前のこのブログのその後になります。
ちょいとお台場に行っていたりして時間が空いてしまったのだけど…。


母親とのことを相談した訳なんですけど、後日、母親が家に来る機会がありました。
いつも愚痴ばかりなので嫌だなと思っていて、その事を弟に話してみたのですが「もう高齢だし、思ったことがそのまま口に出ちゃうんだよねー」と。


まぁ、そうなんだけども…と思いつつ、しっくり来なくて💦
母親といつも通り話をしていた時に母親は脚が悪くてちょっとの時間を歩くのも辛い事、仲間とご飯とか行きたいけども、仲間が同じ高齢なので車で出掛けるのは危ないから行けない。と。



で、ふと思いました。母親は行動範囲がとても狭まってしまっていて、母親が見えている風景って私が見えている風景のほんのちょっとなんだなと。
人も家族か近所の人だし、出掛けるのも買い物にいってやっと歩くくらいだよなと。



楽しいことをしたいと思っていても動けないんだな。


と思いました。だから愚痴になるんだろうなと。
ならば私がちょいと何処かへ連れていけばいいのか❗
…今まで母親に愚痴られるのが嫌で一緒に出掛ける事をしてこなかったのでした。


なので、我が家から近場のバラ園に連れて行きました。
やはり脚が悪いので10分歩けば脚が痛くてしんどい模様でしたが「ありがとう」って言ってました。「脚が悪くなければ色々行けるのに」とも言ってました。















脚が悪くて歩けない事がマイナスな気分になっているひとつ(他にもあるとは思うけども)なんだなとわかりました。



まぁ、愚痴は嫌なのでスルーはしますが、母親が楽しめそうな事を探してみようかなって気持ちになれました。



ウロコロンに行ったお陰で見方が変わりました照れ