関西観光応援団

関西観光応援団

関西の観光をネットを使って応援するブログです!!
関西観光に関するホットなニュース、お得な情報などお知らせしています。

NEW !
テーマ:

中国人旅行者が次に注目する旅先は? 航空データで見るベトナム・カンボジア路線の急拡大、国内需要の偏り

(トラベルボイス 2018年12月10日)

https://www.travelvoice.jp/20181210-122514

 

 

中国の航空需要が急拡大している。

2018年、中国/タイ間の座席数は2700万席(年29%増)。中国/ベトナム線の座席数は590万席。中国/カンボジアの座席数も400万席に増えた。

ベトナムとカンボジアでは、座席数が年率30%増、40%増となり、さらに急拡大する勢いだ。

中国人のアウトバウンドも急増しているが、中国へのインバウンドも増加しており、双方向の需要が拡大しているようだ。

 

 

【ポイント】

航空需要によると、今後、中国人旅行者が最も増えるデスティネーションは、ベトナムとカンボジアだという。

2000年代以降、中国市場が急拡大したデスティネーションはタイが代表的だが、近隣のインドシナ諸国へ需要が広がりつつある。

 

中国/タイ間における航空供給座席数は、2000年の360万席から2018年には2700万席。年29%増で急拡大。

ベトナムとカンボジアでも、過去5年間の中国路線供給数がそれぞれ年率30%増、40%増となっている。

中国/ベトナム線の供給座席数は、5年前は160万席以下だったが、2018年には590万席に達した。このうち2018年に増設されたのは75万席で、57%は中国系航空会社によるもの。ベトナム人旅行者にとっても、中国は韓国に次ぐ海外渡航先となっている。
カンボジア/中国路線の供給座席も、2018年までに、同じく75万席から400万席に増えた。

 

中国国内で稼働している空港は、2018年11月時点で国内線が226か所で、前年より5か所増えた。このうち73空港は、国際線も乗り入れているが、国際線の88%は、国内主要20空港に集中している。今年11月時点での供給航空座席数は、前年同月比で11.2%増。年間の総供給数は8億7800万席。

前年同月と比べて、国際線の供給座席数が最も増えた空港トップ3は、1位が広州白云国際空港。続いて上海浦東国際空港、深圳宝安国際空港。

国内線の供給座席数は前年比10.1%増だったが、地域的な偏りがある。

定期便が運航している2都市間路線では、計1380路線で供給が増える一方、641路線では供給規模がむしろ縮小。また供給数が最も拡大した上位15路線は、主に中国の東側や沿岸都市となる一方、縮小数が多かった路線は、西側の内陸部路線に多く見られた。

供給数が最も増えた路線のトップ3は、1位が上海/深圳線で、2018年の座席数は前年比68万5000席増。続いて広州/上海線(65万席増)、3位が重慶/深圳線。
逆に、供給が最も減少した路線は成都/西安で、120万席から24万5000席に縮小。マイナス幅は80%減となった。両都市間を3時間強で結ぶ高速鉄道が開通したことが影響した。

中国政府が掲げてきた長距離路線における「ワン・ルート、ワン・エアライン」方針が改定されたことで、今後、国際線の拡大と競争の促進が期待されている。

同方針が撤廃されるのは、5000km以上の長距離国際線で、すでに週14便以上が運航しており、中国系キャリアのシェアが70%以下の路線。同条件に該当するルートは現在、計37路線あり、中国側の発着空港は北京(18路線)、上海(16路線)、広州(3路線)。目的地では欧州が最多で15都市、北米が13都市となっている。

NEW !
テーマ:

日本のMICE件数が過去最高も参加者数は減少、大規模会議の減少で、都市別では神戸市が大幅増に -日本政府観光局(2017年)

(トラベルボイス 2018年12月10日)
https://www.travelvoice.jp/20181210-121823

 

 

日本で開催された国際会議件数は、2017年は6.2%増の3313件。参加者総数は7.3%減の172万5927人。外国人参加者数は18万6648人で14.6%減少した。大型会議が少なく小規模会議が増えた影響だという。

大型会議が開催できる会場を持つ都市は限られており、大型会議を誘致するにも大阪は統合型リゾート(IR)を誘致したいことになる。

都市別では、東京が1位608件、神戸市が2位405件、京都市が3位306件で続いた。神戸市が躍進している。
 

 

【ポイント】

2017年に日本で開催された国際会議件数は、6年連続の過去最高となる前年比6.2%増の3313件だった。

参加者総数は7.3%減の172万5927人。小規模会議が増加する一方で、中・大規模会議の減少が影響した。

外国人参加者数は18万6648人で14.6%減少した。

都市別では東京(23区)がトップの608件で、神戸市が405件、京都市が306件で続いた。

なかでも神戸市は145件増と大幅に伸ばした。

金沢市も35件と少ないが、ここ5年間で初めてトップ15に入った。

分野別では、科学・技術・自然、医学の開催件数が全体の6割を占めた。

医学は「第23回世界神経学会」(京都・参加者数8641人)、「第18回世界肺癌学会議」(横浜・同6764人)といった大型会議が行われた。

日本政府は日本再興戦略の中で「2030年にはアジア大会No.1の国際会議開催国として不動の地位を築く」との目標を掲げており、JNTOとしても官民一体の誘致促進を強化したいとしている

