松下政経塾Life体験!そしてそれから

松下政経塾Life体験!そしてそれから

財団法人松下政経塾での体験記録をベースに、その時々の興味あることや現在の活動等を気ままに綴っております。




              わーい お 知 ら せ きゃはっ♪







  1点周知事項ですが、ほとんどの記事は「タイマー入稿」であるため、


  毎日何かしら記事がアップされていたとしても、実は何週間もブログは


  おろかPCすら起動させていないなどと言うこともございます。よって、


  ぺタ返しや読者登録については、余裕を見ていただけますと幸いです。





本ブログの記事、特に政治と古代史関連の記事をご自身の著書等で


  流用している方々が見受けられます。本ブログの記事の著作権は


  本ブログの著者に全て帰属いたしますこと、ご留意下さいませ。

NEW !
テーマ:

 

前回タケミナカタの奥方であるヤサカトメを

神世七代の内のオオトノベから見ていきました↓

 

  健南方が饒速日だった!!ー長野‐長崎の出雲ライン

 

 

「トノベ」から「トメ」を読み解いたのですけど、

更にその続きがございますSAYU愛

 

 

 

 

B音とM音は良く交替するのですけど、

そうすると「トベ」というのも可能ですよねにこっ

 

本連載のご愛読者様方でしたらご記憶では

ありませんかはてな ホワイト

 

そう、私の大好きな真っ黒の三本足の鳥さんの

関係する女神を祀る神社のことです!!ラブラブわーい

 

 

 

 

ということで、今日も女神を追っていきますよラブラブSNOOPY

 

そう、「歴史はオンナで解くラブラブ」のですから煙管 ↓

 

 

   風間神社番外編ー2つの風間神社と東西風間のナゾ 導入編 前編

 

   天照はマグダラのマリアだった!ー日本神話の三貴子はイエスとマリアと“裏切者”のユダ

 

 

 

 

 

 

 

 

前回はオオトノベから説き起こしてヤサカトメが

マグダラのマリアだというお話を書いたのですけど↓

 

   健南方が饒速日だった!!ー長野‐長崎の出雲ライン

 

 

具体的には

   トノベ→トオベ(同じ母音が続くのでN音が落ちる)

      →トウベ(オオより言いやすいオウに転換)

      →トウメ(B音とM音は良く入れ替わる

      →トメ(オウの二重母音がリエゾン化

 という変化を辿ったと思われます。

 

 

 

 

 で今回のお題ですが、トウメの社とかつて呼ば

 れていたお社が現在トベ社とされています。

 

 ・・・そう、任部社と書く八咫烏のお社、つまり

 下鴨神社内にある河合神社です。

 

 去年か一昨年か失念しましたが下鴨神社に

 行った時、式年遷宮に合わせて社内の

 立て看板も書き換えられていました。

 

 

 

 

 読んでビックリ!!DASH!びっくり

 

 河合神社の玉依姫は八咫烏ことタケツヌミの

 娘ではなく、同名の神武帝のお后のコトだと

 新たに明記されており拍子抜けしてしまいましたあせ

 

 以前私が推測していたことが神社自身から

 あっさりと証明されておりました苦笑い-2

 

 

 

 

 

 ついでに八咫烏のお社も綺麗に建て直されていて、

 かつて私の見たみすぼらしい墓石のような

 お社はどこにも見当たりませんでした。

 

 そして八咫烏のお社の説明書きに、先に

 書きましたトウメ社とかつて呼んだという

 新しい説明を見つけました。漢字は失念

 しましたが、メには女の字があてられて

 いたのは覚えています。

 

 つまり、この八咫烏社、マグダラを祀っていた

 ということでしょう。

 

 

 

 

 

 

 鴨氏と秦氏と風土記の3種類の丹塗矢の伝説は

 3種類の“解釈(宗派)”があったことと、しかし

 その主たる共通の骨格は処女懐胎と本当の

 父親捜しですから、イエスと聖母マリアと

 義父のヨセフの話が仮託されていると

 思われます。

 

 ただし、これにイエスとマグダラのマリア、

 そしてユダのもう一組の3名のお話しも
 重ねられている二重のお話しだと

 思われます。

 

 

 

 

 

 (この辺りが有名な中大兄の和歌に出て

  来る大和三山の伝説の恋愛バトルに

  繋がるのかな、とえへ♪ 

 

