7月も後半になり、連日の真夏日で少々疲れ気味になっている今日この頃・・・。
 
 「最近の小学生の女の子はおしゃれだねぇ?」などと耳にすることがよくありますが、我が家にはその渦中の小学5年生の娘がいます。
娘を見ている限り、おしゃれを意識している傾向は全くないようです。
 
 娘の服の好みはかなり偏っているような気がします。
 5歳くらいまでは、妻と喜んで服を買いに行き、フリフリ付きとか、レース付きとかかわいい服を好んで来ていました。
 が、いつからでしょう、娘はまずスカートを全くはかなくなりました。
最後に着たのは、幼稚園の卒園式で着ていた幼稚園の制服ではないでしょうか。
 
 小学生に入ると、「服買いに行くよ」と妻が言うと、
「ええ、ジャージでいいから買っておいて?」と、買いに行くことをめんどくさがり、
一番のお気に入りの服がジャージとなっていきました。
 
 それ以外の服を買うときも、「無地がいい」とか、「余計なものがついていないのがいい」などとシンプルなものを選んでいます。
 
 「娘が生まれたら、かわいい服をきせるんだぁ!」と意気込んでいた妻からしてみれば拍子抜けの現状です。
「スカートはかないの?」との妻の提案にも、「絶対ヤダ」とのこと。
 
 さらに、最近娘は、真夏日が続いても、短パンやハーフパンツなどを一切はかなくなりました。
基本は通常のジャージのズボンです。
 学校に行くときは、わざわざ上のジャージも着ていきます。
 小学生になったころは、5月にもなると、「まだ短パンはいたらだめなの?」とか、「Tしゃつだけでもいいよね?」などと、気温も20度いかないころから騒いでいたはずなのですが・・・。
 
 「暑くないの?」と聞くと、「別に暑くない」と回答し、ジャージ上下のスタイルで登校しています。
 たしかに、ジャージは動きやすいとは思いますが、決して娘は体育会系というわけではありません。
かなりのインドア派です。
 
 妻も、「娘の服選びがつまらない」とややあきらめ気味ですが、
それでも、「これかわいいんじゃない?」といろいろ進めるものの、「興味がない」と一刀両断にされています。
 
 今後娘はおしゃれなどに目覚めることはあるのでしょうか?
 まあ、私が人のことを言えた義理ではなく、毎日上下ジャージで学校には行っていたのですし、夏場、外に出るときは膝を出す服装にはまずなりませんね。(おや?これは遺伝か?)
 
 それでも、娘は毎朝寝ぐせだけは自分で直しているようです。(親に隠れるようにして・・・。)
 
↓↓↓カラマツエキス配合の唐松石鹸!!
「唐松石鹸のお店」はこちら!!
https://karamatsu.soap.com