東京から地方へ嫁ぐ…卒花嫁日記*2018夏ウェスティンホテル東京
  • 13Jun
    • 当日レポ[13]トラブル乗り越え再入場

      久しぶりにブログ更新して同じ時期にプレ花嫁さんだった子たちがみんなマタニティな感じになっててビビりまくってるぽんたですさて!いきまーす!お色直しのドレスが苦しくてしょうがない。着付け直しても良くならない。でも時間は刻々と過ぎていきます…そこで選んだ解決策、それはブライダルインナーを脱ぐ!!!おいおい。4万だか5万だか出して買ったセモア脱ぐんかーーーーい!!!って感じだけど背に腹は変えられませんウエストニッパーを脱いだら、なんとか行けそうな感じだったので再び披露宴会場へ。(「お前が直前に太ったんやろ?」と思った読者の皆さん、ちょっと待ってください、この話まだ続きがあるのです…)生花のお花にバラのブーケ。サーモンピンクのフリフリドレスは、タカミブライダルのサーモンピンクパルファン。ヘアチップでロングにした髪。普段の自分からは想像しづらい姿に変身できてなかなかアガる装いです中座の入場曲は大好きなgo!go!vanillasのおはようカルチャーところでほら!背中見てください?皆さんもうお忘れかもしれませんが。私は肩から背中にかけて大きめのあざがあって、これを特殊メイクで隠してドレスを着たのです全然わからないでしょ?カバーメイクについてはこちらこのドレスおしりふりふりで楽しかったですそしてそして中座中にもこんな可愛い写真を撮ってくれていたグランプラスのカメラマンさん、感謝再入場のあとは、各テーブルでのフォトラウンドですグループが2テーブルに分かれてたりするのですが、わがままを言って、テーブルごとじゃなくて、グループごとに撮れるように調整していただきましたなのでこんな感じでテーブルじゃなくて空いているスペースで撮ったりカメラマンさんがうまく誘導してくれてありがたかったですバイト仲間のところに来た時急にヤバTのハッピーウェディング前ソング歌われてキッス!キッス!みたいになったのに驚き過ぎてキッスできなかったのが悔しかったです。くそぉそのあとテーブルに戻って一瞬だけど飲んだり食べたりできました酒を煽る花嫁。正統派ホテルウエディング!上品に!とか言ってたの誰やねんって感じですねwwつづきます。

  • 30May
    • 当日レポ[12]ケーキカット、中座、からの第二の事件

      こんにちは、ぽんたです当日レポって気がつくと書く気失せてますよね。笑実は昨日義理のお母さんと会いまして義理のお母さんのお友達のお嬢さん?がウェスティンで結婚式を挙げるということでセモアのブライダルインナーを貸してたのですそれが返ってきて、メッセージカードやらお礼のプレゼントやらいただいて嬉しくて…しかもお部屋も同じギャラクシーだったそうで…ご縁だなーとか思ってたら思い出したんですよね。当日レポ書いてねえな。と。で、たまに開くとなんか定期的にちゃんとアクセスがあるんですよね。。こんなペースですみません。アメンバー申請無視しちゃってる方とかもいそうですねずびばぜん…さて当日レポの続きいきますよ!奇跡的にちょっと書き溜めがあったぞ!笑続いてケーキカット!生ケーキだから、ド派手なちょー大きいやつにはできなかったけど充分ホテルウェディング感が出てて満足ナイフのお花はなくても別に大丈夫でしたね特に指示しなかったけど、ケーキの前におおきな百合を置いてくれたので満足!ユー花園の私の担当さんは本当にプロ意識が高くて有能ですファーストバイトはスタンダードにやったのですが…彼が食べさせてくれた一口がめっちゃ小さい!!!もっと食べさせて!!!ってな感じで2口目も食べたら「セカンドバイト!!」という野次が飛びましたwお料理のサーブも進む中、続いて中座です誰と歩くか、散々悩んだ中座。親友?上司?叔父叔母?と悩みに悩んで陰キャな兄と、兄のお嫁さんと歩きました。お兄ちゃん大好きなんですが、目立つの嫌いな性格なんです。自分の結婚式すらやってないしだから引っ張り出すのもどうかなぁと思ったのですが、まぁ友達とか一人選ぶと角が立つので兄にしときました妥協感後から写真を見返すと私はなんか結構ご機嫌でニコニコ歩いてたんですが兄はところどころゴルゴ13みたいな表情してましたねそしてそれ以上に義姉がクッソ真顔でしたいや私が悪いんです…妊婦さんだったのに。。兄と二人だと華がないからお願いしたけどやめときゃよかったなこれ結婚式で唯一の後悔かも。反省。自己中でした…いつのまにかウエディングハイになってたんだな…とまぁこの時はそんな事は考えておらずカラードレスへお色直しスタート生花の髪飾りここで、着付け中のお腹ギュルギュル事件に続き、二つ目の事件発生。なんだかわからんけどドレスがめちゃくそ苦しいとてもじゃないけどこれじゃ無理。スタジオ写真撮影だけやったけど苦しくて苦しくて…苦しい、と言って、何回か着せ直してもらっても無理。タカミの試着じゃこんなことなかったのになんで?!?!お色直しの時間は刻々とすぎていきますとにかくなんとかしなければ。。。