  ちなみに、山はそれ自体で神の意味を

  持っていますスヌーピー

 

 

 

  山の字の象形文字が連なった3つの山、

  つまり三大ピラミッドの重なりみたいな

  絵なのも意味深ですよねスヌ

 

  ついでに、天智天武両帝と額田王との

  これまた有名な三角関係も現在に

  至るまで、わざと教科書に載っている 

  のだと思います、龍馬と明治維新は

  消されようとしているのに あはは。。。 

 

 

  そう、あの三名の「人間」の恋物語にかつての

  イエスとマグダラとユダの「神」の三角関係を

  仮託しているのだと睨んでおります。

 

    (ついでに天武帝・額田王・持統帝の

     三角関係も重ねられており、その大元の

     イエスを巡るなんらかの女性事情も暗喩

     されていると考えています。一番考えられ

     るのが三角関係というよりも聖母マリアと

     マグダラのマリアのダブルミ-ニングだと
     思われますが・・・本当になんらかの恋愛
     関係だったのかなぁなどという可能性の
     余地も考えてはおります。が、さて・・・)

 

  そして、この三角関係の最後の一つの仮託、
  「伝説の勇者」に対する託の題材が仲哀帝と
  神功皇后と住吉大神です。

 

 

 

 

  私は記紀は同じ題材を3つの時代に別々の

  登場人物によって繰り返し述べるという手法を

  採っていると考えています。

 

  具体的には神話(神)と伝説(勇者)と記紀が
  書かれた当時におけるオンタイムの実際の
  実在の現世の方々(人間)の3役を本来の
  一人の人間の事象をもって担わせる、つまり、

  本来一人の人間が記紀においては3つの名前
  をもって別人のように扱われているということです。

 

 

 

  一番よく知られている例は、例の神の字の付く

  天皇3人が1人の一生を三分割しているとされる

  あの説だと存じます。

 

  過日別の記事内で大国主=日本武尊=聖徳太子

  としたのも↓

 

      日本武尊は聖徳太子!!

   

 

  上記の線上からの意見です。)

 

 

 

 

 

 

 以前、妹が妻を日本古語で表すのは、

 聖書において妻を妹と偽った話の転化と

 書きましたが、「同志」としての呼びかけ

 たるシスターの直訳の意味も混じって

 いると思います。

 

 この辺りが、トベの音に“任部”の文字を

 当てた理由に繋がっていく、つまり、以前

 書いたように何らかの隠密組織となって

 いったものと睨んでおります↓

 

   八咫烏はやっぱ忍者だった!! - 陰陽師と忍者と八咫烏の関係①

 

 

 

 

 さてさて、長野と八咫烏がつながってきましたねラブラブわーい 

 

 

  (ついでに八咫烏と風間、というかその

   一派とされる忍者の風魔党とも

   つながってしまいましたあせるうっ。

 

       八咫烏はやっぱ忍者だった!! - 陰陽師と忍者と八咫烏の関係①

     

   これはまた別途にあはは

 

 

 

 例の下鴨神社の参道のちょうど中間の

 ど真ん中に位置している、長野産の

 さざれ石のナゾも解けるカモスヌ 

 

 

 

 

 

 

 ねラブラブ タケツヌミさん、もとい、大国主さんラブラブ

 でも実態はスサノヲでありニギハヤヒが

 あなたですよねはてなマークタケツヌミさん、いえ、

 神武天皇陛下ラブラブにこっ 

 

 

 初めてあの大国主軍団(言社)を観た

 時から、ずっとそう思っておりましたSAYU愛

 違いますかはてなマーク タケツヌミさんはてな 黒猫 

 

 

 

 

 

 

詳細は「不思議の賀茂神社」シリーズ↓

 

   ヤタカラスと縁結びと跪く大国主軍団 ① - それは勝守から始まった

 

   ヤタカラスと縁結びと跪く大国主軍団 ② - 素戔能雄は京都の地主神だった!

 

   ヤタカラスと縁結びと跪く大国主軍団 ③ - 大国主と干支のタダならぬ関係

 

   ヤタカラスと縁結びと跪く大国主軍団 ④ - 大国主の正体 vol.1

 

 

の続きで追っていくこととしましょうラブラブピース

 

 

 

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。