きーまのヘーベル新築記録

きーまのヘーベル新築記録

へーベルハウス(旭化成ホームズ)でメテオブルーな注文住宅を建てました
計画中から入居後の色々な記録です 1711仕様/CUBIC 鉄道ジオラマのある家

ヘーベルハウス(旭化成ホームズ)で、1711仕様、CUBIC2階建てを建てました。

内装や設備のほとんどはヘーベルのカタログから選んだので、

「ヘーベルハウスでごくフツーに建てるとこんなクオリティ」

が分かるかも?

なお、アメンバー承認は、マイホーム建築中など住まい関連の内容で
ブログ記事を書いていらっしゃる方に限定しております。

記事やプロフィールを書いていらっしゃらない場合は、
メッセージやコメントで簡単に自己紹介をいただけましたら、
内容を確認次第承認いたします。

※10月13日追記あり


こんにちは、きーまですお願い

 
先週末は通っているゴルフスクールで
人生初めてのゴルフコンペに参加しーの、
今週は休み返上で職場の大イベントの
お手伝いに駆り出されたりーの。
 

1ホール目のティーショットを先生が撮影してくださいました。
教師もびっくりの声量の持ち主。音量注意!
ベストスコアは出ませんでしたが4位入賞😊
 
家に帰るといつの間にかソファーで
寝ているような日々が続いておりました。
 
メルカリの出品物が売れていたのにも2日間気づかず、
慌てて謝って夜のコンビニに走って発送したり。
 
相変わらず体力が無い。体力つけたい。
 
そして今朝は台風接近の影響で大雨警報発令中。
お陰でと言っていいのか分かりませんが
職場はオンライン対応に切り替わったので、
朝の移動時間が無くなってゆったり。
 
台風自体はだいぶ沖に逸れているようで、
雨は降り続けているものの、付近で強風の被害はなさそうです。
 
では、間が空いてしまいましたがまだまだ続きます。
 
Instagramで目にしたヘーベリアンさんも
たくさんいらっしゃるであろう、
アーサーブラウンのおうち、T様邸です。
 
なんといってもT様邸のアイコンは、玄関に向かって左手。
 
名古屋モザイクの木調タイルを敷いたこの駐車スペース。
建物と道路から敢えて斜めに角度をつけているのが
とってもおしゃれ上級編ーピンクハート
 
ベランダから見下ろした眺め。
 
実は斜め配置、私も外構計画中少し考えました。
頭の中では。
でもまとまらなくて、収拾つかなくて、
素人が気軽に手を出してはいけない領域だと悟り、
そっと胸の奥で消滅させたアイデアでした。
 
 
この配置は完全に外構Mさん側からの提案だったそうで、
T様ご夫妻はその提案をご覧になって即決!
Mさんの中でも会心の出来で、
「出来上がったパースみて、我ながら震えた」そうです。
 
分かる!
だって私もInstagramで施工中のここの写真を見て、
「すごい!ここ見に行きたい!!!」
って大興奮しましたもん。
 
周囲の敷石も、T様と外構Mさんで悩みぬいて決めたそうです。
メリハリつけつつあたたかな印象で、最高の組み合わせ!
 
T様が日常で使用する駐車スペースは別にあるので、
ここは来客時以外、駐車する車はありません。
 
つまり、このスペースはほぼ常に空いていて、
完全に『駐車場そのものを見せるスペース』なんですよね。
 
なんてウルトラ贅沢爆  笑

 

因みに、製品名聞くの忘れてしまったのですが、木調タイル。

 

おそらくこの『オルガニカ』ではないかと。
 
(間違ってたら教えてね、Mさん!)
 
※追記 『ナチュラレッツァ』だそうです!


こんなに上品で繊細でな風合いなのに、
カーポートの荷重にも耐えられるという丈夫さを兼ね備えます。
 
最近のMさん、名古屋モザイク好きよね。
内装のタイルでは取り入れる方多いですし、
みんな大好き名古屋モザイク。
かくいう私もこっそりカタログ持ってたし。
 
当時タイル関係で資料請求したのは、
名古屋モザイク、平田タイル、サンワカンパニーあたりだったかな。
 
私の頃は、Mさんからはナの字も聞かなかったけれど、
最近よく取り入れている印象アリ。

Mさんの中でナゴモザブーム来てる?w

そしてこのスペースでの大物がもうひとつ。
 
 
角地の角の、何と言ったらいいのか、面取り部分?w
 
壁の裏は近隣のゴミ集積所になっているので、
この角をどのように仕上げるかがとても重要なポイントでした。
 
そんな道路との境界部分に採用したのがこちらの
木調の・・・えっと、衝立??
 
なんて言えばが分からないので製品説明見ます!
 
ふぁ、ふぁ、ファザードエクステリアです!
 
三協アルミの新製品で『美楽麗(みられ)』というそうです。
 
木調以外にも石目調だったり、耐震もばっちりだったり、
とにかくカッコいい袖壁なのですが・・・
 
かなり高級品なようです目
 
でも、新製品なのでまだ施工事例が無かった
タイミングだったそうで、外構Mさんの外交力ニヤリにより、
モニター価格での採用が出来たのだとか。
 
それにしてもこんなきれいで高級なごみ集積所、
なかなか無いはず!
 
カラスもここには手を出せまい。
 
奥から見ても素敵。立水栓の差し色が可愛いんです!
 
外構Mさんは新製品へのアンテナを常に張っていて、
まだあまり知られていないような製品も
良いものがあれば積極的に教えてくださいます。
 
ときには「俺が使ってみたいからサービスするよ」なんてことも。
 
逆に、カタログを見て施主側が「これいいな!」と思ったものも、
施工の手間(による費用の高さ)や、
使いたい環境と製品との適性などを
知識と経験の両面からきちんと説明してくださいます。
 
私がカタログを見て使ってみたい素材をいくつかお伝えしたときも、
「この製品は通常の施工の手間が3倍かかるから、
モノの値段以上に施工費がかかってしまう」とか、
「この製品はもうすぐ廃盤になるから、
万が一補修するときに追加購入できないかもしれない。
だから、目立つところに使うのはお勧めしない」
等というように、目先の利益だけでなく、
Mさんの持ちうる情報を隠すことなく教えていただけるので、
そうしたやりとりが大きな安心につながりました。
 
 
↓宜しければクリックお願いいたします↓