1月30日(日) (一社)海南青年会議所では1月定時総会を開催いたしました。
今年は初めてのウェブ開催となり、会場には担当委員会のみ入り、残りのメンバーは自宅から参加となりました。

内芝委員長はじめ担当委員会の入念な準備・設営が実を結び、2021年の素晴らしいスタートとすることができました。

ありがとうございました。

 

会場機材のセッティング ウェブカメラ、スピーカー、PC、プロジェクター 床には収音マイクもセットしています

 

2020年度吉田理事長、本当にお疲れさまでした

 

さて、会議や式典等でもZoomやWebEx、YouTubeなどミーティングツールや動画配信サービスを利用することが本当に多くなってきました。

まだ少人数のミーティングであればよいのですが、多人数・大規模な会議や式典になると、どうしても気が緩みがちです。

新型コロナウイルスの感染防止対策はもとより、これからの時代にこのようなスタイルは必要になるかと思いますが、それによってパフォーマンスが落ちてしまうことは好ましくないし、オンライン化を妨げる要因になってしまいます。

 

スクリーンで参加者と会場を共有

 

発言者以外はマイクミュート、地味ですがオンライン会議の音声は本当に大事

 

参加者個々の姿勢も大切ですが、メリハリのある進行を心がけ、臨場感のある会議・式典をすることでパフォーマンスを落とすことなく開催できるのかもしれません。

VRやXRを使ったサービスもすでにあり、どこまでリアルな体験ができるのか、それによりパフォーマンスが変わるのか一度検証してみたいですね。

 

・事前の準備(リハーサル)を徹底し、当日のトラブルをできるだけ回避する

・トラブル時に場をつなぐための対応策の用意

・メリハリのある司会、挨拶、映像の切り替えといった、飽きさせない工夫

 

今回の司会は完璧でした

田渕君、大役お疲れさまでした

 

今後、事業や会議をウェブで開催する際に、意識していきたいと思います。

 

さて、改めて1年間よろしくお願いいたします。