MassGTZのブログ

MassGTZのブログ

ブログの説明を入力します。

ジャッキから油が滲むようになってきた.まだクルマを持ち上げることはできる.
でも,出先で突然死亡するのは勘弁,ってことで….
ネットで調べると,ピストンとかのシール交換したりして修理してる人が散見するけど,
分解に一手間かかりそうだし,アルミ系はネジ類のトルク管理が微妙に怖い.
9年ぐらい使ってるし,潔く新品購入に踏み切る.

大橋産業 No.1343
低いほうがなかなかいけてるのと,勃起時の高さが良さそうなので,某通販で購入.

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

安定のC国製.新品時点で剥がれかけてる,ステッカー類.
俺は,こんなのは気にしない.

気になるのは…
イメージ 4

ここ(笑)
前回購入時は微妙だったし.
一応各部に青いネジロック剤がついているようだ.(本当にネジロックかどうかは不明)



うーーーん.なんじゃこりゃ.ってのがコレ.


イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7


ローレット加工が(笑)
ジャッキの棒の抜け止めのボルトなんだけど,
油まみれの手で触ったりすると滑ったりするから,何気にこういうの結構気になる.

むしろよくこういう加工できるよね.意味わかんねー.
取り付けるのも人間の手だろうけど,
やってる人間が気が付かないってことは,すべてのモノがこの形だったりするのかな(笑)
どーせ受け入れる日本人が検査するときはちゃんとしたモノを使ってるんだろうけど.
どっちにしろ舐められてるよね.見抜けない日本人もだめだね.

まあ,日本人も某国製だのなんだの人のこと言えるようなご時世じゃなくなってきてると思う.
仕事に忠実な人はどんどん干されて,
イエスマンとか,人の手柄を横取りするような連中が生き残るご時世だし.
むしろ冥土インジャパンかも.
ひっさびさのTC1000.
相変わらずの直前エントリー.
天気予報でほぼ雨予報.当日出発時も雨.
テンションだだ下がりのまま現地に向かう.
残念ながら,無事に現地到着.

イメージ 1


軽く出遅れて,雨の中屋根のあるピットを取れず.
仕方ないので,自販機コーナーの屋根で雨を凌ぐ準備をしてると,雨は止んでるっぽくね?な感じに.

でも,路面はまだまだ濡れてるし,いつ降ってきてもおかしくない感じ.
このまま午前中だけでも降らなければ,この時期にしては路面温度低いし,なかなかのコンディションになるかも?と淡い期待を抱く.

イメージ 5


1本目.
完熟走行.セミウエット,というよりほぼドライなんだけど,やはりグリップしない.
ドライのつもりでブレーキすれば簡単にロックするし,立ち上がりも弩アンダー.
そういえば,この間パッドとローターを新品交換していたことを思い出し,当たりつけの真似事をしておく.

イメージ 2

ローターは安定のT社純正,パッドはAP2.
すっかりAC2をつけていたことを忘れていて,AP2を買ってしまったことは内緒の話.
まあ,もともとリアは10年近くAP2のままだから,あんまし関係ないべ.

そんなこんなで,侵入で4輪ロックからの立ち上がり弩アンダーで遊びまわって終了.


2本目.
お,雨の心配はなくなってきたし,路面もほとんど乾いてきたね.
走行直前にプロドライバーの乗るスイフトの助手席に乗せてもらい,いろいろ教えてもらう.
路面がいまいちの時の運転ってすげー参考になるね.
スイフトはインフィールドは大きく回ってスピードに乗せて走るらしい.
たぶん,ボトムスピードをしっかり合わせられる人はこれが一番速いんだろうね.

走り方を思い出しながらそれなりにヌルく走る.

イメージ 3

43.383sec.今日は42秒台出せるか?


3本目.
完全にドライ.今日は同走のクルマが雲上人な速さの人ばかりなので,邪魔しないように走る.

イメージ 4


43.336sec
伸び悩み.相変わらずの後半でのタイム.


4本目.
何一つコレといった走りができずにひたすらヌルい走り.




かろうじて42.980sec
しかもほぼ最後.
1ヘアピンのボトムスピード遅い,インフィールドも侵入で頭の入りが悪い,洗濯板からのカーブの曲がり方も汚い・・・まだまだ改善の余地あり,やっぱり走り込みが足らんな.1年に1回程度じゃだめだ.

