11月も中旬、札幌の平地でも雪が降る季節になってきました。
日によっては、最低気温が0度に近づくことも・・・。
 なので、我が家でも朝方はストーブに手が伸びるようになりました。
 
 先週の日曜日のことでした。
 
 我が家(マンション)には、夏は他の部屋よりは暑くなく、冬は一番寒くなる部屋があります。
 そんな部屋の主が、我が家の娘小学4年生です。
 
 小学3年生の時に部屋を与えたのですが、昨年の冬は結局、私を寝室から追い出し、娘は妻と寝ていました。
私と言えば、その一番冷える娘の部屋で寝る羽目に・・・。
 しかし、今年は今のところ、「自分の部屋で寝る」とのことでしたので、娘の部屋の環境改善を行いました。
 
 娘の部屋が寒いのはいくつか理由はあります。
 その1:日中あまり使用していないため、部屋の暖房を使っていない。
 その2:窓が北寄りなので日がほとんど入らない。
 その3:カーテンがかなりうすい。
 
と、ほかにもいくつか理由は考えられました。
 そもそもマンションに引っ越してきた当初、この部屋はいわゆる物置状態でした。
なので、そんな部屋のカーテンですから、「なんとなくついてりゃいいだろ?」ということで、ペラペラのカーテンを付けました。
 
 環境改善と言っても、やったのはこのカーテンの交換くらいです。
 近所のニトリにて、娘が自分でカーテンを選びます。
 そのカーテンをさっそく娘の部屋に取り付けます。
 古いカーテンを外し、厚手のカーテンを取り付けます。
これだけでも、おそらく部屋の温度は少し変わるでしょう。
 
 私がカーテンを付けていると、外したカーテンを手に、娘がベットの下で何やら始めました。
 
 娘の部屋は狭いこともあるので、娘のベッドはハイベッドで、ベッドの下に130cmくらいの高さがあります。
 その下で、外したカーテンと戯れていた娘に、
「さっきからなにやってんの?」と妻が聞きました。
すると、娘が、「ベッドの下にカーテンを付けたいんだけど、うまくいかないんだよ。」とのことでした。
 そりゃ、カーテンのフックをセロテープでベッドに付けようとしてもうまくいくはずがありません。
 
 そんな娘に妻は、「カーテンを付けたいの?」と「それはいいことだ」くらいの反応を示していました。
そんな感じだったので、妻は私に「なんとかして!」命令を発します。
 
 私は、もう一度ニトリへ行きスライド式のカーテンレールを買ってきました。
(これを取り付ける方がてっとりばやかったもので・・・。)
 
 そして、ベッドの下の木の部分にカーテンレールを取り付けカーテンをさげました。
娘は満足そうです。
 
 妻的には、「女の子だし、そろそろ見られるのがはずかしくなったりしたのかな?」などと考えていたようで、娘の意見に賛同した模様です。
まあ、確かに玄関から娘の部屋は丸見えでしたので、そういう考えもできるでしょう。
 
が、娘がカーテンを付けたかった理由は、そうではなかったようです。
妻が、「これで玄関からも見えなくなるしタンスとかも隠れていいね?」と娘に言うと、
「ん?そうなの?、それは初めて知った!」などと言っています。
すこし驚いた妻は、「じゃ、なんでカーテンつけたの?」と聞くと、
「なんか、秘密基地っぽくなったでしょ?」とのことでした。
 
 私的には、「ああ、やっぱりか・・・。」と思っていましたが、妻的には笑うしかなかったようです。(まあ、妻的な理由も娘にはあったと信じたいですが・・・。)
そんな笑っている妻に、娘が「これで、消防点検とか来るときは、ちらかっててもカーテンの中に押し込めば見えなくなるし楽だね?」などと言っています。
 
 確かに半年に一度ほど、マンションの火災報知機などの点検で部屋の中に人が来ます。
そのたびに、「かたづけなさい!」と、妻と娘のバトルが繰り広げられていました。
「まさか、それが本当の理由か?」と思いましたが考えなかったことにしました。
妻は、娘のコメントに「誰に似たんだか?」とあきれています。
 いつものことですが、娘は「ママだったりして?」などと、命知らずなことを言っています。
 私と言えば、とばっちりが来る前に、工具を片付けるふりをしてその場から逃げました・・・。
 
 その後、妻と娘で何かをしていたようですが、私は知りません。
 
↓↓↓天然保湿成分「カラマツエキス」配合!!防腐剤無添加せっけん!!
「唐松石鹸のお店」はこちら!!
https://karamatsu-soap.com