  • 05Feb
    • 当日レポ[11]乾杯、そして親友からのプレゼント

      えー残念ながら去年書いていた書き溜めは前回の記事で終了しましたここからおぼろげな記憶を頼りに駆け足レポしていきたいと思います祝辞が終わり次は乾杯の挨拶です。彼の会社の偉い方が挨拶してくださったのですが…こんなにステキな会場を用意してくれた式場のスタッフの皆さまに感謝しましょうハリーポッターみたいですね?!素晴らしい!!ってな感じで会場を褒めてくれたので嬉しかったそして、乾杯!!!乾杯酒はグレードアップしたモエシャンドンですゼクシィショットも忘れずそして最初の歓談タイムなのですが…メインテーブルに行列みんな写真撮りにきてくれるんだけど。やっぱ120人も呼んでると行列。当たり前か後から友達に、ディズニーみたいになってたよと言われましたキャラグリ?そして、ブログにも何回か登場してる大親友がメインテーブルにやってきました親友(大声で囁く)「ぽんた!ぽんた!」わたし「あー!!きてくれてありがとう!!」親友「これ!!!」その手に握られていたもの、それはビニール袋に入った下痢止め最高か?愛してるわたしの「ラストトイレはタイムきたもうむりだ」(過去記事参照)発言を聞いて慌てて買ってきてくれたのです。とりあえずその場で飲むわけにはいかないのでお尻の下に隠しましたwそして旦那さんを押しのけて写真を撮って帰っていきましたw隙を見て介添えさんに「ちょ?ちょっとこれ預かっててください!!」と声をかけた時の不審そうな顔が忘れられません結構クールってか、淡々としてる介添えさんだったんだけど「下痢止めです」って言ったら、「い、今ですか?!お腹痛いんですか?!」とか驚いててギャップが可愛かったですね(何の話これから結婚式あげるみなさん!お腹に自信がない方はお守りに下痢止めもっとくといいですよ

  • 03Feb
    • 当日レポ⑩主賓のことば

      えー、私の主賓ですが。新卒からずっと面倒見てくれた上司。私のことを絶対管理職にする、と自分の全てを注ぎ込んで育ててくれた、そんな上司です。祝辞以外で、最後まで、結局おめでとうって言われなかったな。笑この結婚、退職で、本当に落胆させてしまいました。でもそれくらい私のことを熱心に思い、期待してくれていた人で、プライベートでも一緒に釣り行ったり、スキー行ったり、ただの上司と部下の関係では語りつくせないものがありました。そもそも私がブログで使っている「ぽんた」は、この上司がつけたあだ名です(ローソンのたぬきに似てるからw)そして、この上司めちゃくちゃ口が悪く、あがり症正直、どんな禁断のエピソードを暴露されるかと震えてました。笑そもそも…1ヶ月前上司「もしもし?ぽんた?俺だけど。いやもうさ、お前の結婚式何話していいかわかんねえよ。」2週間前「もしもし?いやさ、今日別のやつの結婚式で、ぽんたの時の練習のつもりでスピーチしたんだけどよ、めちゃくちゃ緊張しちゃってぜんぜんだめだったわ。なんかみんな見てるんだもん」1週間前「もしもし?俺ほんとむりだから。言っとくけど紙見るから。」前日「ぽんたおまえ、平成何年入社?!何年働いたっけ?!異動したのいつだっけ?!今何歳だっけ?!」必死か?笑こんな電話かかってきたら不安にもなるわ!!!笑しかも彼の主賓の方…さすがマスコミ関係の偉い方、ま〜〜〜〜話がうまいこと。適度なユーモアも交えつつ、彼を持ち上げ、そこそこな時間で上手に切り上げて下さり素晴らしかったですそして私の主賓のターン。緊張のせいなのかいつになくしんみりした様子で。よくわからない小笑いをはさみつつ、私がとにかく覚えているのはこんな話です。自分が教えることをすぐに吸収して、それ以上の結果を持ってきてくれた公的資格も何個も、全て一発合格で、この会社に30年勤めているけど、こんな子はじめてだなっていう風に思っていた自分のスキルを全て叩き込んで、管理職に絶対にしようと思っていたし本人にもそう伝えていたでもやっぱりそれは夢なんですね夢は夢で終わったんだなぁって思いますと、言ってました。おめでたい席で、「内心祝ってないなこのオヤジ?!」って感じの内容ですけど私はそれで良かったです。就職してから特に最初の4年間は、本当にプライベートも犠牲に、脇目も振らず仕事してきてこの上司がいつも私に、目標と、頑張る力をくれました。こんだけ評価してもらって、こんだけ惜しいと思ってもらえるなら社畜人生報われたなーっていうか。祝辞らしくない祝辞だったけど定型文じゃない心からの想いが伝わってきて、私は嬉しかったです。何より私も、この上司と仕事をするのが本当に好きだったから改めて、相思相愛だったんだなぁと感じられて、嬉しかったです。続きます。

  • 26Jan
    • 当日レポ⑨いざ披露宴!

