よりドリ君ドリ?

よりドリ君ドリ?

聞こえるように独り言

山ちゃん餃子とGINA(生パスタ屋さん)を経営している。

 

山ちゃんは2月に新規オープン

GINAは前オーナーから引き継いだ。

 

2ヶ月は順調だったが、4・5月は大ピンチだった。

山ちゃんは、メニューと価格を刷新した。

 

特招会で赤字覚悟の大サービスを実施して、大成功!

山ちゃん(店長)の心がどんどん成長している。

 

GINAはメニューの変更を予定している。

アイスクリーム大作戦も導入する。

 

自分も厨房に立って調理してきた。

全ての仕事をやってみて働き手の技や大変さを理解。

 

5ヶ月を越えて、安定が見えてきた。

店長の自信とやる気が必要であり、スタッフの責任感が必要。

 

全スタッフが、成功のために当事者として動いてくれている。

これからの私の役割はこれまでのアクションとは変わる。

 

厨房に立つ時間は減らして任せていくつもりだ。

でも丸投げじゃなくて、アイデアを出して行く。

 

信頼関係を築くためにスタッフと共に山と谷を越える時間が必要。

こっちが本気かはみんなに分かる。

 

我々は5ヶ月掛かって、未来が見えてきた。

働いてくれているスタッフには感謝している。

 

彼らの成功のために、私しかできない事をやっていく。

新米オーナーとして多くを学んだ5ヶ月だった。

 

PS:先日山ちゃんからラインが入った。

  人って自信と責任感が増えると優しくなるんです。

 

 

北京から33人の選手達がキャンプに来ている。

 

昨今中国から日本へのツアーは増えているが、

ウチではすっかり恒例化している。

 

独自のアイデンティティーが交流する事は素晴らしい。

子供達は積極的にコミュニケーションを図る。

 

対戦を通して感じる事もあれば、

ミックスゲームをすることで感じるところもある。

 

楽しそうにゲームをする子供達だが、

そこには色んな表情がある。

 

質の高さにも差がある。

子供ってグダグダのゲームでも楽しめるのだ。

 

勝負意識にも大きな差がある。

目的意識の差だ。

 

我慢して見ていると、

必ず質は向上する。

 

全ての魂は向上心と共にある。

色んな刺激がスイッチを入れてくれるのだ。

 

「違う個」との交流も刺激であり、

変わった個が多かった。

 

指導の域ではなく、環境が人を育ててくれた。

自然のチカラであり、本人の選択で掴み取ったチカラだ。

 

文化の違いには言葉を超えたパワーがある。

 

 

PS:北京から来てくれた仲間達にも多くの刺激を与える。

 

 

強くなるためには、

 

まず自分の全てから目を逸らさない。

自分の弱さを見る。

 

そして立ち向かう。

このブログで何度も書いてきた。

 

サッカーに限らず、試練は必ずやってくる。

乗り越えられる人と、諦める人がいる。

 

乗り越えられる人になるんだ!

 

怖い気持ちも分かる。

身体がキツイ事も分かる。

「やりたくても出来ないんです。」

「もう無理」

「変わりたい」

「もうイヤだ」

 

心の中で自問自答し続けるんだ。

 

負けても良いなら、

辞めても良いなら、

諦めても良いなら、

 

楽になるだろう。

楽を選ぶって事は、乗り越えられない人を選ぶってこと。

 

俺は、そんなヤツにさせたくない。

何時でも何処にでも試練はやってくる。

 

逃れられないから、強くて賢くて逞しい自分に育てなきゃダメなんだ。

まあまあの世界なら、みんな強いしがんばっている。

 

でも、もっと高い所まで登れるんだ。

そこには向上心の塊のような凄いヤツが一杯いて、自立している。

 

求めなきゃ見えてこない弱さがある。

追い込まなきゃ顔を出さないモノがある。

 

伝えなきゃならない個が沢山いる。

真剣に伝え続けるしかない。

 

夏がチャンス!

今日の「やまびこフェスティバル」もチャンスの場所!

 

 

昨夜の投稿の補足

 

世知辛い(せちがらい)現代。

未熟な子供が悪さをするだけでレッテルを貼るべきではない。

 

AとかBとか評価ばかりすべきではない。

そして評価を固定観念にするべきではない。

 

未熟な子供は失敗をする。

我々もそうして年齢を重ねてきた。

 

何度も許されてきた。

「悪(あく)」ではない失敗も悪さというけど、本質を見極めよう。

 

誰かを傷つけようとしてする悪さかどうかで線を引く。

「バカたれ」と言ってゲンコツくれて終わればいい。

 

困らせる必要もあるが、冷徹であってはいけない。

怒るなら熱く怒ろう!

 

結局、「がんばろう!」って気持ちになれば成功で、

そうでなければ指導の失敗です。

 

我々の対応が彼らのこれからに反映する。

世知辛い世の中ではあるが、自分の周りは温かい場所にしていこう。