ーかがりび綜合法律事務所の公式ブログー

ーかがりび綜合法律事務所の公式ブログー

かがりび綜合法律事務所の公式ブログです。

不倫への相手方への慰謝料請求 証拠で心配だったけれども・金150万円獲得事例



不倫への相手方への慰謝料請求 証拠で心配だったけれども・金150万円獲得事例・スピード解決

依頼主  女性 

 
  • 不倫・浮気
  •  
  • 慰謝料
野条 健人弁護士からのコメント 
不倫の相手方への慰謝料請求では証拠上で悩んでいる方が多いと思われます。ただ、その段階で悩まれているのは正直お辛い状況なのかなと思います。当職では、常識的に考えても慰謝料請求すべき事案かどうかをお伝えいたします。不倫の相手方への慰謝料請求では、初回は無料相談とさせていただいていますので、お気遣いはいりません。一度遠慮なく相談してみてください。前に踏み出す一歩が見つかればと思います。 
相談前 
ご相談者様(妻)は、あるとき残念ながら夫のLINEから不倫の疑惑を持つことになってしまいました。内容から男女関係があると推測できますが、ネット上ではこれだけの証拠で足りるのか、というものに触れて泣き寝入りするのか、非常に悩んでいました。
また、ご相談者様としては、まずは夫が相手の連絡をとらないでほしいというところにも力点がありましたが、弁護士さんへ相談するハードルが高くてどうしようか悩んでいました。そうしたところ、弁護士ドットコムやグーグル検索で弊所を見て一度問い合わせがありました。 
相談後 
ご相談者様のお話を丁寧に聞かせて頂き、LINEの内容を拝見させて頂きました。当職としては常識的に考えても男女関係があると思いましたので、ご依頼を頂き相手方と交渉をしていきました。
内容証明を送ってからすぐに返事があり、LINEの内容を伝えると不貞関係を認めるに至り、最終的には150万円の示談金と、今後連絡、接触等も行わない旨の内容も含めて示談するにいたりました。