      披露宴会場の前で入場待機[Alexandros]のムーンソングが流れはじめてウェルカムムービーが上映されますそして同じく[Alexandros]のワタリドリ!私たちのリクエスト通り、がっつり照明演出フェス好き夫婦ということを知っている演出担当の方が「ライブみたいに、楽しく!」と、会場を盛り上げてくれました。ドアオープンして入場!大きなBGMに負けないようにキャプテンが「お進みください!」と叫びわー!ほんとにはじまっちゃった!と不思議な感じになりましたみんなの間を練り歩きながらメインテーブルに向かうのですが彼の歩くのが早い!!!じゅうたんは想像以上に歩きづらく何度もドレスが引っかかったり転びそうになったりしました。。彼があまりにも早いので「待って待って!」「早い!」とか小声で言ってたんですが…後から友人に「あんたささやき女将みたいになってたよ」と言われ爆笑しましたそしてメインテーブルに到着。メインテーブルに座ると本当に不思議な気持ちになりました。普段見ることはない景色たくさんの人が自分たちのために集まってくれてるんだなぁという事実が…実感あるんだかないんだか、わかんないけど心の中に流れ込んできて。そして何よりもメインテーブルから見た流しテーブルが本当に本当に美しかった。悩んだけど、お花のお金もすごくかかったけど、こだわりを捨てなくてよかったと心から思える景色でした。この時には空間を楽しむ余裕もあってひとりひとりと目を合わせたりできるようになっていましたウェルカムスピーチは2人で話しました彼「本日はご多忙の中、また遠方より私たち2人のためにお集まり頂きありがとうございます私たちは先ほどホテル内のチャペルにて滞りなく挙式を終えました本日は日頃お世話になっている皆さまへの感謝の気持ちを込めてこのような席を設けさせていただきました」私「限られた時間の中、至らない点もあるかとは存じますが、楽しい時間をお過ごしいただければ幸いですそれでは、お開きまでどうぞよろしくお願いいたします」こんな感じです。さて、続いて主賓のご挨拶、乾杯です。

  • 23Jan
    • めちゃくちゃおひさしぶりです

      え?3ヶ月ぶりの更新…うそやん…みなさんご無沙汰してます。特に何もなかったのですがめちゃくちゃ久しぶりになってしまいました。そもそも、お父さんがいない花嫁さんもバージンロードを好きなように歩いていいんじゃない?ってことを伝えたかったのと、こだわった会場装花を公開したかったのと、その2点の記事が終わったのでなんか満足して突然めんどくさくなってしまいました。小声。でもあんまりにも半端だから、鬼ダイジェスト版になると思うけどのんびり更新していきたいと思います。そしてごめんなさい3ヶ月も放置してたのでおそらくその間にたくさんメッセージやらアメンバー申請やらいただいてたと思うのですが見てませんでした。。。「おいぽんた無視してるよ」って人いたらもう一度おねがいします…(アメンバーはプレ花嫁さんなら基本承認、他ジャンルの方はメッセージください!なんらかの共通点があれば承認いたします)最近は静岡暮らしにもすっかり慣れ、のんびりまったりやっております。この間、旦那さんの親友夫婦が結婚式を挙げたのですが、それに私も呼んでもらえましたそこでの旦那さんとの会話…受付が終わり…「あっ」「なに?」「席次表にメニューがのってる」「ほんとだね(ウェスティンのメニュー表が300円で死ぬほど悩んだのおぼえてんだな)」そして挙式前…「ねえねえ」「なに?」「この音楽生演奏かな?」「うーん?弾いてる人も見えないしBGMっぽくない?「けちんぼ」けちんぼて旦那さんは結婚式に対するピュアな気持ちをすっかり失ったようですしかしながら超センスのいい和婚で素敵だった鏡開きじゃなくてお餅つきのセレモニーとかやってておもしろかったそんな感じで楽しくやっておりますきっとまた近々更新します…きっと…

