ベートーベンの悲愴の一楽章を弾いている子がいます。

この曲の冒頭。

Graveとかいてあります。
Graveって速度記号?
Largoと比べて、どうなんでしょう?

ただ、Graveなので、私としては、重々しく弾いてほしいと思います。

でも、そう弾いてくれません。
サラッと弾くので、私のイメージには合いません。

途中も、曲はメトロノーム通りにならないところがたくさんあるのよと繰り返し話しています。

それでも、納得いかないようで、無理やり速く弾こうとして、雑になります。

これを素直じゃないと判断するのか、研究熱心と考えるのか、わかりません。

教えていて、とても疲れます。

何の疑問も持たずに、師匠のおっしゃっる通りに弾いてきた私です。










釈放

テーマ:
きょうは、声帯ポリープの再診でした。

音声の分析結果では、全く問題がないというわくではないようです。
(午前中、三時間授業をしてから行ったわけですからね)
ポリープは、ほとんど消えていて、これで終了となりました。

ホッとしました。

でも、これからも大事にしなければいけませんね。