでも、嬉しい時間は少しありました。

 

日曜日、ランニングの後にレストランで食べたエッグスベネディクトです。サンデーブランチの様なものでした。

 

とろとろのポーチドエッグとスモークサーモンとイングリッシュマフィンが混ざり合い、全体的にとても美味しかったです。(オランデーズソースは苦手なので、まずは別にしてもらい、ひと掬いだけつけました。)

 

母の自家製の白玉汁粉です。金木犀の砂糖漬けを入れて甘みを加えましたが、それ以上に優しい花の香りがして心まで温まります。

 

 

内容にまとまりがない記事になりましたが、ここで終わりにしようと思います。

 

 

今度また、朝の紅葉の写真を載せます。

 

 

温かくしてお過ごしくださいね。