  • 14Nov
    • 当日レポ⑧思い描いた夢の空間

      さて披露宴フロアに到着ですご来賓は待合室でウェルカムドリンクを飲んでいます。待合も広く使わせてもらえて助かった…特典の馬のぬいぐるみとモエのグラスは受付に飾ってもらいました晴れ着で受付してくれる親友…(しかも二人とも美人)本当に感謝!さて、みなさまにお待ちいただいてる間に、会場の確認を行います。一歩中に入り、本当に感動しました。自分で言うのもなんですがちょっとこれはすごいなと。笑ギャラクシーAだけでも140名キャパの会場なのに。さらに拡大してギャラクシーABという広い空間を使わせてもらったのに。全く寂しくなく見劣りしない壮大な景色が広がっていて。基本的にコーディネートは私任せだった彼も「すげえ何これかっこいい」と言ってたのでしてやったり。って感じでしたwカルピス大好きな主賓のために用意した特別持ち込み品もちゃんとセットされてましたその後、隣にある控室で20分ほど待機。司会者さんが電報を持ってきてくれたり。プランナーさんが会いにきてくれたり。ウェルカムスピーチの練習をしたり。わたしは挙式という山場を終えホースパレードでテンションも上がりまくりましたが彼はウェルカムスピーチ&謝辞のプレッシャーにやられ相当ピリついていました。笑二人でキャッキャしたかったけど現実はこんな感じです男の人も大変だな。そしていよいよ入場待機です。

  • 07Nov
    • 当日レポ⑦ウェスティン名物ホースパレード

      ホースパレードには挙式には呼べなかった人も呼んでいました!こんな感じで付箋を同封してお誘いしてました会社の仲良いメンバーたちや人数の関係で呼べなかった友人たちホテルの外に出るとみんながブワーッと並んでくれていて馬車がスタンバイしていてみんなのテンションも高くてこっちも楽しい気分にww皇室の人みたい!!とか笑い声とかいろんな声がわーわー聞こえてきてかなり楽しかったwよいしょっ!!と苦労して乗り込みなんとなくエレガント風ww馬車効果!笑そしていよいよ出発〜〜!した瞬間にクッソ早いみんな「はやっ!!」「はやっ!!」と口々に言ってましたwあれじゃ写真撮る間もないなwwアクセルベタ踏みな感じですそのままその辺を少しパカパカ走るのですが普通に車も走る道なのでものすごい追い越しづらそうに追い越していくタクシーとか信じられないみたいな目でこっちを見てくる幼稚園児とか改めて何やってんだろうって気分になりましたwwホテルの方に帰ると「アハハハハハハ!!!!」という声が聞こえてきて彼の友達が、笑うためにまだ待ってましたwwわたしの友達も写真を撮るために待っててくれたりしてありがたかったです馬車の乗り降りの時はブライダルシューズが見えるようですね隙のない花嫁様ならジミーチュウやルブタンがチラ見えすると思うのですがわたしはタカミブライダルの五千円のレンタルですその後、披露宴会場のフロアに向かいます

  • 06Nov
    • 当日レポ⑥誓いの儀式

      こんにちは。旦那さんに見事に風邪うつされてたぽんたです。わたし体めちゃ丈夫なのですが、1LDKでセミダブルベッドじゃさすがに移るし、二人してかかってたらなかなか治らないよね…書き溜めてた分から再開します!コメントの返信はゆっくりさせていただくので少しお待ちくださいさてさて、挙式のメイン誓いの儀式です実はすっごく心配なことがあって。それは、彼は声がめちゃくちゃ小さいんです。どんくらい小さいかというとレストランで店員さんを呼ぶ成功率15%くらいって感じです。なので「はい、誓います」が小さくてみんなに聞こえないんじゃないかとかなり心配だったんですよね。そして本番…神父様「常に妻を愛し、敬い、慰めあい、あなたの妻に対して、堅く節操を守ることを誓いますか?」彼「はい!誓います!!!」とチャペルに響くような大きな声で答えてくれたので無防備だったわたしはまた泣きそうになってしまいました普段はどっちかというと私がしっかり者ですがビシッと決める時はきちんと決めてくれるところが好きなところなんだよなぁと改めて思いましたリハーサルでは、バッチリ反対向きにはめてくれた指輪も本番では正しくつけてもらえましたw誓いのキスの前にベールをきちんと直してご新婦さまの顔が見えるように!!と、スタッフさんか、口をすっぱくして言われていた彼はベールをあげる→肩のほうにファサッと流す→整えるという流れだったのにベールをあげる→整える→肩のほうにファサッと流す→整える→一瞬考える→また整えると、どんだけ整えるねんってくらいちゃんと整えてくれましたw誓いのキスはベーシックに唇にしましたその後結婚誓約書にサイン。日本語で書くみたいな話だったのに、突然オシャレぶって筆記体で書いたので戸惑いました退場の時は本当に肩の荷が下りた気分でめちゃくちゃ笑顔炸裂で退場しました。入場の時は見られなかったみんなの顔を見ながらでも本当一瞬のことで誰がどこに座っててくれたとか意外とわかんないもんだったな…持ち込みしたフラワーシャワーも青でよかったかなって感じでした。そのまま親族集合写真を撮影。いよいよホースパレードへ向かいます…

