こんにちは!
一英塾 勝田台校です。

「英語の教科書の、この表現は実際に使うの?使わないの?」
という話ですが、
「そんなことは、実際に使う場面になった時に、周りの様子を見てればわかるよ。」
というだけのことです。

まず、英語の教科書・参考書に、全くのウソは、ほぼ書いてありません。
どの表現を使うかは、それぞれの国・地域・属するコミュニティで異なります。

実際に英語を使う状況になった時に、
周りの様子をみたり、会話で相手の反応を見たりしていると、
なんとなく馴染んでいきます。

どのように、どこまで馴染むかは人それぞれですが。

例えば、
「How are you?
と聞かれて、
I'm fine.

とはあまり使わないよ。」
なんてことを言ったりしますが、その辺も周りが、
「Good!」
と言ってる人が多ければ、なんとなくそんな表現を使っていくようになります。



「細かいことは気にせずに、大きな気持ちで語学を学ぼう!」
という感じなのですが、英語の先生は、別の点で細かいことを気にする人が多かったり、
英語のテストは、細かな違いを識別する問題が並んでいるので、
細かなことを気にしなければいけない部分もあります。

なんだかわけがわからなくなってきましたね・・・。
とにかく、上手くほどほどに、中庸で、一生懸命に学んでいきましょう。