言い訳っぽくなるが,実は左のステアリングラックエンドのガタが結構キてる感じで,時々ハンドルに「ゴキっ」って変な感触とともに車の挙動が軽く乱れる.いい加減直さなきゃ.


イメージ 6

42秒前半をコンスタントに出せてないと,冬場のうっかり41秒は狙えないなあ.

さて,次のタイヤを何にするか,他の参加者から色々情報集め.
自分としてはほぼz3の一択のつもりだけど,やっぱり人によって好みと合う合わないがあるみたいで,非常に勉強になる.


イメージ 7

今日はカップラーメンげっと.これでしばらく昼飯に困らない.

この走行会は午前中のみの半日開催.帰るのが渋滞を避けられるし,意外といいかも.

今日の教訓:
ステアリングラックエンドのガタはいい加減直そう.
タイヤは結構キてるけど,裏組すればまだ肩が多少残ってるから遊べるかも.z3はお預けか?
まだまだ質より量でタイムは伸びる気がする.

さて,出張から帰ってきたので,日光サーキットに行ってみる.
前回走ったときのまま無整備で.
何度か参加してる,ないじぇる走行会

エントリーしてから気がつく,世間はお盆休み.
仕方ないので,いつもより1時間早く出発.

県央道から東北道への乗り継ぎ直前に,
「宇都宮まで3時間以上」との絶望的な表示(爆
普段なら1時間だからねえ.

仕方ないので,そのまま久喜白岡JCTを華麗にスルーし,五霞から国道4号を北上.
普通に流れていたので,1.5時間程で到着.普段のオール高速より30分ぐらい遅いぐらい.
帰りに時々使うルートだけど,時間帯によっては朝も結構使えるかも.

残念ながら,無事に到着.

イメージ 1

この日は台数が少なかった.

さて,1本目.
錆錆のブレーキローターを削りながら適当に走る.
気がつくとタイム表示の電光板が真っ黒.

イメージ 2

前日の豪雨&雷で壊れたらしい.たぶん,サージプロテクタみたいなのが飛んだんじゃね?
うまい人は,タイムと自分の感覚がリンクするけど,初心者にとってタイムが表示されないと,何がいいんだか,さっぱりわからない.困った.
走り終わってモニターで確認すると,43.5secぐらいだったみたい.

2本目.
よくわからんけど,43.372sec.何周目に出したかも判らん.ベストの1秒弱落ちだから,夏場だとこんなもんか.最近になってようやく,夏場と冬場のタイムが逆転しなくなってきた(笑
この日のベスト.

イメージ 3

何周目のタイムかさっぱりわかんねー.

3本目.
ドリ車も参加台数が少ないので,タイヤかすがあまりコースに無いので,意外と走れる.
でも,暑くて人間がバテてる.

4本目.
同じく.暑い.

5本目.
レースごっこ.この日は上級者が皆無だったので,2番手グリッドからスタート.1番手はインプレッサ42秒前半なので,軽くちぎられるのは見えてるので,ひとまず2番手キープ作戦.得意技のホイールスピンと開幕スピンを,いかに封印するかが勝負.



珍しく隣より前に出れた.と言うより,隣がミスった(笑)
ってコトで,そのまま1コーナー飛び込めたので,ひとまず3周ぐらい耐えれば,何とかなるんじゃね?作戦.
それでも相手は1秒以上速いので,時間の問題…と思ってたんだけど,意外とペースが上がらないので,そのまま逃げ切ることができました.らっきー.
あとでインプレッサのオーナーに聞いたら,油温の警告が出ててペース上げられなかったんだってさ.油温の勝負で勝ったらしい(爆).え?このクルマの油温?130℃ぐらいだったかな.走り終わったときに見ただけだけど.


スタートのホイールスピンは…

イメージ 4

暑かったからそんなに滑ってなかったっぽい.
まあ,ホイールスピンしなかったのは別に理由がある訳で….

イメージ 5


こんな感じで,スーパーチャージャーのベルトが滑って.6000rpmより上では加給が落ちてるせいもあるんだよね.
朝イチ1本目でもすでに滑ってたんだけど,張りすぎるのもなんか怖いのでそのままにしてた.
やっぱり1回滑ったベルトは,張りなおしても,すぐ滑るみたいだ.

帰路の渋滞は無く,残念ながら,無事に帰宅.

本日の教訓:
ブレーキパッド崩壊寸前,次使うのはまずそう.
タイヤはそろそろ交換.
蜂退治にはW社のパーツクリーナー