  • 29Oct
    • 当日レポ⑤亡き父と歩くバージンロード

      いよいよ挙式が始まります。ブログにもいくつか記事を書いたりしましたが、お父さんの遺影の写真を持って歩くと決めたもののやっぱりリアクションが不安で。そして集まってくれた友達の顔を見たら絶対泣いちゃうと思って。絶対泣かない絶対泣かない絶対泣かないと自分に言い聞かせます彼が先にチャペルに入ると笑い声が起きて、少しリラックスできました入場の時はとにかく泣かないみんなの顔は見ない!笑と決めて少しうつむき気味で歩きました最初はブーケを持ってドアの前に立ちドアオープンそのままチャペル内へ進みますそして母にベールダウンをしてもらいそのタイミングで、スタッフさんにブーケを預け父の写真を持ちますウェスティンのバージンロードは決して長く無いんですが結果的に、本当にこの長さで良かった…と思いましたこれ以上長かったら泣いてた気がします。。彼の元へ到着し彼が父の写真に向けてお辞儀をしますそこで母に写真を預け、父の写真は席に立てかけわたしはブーケを受け取りました。彼と並んで立つと「あぁ、ちゃんとできたんだ」という安心感が襲ってきて、心の底からホッとしました。これでよかった、という気持ちでいっぱいになって緊張が少しずつ解けていきました。のも、束の間涙を精一杯堪えていたわたしですがBGMが鳴り止んだ瞬間わたし側のゲスト席からのズルルルルル!!!ズズズッ!!!という激しめのすすり泣きのサウンドが聴こえてきてきっと事情を知ってる友達が泣いてくれたんだなぁと思うとうわーーーーーともらい泣きしそうになりましたでも、ここで泣いたら台無しだ!!と我慢我慢我慢…していると…涙は出ないけど鼻水だけ出てくるという現象が発生お祈りの時に頭を下げるも鼻水が垂れそうになって必死にスンスンすすりますこれはやばいこれはやばいとテンパっていると誓いの儀式の前にグローブを外したりするとき、スタッフさんがガーゼを差し出してくれました!!まぁわたしがスンスン言ってたから泣いてたと思ったんでしょうねあざす!!って感じでシュッと鼻をかんだのでスタッフさんも「え?そっち?」と思ったことでしょうさて、次は誓いの儀式です

  • 28Oct
    • 当日レポ④親族紹介、そしてチャペルへ

      スナップ写真撮影を終えて、親族控室へ。やっぱり親族の前に現れるのはなんか照れ臭い!こんなちゃんとした家族写真なんていつぶりだろう?DIYした額に父の写真も収まっています。母の留袖もタカミブライダルでお借りましたいとこの子供が、お姫様を見るような目で見てくれたのが嬉しかったwwそのまま親族紹介をする別のお部屋へ。親族控室が、新郎新婦にそれぞれあって、親族紹介のお部屋も別にあるスタイル親族紹介の進行は、親族紹介を始めさせていただきます新郎家のみなさま自己紹介をお願いします新婦家のみなさま自己紹介をお願いします本日は誠におめでとうございます程度で、あとは皆さんが名前と関係を名乗る感じでした結構フリースタイルやな。てか、新郎新婦は名乗らないんだね、当たり前か?笑笑そしていよいよ挙式へ向け、母とリハーサルをします。ここがわたしの緊張マックスのところでした。結婚式で一番悩んだところ、バージンロードをお父さんの遺影を持って歩くこと。様々な葛藤がありながらも、ついにその時が来るんだなぁと思うと不安だなあとか、どう思われるかなあ、とか本当に緊張していました。リングピローは式場で無料でお借りしたもの。わたし全然いいよこれでwwwさぁ、チャペルへ向かいます。

  • 26Oct
    • 当日レポ③フォトジェニック!

      前回の当日のブライダルインナー自分で着るのか問題想像以上に反響がありびっくり…!!着せてもらった方も自分で着た方もいるみたいなのでプレ花嫁さんで心配な人は是非確認してみてくださいね〜さて、レポートに戻ります式場内の写真撮影ではわたしが「撮りたい!」と希望したプロポーズショット(とりあえず花嫁たるものひざまずいてほしいみたいなとこある)欠かせない大階段での写真なんか盛れた感じのピンショットなど憧れの写真が納められていきます死ぬほど適当にアクセサリー大橋で選んだベールだけどなんかフヮンフヮンしてて可愛い気がするので良かったとおもいました(小並)こうやって写真を撮られているとわたし今日本当に花嫁さんなんだー!という実感がじわじわ湧いてきます。しかし、写真撮影中ずっと抱えていたモヤモヤそれはドレスが苦しい…直前に7号が5号になったせいもあるんでしょうが…そもそもブライダルインナーがやっぱりしっくり来ていない痛いところが骨に当たっている。。特に、床がカーペットのせいか歩くたびにドレスが引っ張られて余計につらかったです。ということで、撮影後、お支度部屋にバタバタ戻ってインナーを緩めたり、あーだこーだと再調整してとりあえず耐えられるくらい、少しマシになりました…冒頭のトイレで出ない腹痛とブライダルインナーの痛みを微妙に不安に感じつつ…親族控室に向かいます

