やる、やる詐欺になっていた
オイルホルダーをやっと作り終えた。
 
いつもはブラック&ホワイトだけど、
今回は3名なのでピンクでつくってみた。

やっぱりmarimekkoの生地はかわいい。
 
8月からスタートしたセラピストコースだが、
やっと渡せます。
 
よろこんでくれるかな。楽しみです。
 
魔法の香りでは、
セラピストコースを受講くださる方に、
 
トリートメントオイルのボトルを入れるホルダーをプレゼントしています。
 
ボディーから極力手が離れないようにする工夫
の一つがこれになります。
 
●どうしてホルダーが必要なのか?
 
セラピストコースが気になる方は、
無料説明会をしていますのでお問い合わせください。
 
12/16 
10:30〜
14:00〜ご予約いただけます。

【お問い合わせ・ご予約フォーム】

私のアロマルームに来られるお客様は、
究極に疲れている。
 
真面目でサボることができない性格、
こうと決めたらとことんやらないと気が済まない。
 
そのためなかなか
休むことができない。
 
そんな方が
魔法のアロマトリートメントを受けると、
 
体全体が一気に「脱力」し、
終わった頃にはスッキリする。
 
 
私の教室のアロマセラピストさんは、
この体験により、
 
私もセラピストになりたい。
と思うん方が多い。
 
 
だけど全く畑違いなために、
本当にできるのだろうか?
と不安になる人が中にはいる。
 
そんな人は、まず「リラックストリートメント」
から初めてもいいと私は思っています。
 
 

●セラピスト志望だけど
本コースに進むのはまだ少し自信がない、
という方以外にも、
 
●セラピストだけど
サロンメニューを増やしたい
と思っている方にも向いています。
 

昨日は、
現役アロマセラピストさんが、
 
リラックストリートメント
を受講してくれましたが、
 
お子さんやご主人、身内の方などの、
疲れている体を緩めてあげたい。
 
だけどどうするばいい?
とトリートメントの方法が
わからない方にもオススメです。
 
ぜひ、
セラピストやトリートメント
に興味のある方は、
 
「リラックストリートメント」
をご受講ください。
  
こちらの講座は、
 
ナードアロマアドバイザーの資格
をお持ちの方ならどなたでも、
ご受講いただけます。

 
【トリートメントのご予約・お問い合わせ】
▼アクセスください
▼アクセスください
人前で話すことに
全く抵抗のない人と、
 
聴講者がたとえ一人でも
緊張する人がいる。
 
私の場合後者だ。
 
 
子供の頃は学級委員長をしたり
生徒会に入っていたりして、
 
人前で話すことが
大好きだったけど、
 
黒板に字を書いた時、
漢字が書けなくて恥をかいたこと
をきっかけに一変した。
 
人前に立って、
また笑われたらどうしよう。
 
その日を境に、
 
元気いっぱいで
前に出たがる性格から、
 
目立たなくしようと、
内向的な性格に変わった。 
 
 
昔おとなしかった人が、
今は会社の社長をしているとか、
 
番長だった人が
ヘルパーさんをしているとか、
 
性格は、環境の変化や付き合う人
などで変わることがある。
 
いまの、
自分はどんな体質なんだろう?
 
 
私のアロマの教室では、
自分の体質を見つけると言う
レッスンをしています。
 
内向的で人前に出るのが
好きでない私は、
 
ユーカリのラディアタ種の
香りが大好きです。
 
外交的で自信家で、
どんどん前に出ていく友人は、
 
ユーカリのレモン種の
香りが大好きです。
 
そしてお互いの好きな香りを、
お互い苦手とします。
 
 
魔法の香りで
アロマを学んでくれた人で、
 
当時人間関係に悩んでいたが、
今ではうまくかわせるようになった
人がいる。


それは、それぞれの体質を
理解したからだ。
 
●内向的で前に出れないリンパ質。
●内向的だけど前に出ないわけではない黒胆汁質
●私に任せておけば大丈夫、外交的な胆汁質
●楽しもうよ、楽しくないともったいない多血質
 
香りで体質をしる方法を
身につけませんか?
 
2020年最後の体験講座は
12/16です。

●午前の部10:30〜 ご予約済みです。
●午後の部14:00〜
 
【ご予約・お問い合わせフォーム】
▼アクセスください。
 



ハーブを習い始めた頃、
 
ローズマリーは
抗酸化No.1ハーブ!
 