 


テーマ:

外国人が心底「ドン・キホーテ」を愛する事情

(東洋経済オンライン 2018年12月3日)

https://toyokeizai.net/articles/-/250699

 

 

アジア系外国人のほとんどが来ている「ドン・キホーテ」の、集客、販売の努力は凄まじい…

インバウンドは、安全で安心な商品に群がっているが、「日本」そのものを消費しようとする視点は鋭い。

「ドン・キホーテが、なぜ外国語表記のPB商品を作らないのか」に対し、「むしろ外国語表記のものは売れない」「日本の商品がほしくてやってきているのに、母国語が書かれていたら興ざめ」だという。

ドンキの快進撃は、商品をぎっしり詰め込んで独特の雰囲気を作り出しているのが物珍しいからだけではなく、企業努力の賜物だ。

 

 

【ポイント】

観光地に近いドン・キホーテの店内放送は、日本語、英語、中国語、韓国語、タイ語まで流れている。
外国人訪問客は、観光地名の大きく入ったお菓子や蒟蒻ゼリー、キャラクターグッズだとかを物色している。

さらに観察していると、日本人が購入している商品を、外国人も購入している。

SNSなどの宣伝効果があるのでしょうが、彼ら・彼女らは、「日本」を消費しているようだ。

ドン・キホーテの担当者に「観光客相手にも販売しているドン・キホーテが、なぜ外国語表記のPB商品を作らないのか?」と質問したが、「むしろ外国語表記のものは売れません」でした。あくまでも日本の商品がほしくてやってきているのに、母国語が書かれていたら興ざめだ、というわけだという。
日本にやってくる外国人旅行者は、日本文化のひとつとして、ドン・キホーテを”消費”しているといえる。

ドン・キホーテのインバウンド客数は、韓国、中国、台湾がトップ3。売上高は、中国、韓国、台湾、とトップが入れ替わっている。
ドン・キホーテで売れているものは、圧倒的に日用雑貨です。次に、時計・ファッションと続きます。このなかには、むしろ、中国で生産されているものもあるくらいで、興味深い現象です。


ドン・キホーテで、免税品の売上構成率(つまり外国人観光客の購入が最も多い)第1位の店舗は、大阪の道頓堀御堂筋店で、比較的、ドン・キホーテのなかでは王道のつくりです。

ただ、外国人対応のため、POPは英語、韓国語、中国語が目立ちます。家電のコーナーには、各国の電気プラグ対応表まで掲示されている。

1階には、キットカットなど訪日土産の定番のお菓子が並ぶ。18禁ののれんからは、意味がわからず入ってしまった外国人女性が赤面して出てくるなど、微笑ましい光景も見られる。

いまでは外国人観光客の名所となったドン・キホーテですが、インバウンド獲得の取り組みは一朝一夕ではない。地道な広報活動を繰り返した努力の賜物です。毎年のように着々と宣伝活動をやり、多言語化への取り組みも怠っていない。また、2005年に安田奨学財団を設立し就学支援なども行っている。

アジアの旅行代理店に出向いては、銀聯カードが使えたり、免税店を持っている利点を伝え、売り込む活動を続けている。また、業界他社に先んじて「ようこそ!カード」を作り、加盟店でポイントを貯めたり現金化できたりする仕組みを説明している。
さらには多通貨での支払いを可能としている点や、すべての店舗で免税手続きが可能、Wi-Fiも利用可能。一部の店舗では空港まで配送するサービスを展開している。

買いやすさが売り上げアップにつながると理解している。

 

ドン・キホーテは外国人旅行者に訴求する化粧品や医薬品を充実させている。

日本人にはなかなか理解できないが、中国では農村部で病院が不足しており、都会の総合病院は並ぶのに時間がかかる。さらに治療に多額の費用がかかるため、医薬品の需要が高い。くわえて「日本の薬は安全で、さらによく効く」とみなされている。

 

また、外国人が買いたくなるお土産を徹底的に調査しており、蒟蒻ゼリーを大々的に展開していた。くわえて、免税の買い物を事前に予約できるサービスまで展開している。

ドン・キホーテは、エンターテイメント場としても機能しており、旅行中にあまった小銭を使わせるUFOキャッチャーを設置するなど、細部までぬかりがありません。

日本を訪れる外国人旅行者の「大半がドン・キホーテにやってくる」。
これは多種多様な商品を店内にぎっしり詰め込み、独特の雰囲気を作り出しているドンキが、物珍しいからだけではない。
ドンキが、インバウンド獲得のためにあらゆる手を打った努力の結果です。

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス