kanita80さんのブログ

kanita80さんのブログ

妻、母、嫁、娘、女、1人の人としてどれもこれも邁進中!
'15年3月〜家族4人で極貧世界一周の旅が急遽決定!
世界を通じて赤裸々な日々を生々しく綴っていきます♡

この投稿をInstagramで見る

39歳おめでとぉワタシ❤️ 10年前、 今亡きねぇちゃんの家に、 シャンパンと妊娠検査薬を持って押しかけた。 元々子供が得意じゃなかったし、 タイミング的にも最悪だったし、 シラフじゃ検査薬を試す勇気がなくて、 朝からねぇちゃんに付き合ってもらって一緒にシャンパン飲んで、 2本入りの妊娠検査薬が2本とも陽性と出た時に、 「カナ、腹括りな」 って言われて、 独身時代の29歳までは自分主体で、 今思えば、 仕事もプライベートも自分に完全燃焼した。 しまくったから、 人の為に、誰かのために自分を使うステージに行くんだな! って、区切る腹を括れて、 「ねぇちゃん、カナ、母になるわ!」 って、 ねぇちゃんに抱きついて、 お茶に切り替えたあの朝。 自分の持ってた全てを置いて、 未知すぎて必要のサイズ感が分からなすぎる大きな空っぽのバックパックを背負った感覚のあの朝。 そんな感じで始まった、 私の30代は 子育てと、旦那に翻弄した。 全うしようとガムシャラだった。 自然と、当たり前のように 自分のことは、二の次三の次で、 自分の私情や欲の優先順位は圧倒的に低くなったっていうか、無くなったっていうか、 そういう時期だと腹を括ってたから、仕方ないことと思ってた。 30代自分以外のことに必死すぎて、 思い出せないシーンがめっっちゃある。 でも、 そんな30代を生きたからか、 子供達が乳児から幼児から児童に成長して、 言葉と多少の想いは通じる人間になってきてくれたからか、 自分の時間もちょっと捻出出来るようになったからか、 旦那と離れて生活しているからか、 一周まわって、 誰よりも自分を一番愛でてやる40代にしよ♡ それが、 結果、 子供達にも、 パートナーにも 良い空気感が生まれてプラスに替わるっぽい◎ って処に辿り着いた39歳。 口は悪いけど、 実はこう見えて、 人の心情に過敏で心配性で、 自分で言うのも何だけど、健気で、 自分を後回しにする癖が付いた。 だから、 まだトレーニング中です☺︎が、 四十スタートに向けて、 この1年かけて選択の仕方を変えてみようかなと思っている次第であります◎ 面白いのが、 旦那と久しぶりに会って、 サウナ上がりのあの人と飲んだ時にあの人が言うことは、 いい意味でいつでも自分の想像以上に更に斬新すぎていつも裏切られる。 マジあの人の脳内を想像するのが趣味なワタシ、 隣にいて、 呆れることはあっても 飽きることはない人。 40代もそんな旦那と子供たちに翻弄するのは変わらなさそうだけど、 もっと自分の気持ちにゆとりもって、 もっと余裕で楽しめる自分作りに励もうと思う30代最後の1年であります♡ 長っ! 学の無さ大放出の長さっ!笑 信じていても、 離れていると、 不安になる夜がある、 心配で家事が手につかない日もあるけど、 1ヶ月に2泊3日くらいでも会えると、 この人はやっぱり大丈夫。 この人はやっぱりどこまでもアッパレって思える。 いい意味で、 「しょうがない。」 その言葉に尽きる!笑 そんな風に歳を重ねてきた自分に、 おめでとう◎ こんな風に歳を一緒に重ねていけるあの人に ありがとう◎ こんな長文を読んで下さったあなたに、 お祝いメッセージやプレゼントを下さった皆さんに、 これまでもこれからも付き合って下さってる全ての人に、 心の底から感謝を込めて♡ 歳を重ねるってホンット面白い♡ #39yrsold #BDweek #単身赴任夫 #53 #gome #ATANIHAROS

Kana Matsui Inoueさん(@kana.inoue.matsui)がシェアした投稿 -

この投稿をInstagramで見る

【10回目の結婚記念日】 31歳だった彼と、 28歳だった私は、 半ば、駆け落ちに近いカタチで結婚して、 同時に 人の親にもならせてもらったものだから、 そりゃあ手探りで、 よく泣いて、よく悩んで、よく笑って、 濃厚過ぎた10年。 この人と一緒にいたら、私の人生もっと面白くなる!と思って、 自分本位の選択をしてきた自分が、 人のためにも生きることを始めて、 人の親になって、 他人だったあの人に、 私の人生を賭けてみるとハンコを突いてから、 夫婦になって、 家族になって、 10年。 自分の想像を遥かに超えることばかり。 理屈やキレイゴトじゃないことの連続。 長かったような、 あっという間だったような時間を振り返れば、 二人で本音を伝え合って、 話し合いを重ねて重ねて、 きっと人並み以上のケンカして、 人並み以上の仲直りをしながら、 ゆっくり少しずつ、 でも確実に絆を深めてきた10年。 自分の母親と同じように、いやそれ以上に、 ケンカ出来る人。 思ったことを何でも言える人。 でも考え尽くして思ったことを伝えるタイミングを一番気を使う人。 面白い話は一番に話したくなる人。 一番話を聞いてもらいたい人。 すんごい嫌味も言えちゃう人。 一番興味がある人。 一番私のワガママを受け入れようと励んでくれる人。 一番私の話を聞いてくれる人。 一番私を喜ばせようとしてくれる人。 一番腹を立たされる人。 でも、一番愛おしく思う人。 この世界中探しても、この人だけ。 あの人にとってもワタシだけ。のはず。笑 たかが10年、 されど10年を、 二人で乗り越えて来られたこと。 二人が乗り越えようとして諦めなかったこと。 これは互いに讃えたくなるね。 彼の奥さんをするのは なかなかに一筋縄にいかないけど、 私の旦那さんで居続けることも それはそれは至難の連続だったでしょう。笑 一先ず、 10年、 お付き合いありがとうございました◎ 20周年は、 51歳と48歳。 娘たちは、19歳と17歳。 また自分たちを試される波が 大波小波やってくるでしょうが、 更年期が始まるかもしれない、 娘たちの反抗期もある、 親の介護も始まるのかもしれない、 どんなことが待ち受けているのか神のみぞ知る話だけど、 引き続き、 懲りずに飽きずに諦めずに 共に手を取り合って、寄り添い合って、いきます◎ x 2019.7.10 #夫婦 #10周年 #結婚記念日 #千葉 #湘南 #原宿 #熱海

Kana Matsui Inoueさん(@kana.inoue.matsui)がシェアした投稿 -

この投稿をInstagramで見る

【10回目の結婚記念日】 31歳だった彼と、 28歳だった私は、 半ば、駆け落ちに近いカタチで結婚して、 同時に 人の親にもならせてもらったものだから、 そりゃあ手探りで、 よく泣いて、よく悩んで、よく笑って、 濃厚過ぎた10年。 この人と一緒にいたら、私の人生もっと面白くなる!と思って、 自分本位の選択をしてきた自分が、 人のためにも生きることを始めて、 人の親になって、 他人だったあの人に、 私の人生を賭けてみるとハンコを突いてから、 夫婦になって、 家族になって、 10年。 自分の想像を遥かに超えることばかり。 理屈やキレイゴトじゃないことの連続。 長かったような、 あっという間だったような時間を振り返れば、 二人で本音を伝え合って、 話し合いを重ねて重ねて、 ケンカしながら、仲直りしながら、 ゆっくり少しずつ、 でも確実に絆を深めてきた10年。 母親と同じように、いやそれ以上に、 ケンカ出来る人。 思ったことを何でも言える人。 面白い話は一番に話したくなる人。 一番話を聞いてもらいたい人。 すんごい嫌味も言えちゃう人。 一番興味がある人。 一番私のワガママを受け入れようと励んでくれる人。 一番私の話を聞いてくれる人。 一番私を喜ばせようとしてくれる人。 一番腹を立たされる人。 でも、一番愛おしく思う人。 この世界中探しても、この人だけ。 あの人にとってもワタシだけ。のはず。笑 たかが10年、 されど10年を、 二人で乗り越えて来られたこと。 二人が乗り越えようとして諦めなかったこと。 彼の奥さんをするのは なかなかに一筋縄にいかないけど、 私の旦那さんで居続けることも それはそれは至難の連続だったでしょう。 一先ず、 10年、 お付き合いありがとうございました◎ 20周年は、 51歳と48歳。 娘たちは、19歳と17歳。 また自分たちを試される波が 大波小波やってくるでしょうが、 更年期が始まって、 娘たちの反抗期も重なって、 カオスな日々が待ち受けているかもしれないけど、 懲りずに飽きずに諦めずに よろしくお願いしますね♡ 愛込めて。 カナより x #夫婦 #10周年 #結婚記念日 #千葉 #湘南 #原宿 #熱海

Kana Matsui Inoueさん(@kana.inoue.matsui)がシェアした投稿 -