と書いてあるが
意味がわからなかった。
 
だけど最近それがわかるようになり、
なるほどーと腑に落ちた。
 
 
緑茶にも抗酸化作用
が期待できるが、
 
家で飲む緑茶は、
特保のお茶にはかなわない。
 
 
「なるほど」と納得できることは、
成分を細かく見ていくことに繋がると
私は思います。
 
本日の香り子の日記は、
アロマやハーブを効果的に
取り入れるなら、
 
植物の化学成分
「フィトケミカル」を知ること。
 
と言うお話です。
 
【香り子の日記を読む】
▼アクセスください。
愛媛の生徒さんから
施術記録カードが届きました。

このシートは、
自分がどんなことに気をつけて、
 
トリートメントさせてもらったかを
書い留めておくものです。
 
例えば
●お客様のトリートメントに関する希望。
●トリートメント中に気づいたこと。
●トリートメントの反省点  などです。
 
始めた頃は、
トリートメントをこなす事で精一杯で、
 
お客様への配慮が
疎かになってしまいますが、
 
回をこなすごとに、
細かい配慮も出来るようになりました。
 
 
トリートメントのご希望が
リラックスとおっしゃるお客様に対して
のホームケアアドバイスで、
 
お風呂にゆっくり入って疲れを取るように
バスオイルのレシピをご紹介した。
 
フランキンセンス、ローズウッド、
グレーフルーツ、マンダリン
をご紹介した。とありましたが、
 
反省点として、
 
柑橘系は肌に刺激
を与えるかもしれなかったので、
避ければよかった。
 
カモマイルローマンやラベンダーの方が
良かったかもしれない。

と書かれていて、
精油の知識もしっかり身について
 
安全な使い方も
ご提案できるようになったと
嬉しく思います。
 
アロマセラピストコースは基本
トリートメントの手技と解剖生理学
を中心に学ぶので、
 
精油については
さらに掘り下げることはありません。
 
でも私は、アロマトリートメントは、
精油のことをしっかり理解していないと
出来ないと思っています。
 
だから、魔法の香りでは
セラピストで学ぶ精油をしっかり
おさらいします。

おうちでも実践してもらえると
主訴の緩和に一層役立ちます。
 
魔法の香りでは、
 
自分で考えて
しっかりアドバイスのできる
アロマセラピストを育成しています。
 
 
手に職をつけませんか?
 
2020年最後の
メディカルアロマの無料体験会は、
12/16  10:30〜  14:00〜
 
お申し込みは
問い合わせる◀︎アクセス下さい



花の香りは臭いにおいがないと、
いい香りにならない。
 
香水作りでは雑巾臭や靴下臭を
微量入れる。
 
そんな話を聞いた時、
衝撃だった。
 
 
だけどイランイランやプチグレンなど、
単体だとクセのある香りは、
 
ブレンドするといい香りになるから
不思議だ。
 
本日の香り子の日記は、
香水作りには臭いにおいが欠かせない。
 
というお話です。
 
【香り子の日記を読む】
▲アクセスください。

弟を呼びつけした時、
そばに母がいた。
 
ものすごい剣幕で、
○○君と呼びなさい
と叱られた。
 
母親は息子がかわいいと言うが、
 
息子がいない私には、
その可愛さがよく分からないが、
 
生徒さんたちの多くが、
息子は特にかわいいと言うので、
 
息子を持たないと
分からない感情なのかも知れない。
 
 
本日の香り子の日記は、
眠っている意識を引き出す、
HIKARIスピリットカードで、
 
受講生さんに
私の潜在意識を引き出してもらった
と言うお話しです。


 
【香り子の日記を読む】
▼アクセスください。
 
肉という肉が苦手だった子供時代、
母が作るハンバーグやカレーライスが
食べれなかった。
 
○○シンハンバーグやレトルトカレー
だったら食べれたけれど、
 
それは滅多に、
食べさせてくれなかった。
 
ウインナーは色がついてなくて、
親指みたいで怖かった。
 
当時はタコさんウインナーが
食べたかった。
 
でも、大人になってからは
母の添加物に対するこだわりが、
 
今の自分の仕事につながっていて、
本当に感謝している。
 
 
本日の香り子の日記は、
メディカルハーブを取り扱いたい。
 
という問い合わせに対し、
戸惑いを感じた。
 
というお話です。


【香り子の日記を読む】
▼アクセスください。

アロマセラピストを目指している人に
必ず言うアドバイスは、
 
トリートメントを受ける事です。
 
 
受ける側に立つと、
セラピストの手技を体感して
自分の手技を見直せるからだ。
 

魔法の香りで開催している
セラピスト勉強会は、
 
 
苦手な手技を
モデル役のセラピストが、
 
正直な意見を言い合う事で、
改善できる場になっていると思います。

 
 
今回は、
 
先輩セラピストから受ける
デコルテのナックリングが気持ち良すぎるから、
 
自分も上手くなりたい、
という参加者のナックリングが、
 
頑張って練習しても
ドラえもんの手になることに、
 
参加者全員が大笑いして
癒された。
 
と言うお話です。
 
アロマセラピストを目指している方は
ぜひお読みください。
 
【香り子の日記を読む】