  • 25Oct
    • 当日レポ②想定外のことからのファーストミートへ

      お腹に爆弾を抱えながらドレスの着付けがスタートここで本当に「えっ!」と思うことが起きました。わたしのブライダルインナーはタカミブライダルでも推奨のセモア。タカミブライダルから購入してるので45000円のブライダルインナーですお高いです。けど、試着の時からセモアの補正力を実感していたので購入しましたタカミブライダルでの試着では、まずセモアを着せてくれてからそのあとドレスを着せてくれます。わたしは当然本番もそうだと思っていたんですが、まさかのブライダルインナーは自分で着るというスタイルでした。まあ着付けはハツコエンドウの美容室なので、セモアだろうがなんだろうが知ったことではないのでしょうタカミブライダルでは「ここをおさえてください」「わたしの方に体重をかけてください」などと細かく指示して下着をつけてくれて最後にスタッフさんが胸をきっちり寄せてくれていたのに…こんなことなら言っといてくれればつける練習したのに〜なんとなく「こんな感じ?」と記憶を頼りにブライダルインナーを身につけましたが嫌な予感的中で、これが後でトラブルになるのでした…ドレスの着付けも終わりお支度中のショットも無事撮ることができました背景事務的だな〜笑笑さて!いよいよファーストミートです。美容室の出口で、彼が背中を向けてわたしを待っています。そこに向けて一歩一歩歩く…が、週刊誌のパパラッチかのごとくめちゃくちゃカメラを構えられているのでどんな顔したらいいねんwwwって感じがします。そして彼の肩をトントン。振り向く彼。「お。」お。じゃねえよと思いつつスタジオ写真や、式場内の写真撮影に移ります

  • 24Oct
    • 当日レポ①いきなりトラブル

      2018年7月8日… 結婚式当日。前の日は二次会のBGM決めで結局夜中の2時に就寝。6時起床。明らかな寝不足だけど眠気は感じませんでしたシャワーを浴びて朝食へウェスティンの朝食は基本的には洋食ブッフェなのですが、日曜の朝限定で和食ブッフェもあるのでそちらに行きました。洋食みたいにたくさん種類があるわけじゃないけどすぐドレスも着るし、披露宴では食べられるかわかんないけどフレンチなので和食をチョイス人がほとんどいなくて落ち着いて食べられたのでよかったそのあとバタバタと部屋に戻り歯磨きをしたりして7時45分、お支度をする美容室へエルフルトサーモンピンクパルファンケンティフォリアが並んでおりますちなみにブライズルームは超シンプルの特にトキメキはない空間です。笑ホテルの美容室だからこんなもんかもね座ってメイクがスタートすると介添えさんがご挨拶に来てくれたりブーケや、生花の髪飾りを見せにきてくれたりドキドキ感が高まりますヘアメイクリハーサルの通りすんなり整っていくお支度。しかし。わたくし、大問題を抱えていました。それはおなかがクソ痛いわかりますか?嵐の前の静けさというか。いまは出ないんだけど、絶対この先ヤバイという確信的な予感。テンパったわたしは仲の良い友達に「やばいおなかがいたい」とLINEします。卒花の友達に「今出さないとトイレ行けないよ?!?」と言われうるせーーわかっとるわ!と更に取り乱す。笑そしてこのブログにも度々出て来ている親友にも「このままじゃ絶対本番やばい」「ドレス着る直前に一回トイレ行くタイミングあるけどそこで出なかったら死ぬ」と連絡私のリアルダイイングメッセージがこちらです。やばいラストトイレはタイムきたもうむりだわたしの切羽詰まり具合が伝わることでしょう…そんな最後のチャンスを逃した私の腹痛のことなど知る由もなくドレスの着付けの時がやってきてしまいました…

  • 21Oct
    • 結婚式当日レポはっじまるよー!

      こんにちはぽんたです!ついについにアルバムがきたあ〜〜〜!!画質きっれええええええ嬉しいだいぶ前に届いてたDVDもDVDプレーヤーがなくてずっと見れてなかったのですが旦那さんの実家からプレステ2(古っ)を持ってきて無事見ることができました結婚祝いに友人からもらった、乾杯酒にもしたモエグラスはウェスティンから特典でいただいたものクッキーが乗ってるお皿は引き出物のティファニー準備万端で見ましたが旦那さんは特にどうでも良さそうにふざけながら見てましたそんなもん?旦那氏「リモコンここにあるから早送りしたかったら言ってね」わたし「早送りはしないわ」まぁ安定のこんな感じです写真が素敵すぎて、、うふふ…チラ見せさてさて当日レポを始めるにあたってアメンバー申請についてです基本的には・プレ卒問わず、花嫁ブログを書いている方・その他のジャンルの方はブログを拝見させていただいて、共通点がありそうな方・わたしのこともアメンバーにしてくださる方これに当てはまる方は承認させていただきます・ブログのアカウントがあっても、記事がない方→できたらメッセージ等ひとこと頂けると嬉しいです!ではでは…引き続き当日レポお付き合いよろしくお願いします

