投げ釣りロマンを求めて

投げ釣りロマンを求めて

今年の目標は・・・釣りに行くこと(笑)

性懲りもなく、キスのアタリを求めて寒波の中、行って来ました。

1月21日 鳴門 撫佐

9時前に到着、風裏のはずなのに、正面から冷たい強風。
今回もトーナメントの練習の引き釣りと、ボーズ逃れの置き竿の二刀流でしたが、あまりの寒さに車中へ待避。
餌買う時にカタログゲットしたので読書タイム、そしてそのまま夢の中へ・・・zzz

風の止み間に竿を上げると、ハゼ。
完全ボーズは逃れましたが、二時間でこれ一匹だけ。
11時頃になって、日差しも出てきたので本格始動。広く探りますが、ノーシグナル。

ボーズを覚悟し始めた頃、置き竿にアタリ❗
 引き釣りで、置き竿でアタリのあったポイントを探ると明確なアタリ😳、さらに大きいアタリが出た所で、つい手首を返してしまい、ハリに乗らず😱
盛期なら掛けアワセになるタイミングでしたが、エサのタラシを長くしてるので、もっと待つべきでした。

その後1時間沈黙の時間が流れ、潮も下がって納竿の時間を意識しながら探ってると、置き竿がアタってダブル。
さらにダブルが続き、
引き釣りで20センチクラスが激震
さらにはトリプル
1時間足らずでしたが、いきなりの確率変動で
この時期にしては上出来の釣果になりました。
19から12センチを13匹。

シマノジャパンカップ方式の10匹重量は372g。これでは上位入賞無理だわね。

しかし、ボーズ覚悟の状況から急に釣れだしたのは何なのでしょうね。
水温が上がったのか、たまたま群れが通ったのか❓
ともかく、良い練習にはなりました。