東洋医学のモヤモヤをキチンと理解して自信を持ってサロンに取り入れたい方向け・漢方ティー教室

東洋医学のモヤモヤをキチンと理解して自信を持ってサロンに取り入れたい方向け・漢方ティー教室

せっかく学んだ東洋医学だけど「実はしっくり理解出来ずに終わってモヤモヤする・・・」とサロンに取り入れられずにいませんか?全国からご受講頂いているオンライン教室です


テーマ:

オンライン・東京・埼玉

全国からご受講頂いております、

 

やさしい漢方ティー教室のSACHIです

 

 

突然ですが、
あなたはもしサロンのお客さまに

「最近、冷えが辛くて、どうしてでしょうか?」

とご相談をされたらなんとお答えしますか?


「代謝が下がっているのでしょうか、とか?」

そう、それは有りますよね、
代謝が下がってくると誰でも冷える。

それから?

「えっ、他の原因??運動不足とか?」

それも有りますよね、
運動不足で筋肉量が減ると冷えを感じる。


じゃあ、他にはどんな原因があるでしょうか?


「えー、じゃあストレスとか?」

・・・・

出ちゃいましたね、ストレス。


いや実際にストレスでも冷えます、
それは紛れもない事実なのですが、

が、

問題はあなたがストレスという原因に逃げていないか、という所。

ギクッ


ストレスで冷える原因は


「自律神経の乱れ」

「ホルモンバランスの崩れ」

などと言われていますが、

あなた自身が他に冷えの原因が思い当たらないから、

「ストレスでしょうかね・・・」

とストレスのせいにしているとしたら、

それはお客さまに対して真摯なお答えではないと思いませんか?


ギクギクッ

しかもこのストレスという理由は、ほぼ全員が思い当たるから思わずお客さまも

「そういえば・・・」

と納得して下さる。

だから仮にストレスでごまかしたとしても余り胸が痛まない、

とっても都合が良い。

でも、あなたがもし、

「・・・そうなんです、実は胸が痛かったんです・・」

と思うなら東洋医学の考えを知ると冷えに限らず、

 

お客さまの様々な不調の原因をスラスラといくつでも上げられる様になって、

 

お客さまに

「あっ、私の冷えの原因、それかも知れません!」

とお客さまが納得する不調の原因のヒントを上げられる様になりますよ。

 

一度東洋医学を学んだけど

理解出来ずに終わってしまい、

お客さまにご紹介するのが

心苦しいと思ってませんか?


「えっ、そんな事まで無料で!?」
東洋医学をサロンに活かす!
無料メルマガ配信中!

※1882名さまにご登録頂きました
ご登録はココをクリック!

 

雑誌・美人百花の

差がつくサロン&レッスン選びはココで!

にご紹介して頂きました↓

 

 

CS番組「おかまーちゅんチャンネル」に

出演させて頂きました↓

最後までお読みいただき

有難うございます。