  • 01Oct
    • 移住して半年がたちました

      こんにちは、ぽんたです結婚式の当日写真が来るまで特に書くこともなくなんかお久しぶりですwwそろそろ来ると思うんですが…記憶もだいぶ朦朧としてきました噂のサンリオ絵文字やっと使えたwそんなこんなですが結婚して、地方に移住して、丸半年が過ぎました。4ヶ月目に結婚式が終わり5ヶ月目から仕事も始めいよいよ本当に移住生活はじまったんだなぁ…ってしみじみ感じてます私は今住んでいるところに旦那さんしか知っている人がいなくて本当にまったくひとりぼっちです。それでも、まぁ意外と楽しくやっていたというか。実家を出たのも始めてだったし結婚して暮らしを作っていくというのも楽しいもので東京にもちょこちょこ戻って友達にも会えていたし新鮮な暮らしを満喫していましたさらにこれで仕事始めたら自分の人間関係もできてきてもっと生活が充実していくだろうなと思っていました。だがしかし予想もしていませんでしたが仕事を始めて強烈なホームシックに襲われました。新しい職場の人は30代中心でみんな接しやすくて、本当にいい人たちで、わたしも素のキャラクターを出せているし、上司も高く評価してくれてやりがいもあるし、極端に忙しいとかもないし、ふつうにいい職場だと思いますただ、完全なる同業他社だからなおさらそう感じるのかもしれないけど「こんな状況、○○課長に相談したら絶対いいアドバイスくれるのになあ」とか「前だったら△△くんに愚痴言うだけでなんか気持ちが晴れたのになー」とか「この案件、東京にいたら××さんに頼むのになあ」とかまぁ要するにアイツ元気してるかなぁってな感じで、元同僚たちを思い出すことがたくさんあって会いたいなあ(涙)となるわけです。会社の同僚ってやっぱり友達とはちょっと違って会社変わった後もその人間関係キープするのって意識が必要だと思うんですよねあんなにたくさん楽しく飲んだけど旅行もみんなで何回も行ったけどバーベキューも花火大会も全力だったけどみんなはまだ同じ場所で同じ時間を過ごして新しい思い出を作っていて、わたしだけポロリと取り残されて、そこに新しい人とか入ってるんだなぁとか思うとホームシック全開になります。そして突然ですが静岡のしらすはガチでうまい。さわやかとしらすは静岡グルメの中でもガチの存在だと確信しました。こうやって好きなところひとつひとつ見つけていかないとね。そしてそしてもっぱらの悩みは車が欲しいってことです。夫婦で1台はあるんですが、基本は旦那さんの車なので通勤で使えるマイカーが欲しい…!!だってバスと電車乗り継いで40分もしくは必至にチャリこいで25分これが車だったら15分かからないんですよ!!!しかし今、家の車はBMW。この子が超快適すぎて、「乗れればなんでもいいや!」とはなれず。結婚式にうんびゃく万使っといて、稼ぎもしないうちに車買うとかどうかしてると思うけどステキなやつが欲しい買うならミニかfiatの500かプジョーの208あたりかな〜と妄想中形から入る派なのでやっぱり外車がよいですこの子たちに乗ってる方いたらアドバイスください〜

  • 11Sep
    • 彼に料理を作らせてみたら。③

      彼の美味しい肉野菜炒めを食べた翌日。仕事中に彼からLINEが来ていました彼「夕ご飯なにがいいか考えておいてね〜」おお!リクエストまでできるのか!なにがいいかなぁ〜〜と思っていると同時にURLが送られてきました。開いてみるとお 弁 当 D O N D O Nもう作るの諦めたんかーーーい!!!東海中心に展開してるお弁当のローカルチェーンなんですよね。確かに食べたことないから食べてみたいって話したことあるけどさ…まぁまだ最初の一歩だからね。毎日作るのは難しかろう…ということでその日はおとなしくお弁当どんどんを食しました週末はサラダと肉うどんを作ってもらったのですが…彼「みてみて!!!」私「なに?」そこには肉を華麗に煽る彼の姿私「おお!すごい!」彼「すごいでしょ!!俺これ昔からでき…あっ!!!」ベチャッ肉、死亡全滅じゃなくてよかった。クッソ笑いました…ちょっとお手伝いはしましたがまぁこれくらいできたらいいんじゃないかな?私はというと、彼がご飯作ってる間は洗濯物を畳みながらお料理のアドバイスをしたり。いい感じですやっぱり家事スイッチ作戦やってよかったこんな感じでまったりのんびり協力していけたらいいなあ〜

