キム・ドンハンがダイエット ストレスを率直に明らかにした。

 

Mnet ‘プロデュース101シーズン2’練習生でソロ アーティストで位置づけた、

キム・ドンハンとbntが三回目出会いを持った。

 

 

‘D-HOURS AM 7:03’アルバムで1年にわたった時間3部作を終えて、

全曲作詞に参加したというキム・ドンハンは生活の中で浮び上がるものなどを、

きちんと記録しておいてアルバムで解きほぐすと伝えた。

ファンたちを考えて作詞したという‘毎日毎日’という曲を説明する時は、

ファンに対する真心がくっついて出ることも。

 

 

最も好きな曲で‘イデア’を挙げて、

“直接作詞から振りつけまで参加したが素晴らしく出てきて満たされる”

として愛着を表わした。

一緒に、

“音楽を聞くのが本当に好きだ。

国内だけでなく海外チャートまで渉猟して導入部1秒だけ聞いても何の曲なのか、

占うことができる”

と自信を表わした。

 

 

普段親しい同僚の芸能人が記者の質問にはワンアースや98ライン、JBJ友達らと、

映画を見てご飯を食べてボーリングをしたりもすると明らかにした。

どうしてもグループ活動をしただけにより一層一人で立つということが、

より一層負担になることもするはず。

海外スケジュールが特に退屈に感じられる時が多いという彼は意外に一人で過ごすのを、

楽しむ方とし自らを‘家席’と称した。

 

 

歌手にならなかったならば何をしたかの記者の質問には、

“高校生時期からダンスチームをしたのでカバーダンス ユーテューバーに、

なった場合もある”

と話した。

実際にデビュー後カバーダンス映像の主人公である先輩歌手に映像に関する話も、

伝え聞いたとし珍しさと満たされることを表わした。

 

 

染色をたびたびするキム・ドンハンに挑戦してみたいヘアースタイルを尋ねるとすぐに、

“虹色のオウム頭をしてみたい”

としてとんでもない返事で笑いを与えた。

まだ習うことが多い芸能の夢木といっていた彼は出演してみたい芸能で、

SBS ‘ランニングマン’とJTBC ‘知ってるお兄さん’を挙げた。

 

 

幼い年齢にデビューして不便な点がないのか尋ねるとすぐに、

“ファンの方々が調べてみて下さることに感謝してかえって活動する力になる”

として相変らずファンたちが付けた‘クルミ’、‘トンセニェ(ドンハンはセンターに立ってこそ、

美しくて)’というニックネームが一番気に入ると伝えた。

一緒に、

“活動中にはダイエットによるストレスが激しい。

だが、画面によく出てくるには仕方ない”

と笑ってプロフェッショナルある容貌まで見えた。

(写真=bnt提供)