  • 09Sep
    • 彼に料理を作らせてみたら。②

      ほぼほぼ初挑戦ともいえる料理を見事に失敗したらしい彼。→記事はこちら一体何をどう失敗したのか??「にんにくを炒めすぎて焦がしちゃった…」というLINEと共に送られてきたのはあー、焼きそ…ん?ペペロンチーノだ!!爆笑めちゃ茶色いじゃん…ぷぷぷ…でもここで笑ったらせっかくのチャレンジ精神が失われてしまう「結構茶色いけどいけそうじゃん!!がんばったねえ!!」と全力アゲ彼「にんにく入れたあとにハム入れたら爆発しちゃった」もーーーなんでそうなる?!笑わせにきてるだろ!笑ったら怒るくせに!そして最終的に「今日のご飯」と送られてきた写真冷凍ネギトロ私が作り置きしておいたハンバーグ焦げにんにくの爆発ペペロンチーノめちゃくちゃであるwwwしかし食べはじめると「お、ペペロンチーノ味は悪くない」との感想よかったあ〜と思っていたのも束の間5分後おなかすいてただけのやつねwwwそして「ハンバーグうめえええええ」とのことよし!いいぞ!その調子でもっと感謝しろと内心ドヤ顔そして次の日、研修を終えて夜、家に帰ると…そこには一足先に帰宅してがんばって料理する彼の姿作業台の上が大パニック状態になってるけどw交際期間も含めて2年半以上、初めて料理してもらっのでかなり嬉しかったです塩胡椒と焼肉のたれで味付けした肉野菜炒めに私が冷凍しておいたご飯とインスタント味噌汁だけだけど…異常に美味しく感じて幸せなのでした〜つづきます。

  • 06Sep
    • 彼に料理を作らせてみたら。

      こんにちは、ぽんたです転職先での研修が始まり(経験者なのでたった3日だけどw)本格的に移住生活がスタートだなぁとしみじみしておりますさて。私たちはちょこちょこ家事分担についてモメていて以前もアメ限で愚痴を記事にしたこともあったのですが…結局専業主婦の間は諦めて、私がほぼ全てやっていました(私の言い分は、仕事はしてないけど主婦になるためにやめたわけじゃなくて、移住生活に慣れるための準備期間だし、生活費はちゃんと納めてるんだから家事も少しは負担してくれ、というもの彼の言い分は、協力しないわけじゃないけど仕事してないんだからそんなきっちり分担しなくてもいいじゃん…というものでした)そんなわけでよっしゃ!私も仕事するんだから今度こそきっちり分担分担!となったところで思ったんですよね※前提として彼は家事苦手です。一人暮らし経験もあるけど、料理はほぼ全くやらず。。oO◯朝ごはんと夜ごはんの料理は当然私の担当だよね。てことは買い出しも。お皿は彼にも洗えるけど…まな板やタッパー漂白したりとかは気が回らないだろうなあ。キッチンの掃除も料理の後にやってるから私かな…任せたら家電とかレンジの汚れとか放置されそうだし…ゴミ捨てはお願いできそうだけど、古くなった食材の点検とかはできなそうだな。。アイロンもできなそうだから私か…床掃除とかやらなくてもよくわかんないやつは手抜きされそうだから私がやらなきゃ。シーツとか枕カバーの洗濯も。気づいたら永遠に使ってそうだもんな…風呂は洗えそうだけど換気扇のフィルター洗うの知ってるかな…?っておーーーい何ができるねーーーん!このまま甘やかしてたら彼は家事を習得しないままオッサンになってしまう!それどころか、面倒な家事はわたしが全て引き受けるハメになり簡単な家事だけ旦那さんが担当すると…「俺家事できる系旦那だわー!ドヤ」と勘違いさせてしまう!!!(そんなこと言うタイプではないが)ってことで決めました。最初の2週間、全ての家事を折半!その後、役割をスイッチして、また2週間!つまり、1ヶ月で全ての家事を経験してもらう!もうね、最悪習得しなくていいですよ。「うわっ、これってこんなメンドくさかったんだ、ぽんちゃんありがとー!」ってなれば最悪それでいいってことで9月前半は彼が料理担当。これでも楽させてるんですよ、最初の一週間はわたし、ほぼ研修で東京本社だったり歓迎会があったり。家にいない日が多いですからわたし「9月前半はぴっぴ(彼のあだ名)が料理担当だよ」彼「無理(´;ω;`)作れない(´;ω;`)」甘えても無駄じゃい!と、いいつつ研修に旅立つ前にご飯何膳か冷凍したりハンバーグ作って冷凍したりしちゃいましたけどね。親心かさてーー前置きが長くなりました、が!彼とLINEしておりまして。わたしは東京にいるので彼は一人で晩御飯です。わたし「今日のごはんはどうするの?」彼「これから帰ってつくーる」おぉっ二人で暮らし始めて6ヶ月目にして初挑戦。期待。わたし「何作るの?」彼「ないしょ」わたし「できたら教えてくれるの?」彼「うまくいったらね!」1時間後えーすごい可哀想な気持ちになりました。笑長くなったので続きます。