実録! 歌舞伎町 NEWS -2ページ目

実録! 歌舞伎町 NEWS

歌舞伎町 アジア最大の歓楽街でのニュースを歌舞伎町の片隅からレポート


テーマ:

9人の遺体が見つかった神奈川県座間市のアパートに住む白石隆浩容疑者(27)。旧知の男性(84)によると、両親と妹との4人家族。母親と妹は離れて暮らし、父親が1人で住む実家を、容疑者はたびたび訪ねてきていた。長男が同級生という女性(69)は「友達とけんかなどしない、静かな子供だった」と言葉を失った。

 事件前は東京都豊島区に住み、新宿区歌舞伎町では風俗店のスカウトに従事。関係者のツイッターには「このスカウトに注意!」などと顔写真と共に掲載されている。

 事件現場となったアパートに入居したのは約2カ月前の8月22日。関係者の話では、父親と共に入居を急いでいる様子だったという。1カ月分の賃料が無料になる「フリーレント」のサービスを勧めたが断ってすぐに契約を決めた。

 この直後、容疑者の部屋から異臭がし始める。換気扇が常に回っていた。アパート関係者の男性が恐怖に顔を引きつらせながら話す。「異変には全く気付かなかった。うそなのか本当なのか分からないくらいだ」

ネタ元

 

 

 

 


テーマ:

東京都八王子市の女性(23)が行方不明になり、神奈川県座間市のアパートから切断された頭部などが見つかった事件で、遺体は計9人分だったことが31日、警視庁捜査1課への取材で分かった。

 白石隆浩容疑者は、東京の新宿・歌舞伎町で風俗店に女性を紹介するスカウトをしていたこともあった。座間市内の一戸建て住宅で幼少期を過ごし、実家を出た後も自動車関連業を営む父親の仕事を手伝ったり、飼い犬の面倒を見に実家に顔を出したりするなど家族思いの青年だった。

 旧知の男性(84)によると、両親と妹との4人家族。母親と妹は離れて暮らし、父親が1人で住む実家を、容疑者はたびたび訪ねてきていた。近くに住む70代の女性は、父親が「息子と飲みに行くんだ」とうれしそうに話す姿を覚えている。白石容疑者は子供のころ、周囲から「たかちゃん」の愛称で呼ばれていた。長男が同級生という女性(69)は「友達とけんかなどしない、静かな子供だった。まさかあのたかちゃんが…」と言葉を失った。

 一方、黒ずくめの服装で深夜に実家の玄関前に座り込み、携帯電話をいじる容疑者の姿を「不気味に感じた」と振り返る住民も。事件前は東京都豊島区に住み、新宿でも“別の顔”がたびたび目撃されていた。歌舞伎町では風俗店のスカウトに従事。関係者のツイッターには「このスカウトに注意!」などと顔写真と共に掲載されている。

 事件現場となったアパートに入居したのは約2カ月前の8月22日。関係者の話では、父親と共に入居を急いでいる様子だったという。1カ月分の賃料が無料になる「フリーレント」のサービスを勧めたが断ってすぐに契約。この直後、容疑者の部屋から

がし始める。換気扇が常に回っており、住人は「不審だった」と振り返った。

ネタ元

 

 

新宿セブン 4 新宿セブン 4
 
Amazon

 

 


テーマ:

いまだに不可解なことが多い、神奈川・座間市で9人の遺体が見つかった事件。1日、死体遺棄の疑いで白石隆浩容疑者(27)が送検された。容疑者がどんな人物なのか、少しずつわかってきた。


■白石容疑者とは

 白石容疑者は、2006年に地元の中学校を卒業後、県内の高校へ進学。高校在学中からスーパーでアルバイトをしていて、2009年に高校を卒業したあとも正社員としてスーパーで働いていた。

 去年、東京・池袋に住んでいた白石容疑者は、池袋や新宿・歌舞伎町で風俗店のスカウト業を行っていた。そして今年2月、売春させる店と知りながらスカウトした女性に店を紹介した職業安定法違反の疑いで逮捕されている。

 今年5月には懲役1年2か月・執行猶予3年の有罪判決が出され、その後は座間市の実家に戻っていた。

■有罪判決を受けたあと、実家での様子は?

 近所の人に聞いてみたところ、「非常に“好青年”という印象」で、「挨拶をしても明るく返してくれる」人だと。また、「2、3か月前、『彼女がいる』という話を聞いたことがある」と話す人もいた。

 その後、白石容疑者は、8月22日、現場となった神奈川県座間市のアパートに引っ越す。関係者によると、部屋を契約する時には契約した月の家賃が無料になるというサービスで、翌月からの入居を勧められたが、「すぐに入居したい」と言ってその日のうちに入居したという。何らかの理由で入居を急いでいた可能性もある。

 そして、白石容疑者は、「8月下旬から先月30日までの約2か月の間で、9人を殺害した」という趣旨の供述をしているという。

■9人の身元は?

 2人は白石容疑者の知人のカップルだったとわかったが、ほかの被害者とはすべてツイッターで知り合ったとみられている。白石容疑者は、「初めて会った、その日に殺害した」と供述していることが新たにわかった。

 自殺願望のあった被害者らには、SNSを通じて接触し、「一緒に死にましょう」などと、自らも自殺志願者であるかのように装い、誘い出していたという。

 ただ、自殺を手助けしたり一緒に死のうとしたりしたわけではないようで、「被害者の同意なく殺した」と話しているという。

 行方不明になっている八王子に住む23歳の女性の殺害も認めているほか、見つかった遺体については、すべて30歳未満で、10代が4人、20歳くらいが4人、26歳が1人、最も若い被害者については「17歳ぐらいの人も殺害した」と話しているという。

■一緒に住んだ女性に見せた顔

 また、日本テレビでは、白石容疑者と2、3か月ほど一緒に住んでいたという女性に話を聞くことができた。

 白石容疑者と住んでいた女性「お金持ちだよ、金は困ってない、みたいなことを言ってました」「学校の教員になりたいって言って、教師の資格をとったとか、勉強しているみたいな」「優しすぎて怖かった」「普通の人より異常に優しかった。優しすぎて怖かった」

■容疑者の猟奇的な犯行とはギャップが…。

 動機については、「金銭目的」や「性的暴行」といった供述をしているが、にわかに信じがたい。被害者から奪った金額としては、「多い時で50万円とった」、また、「性的暴行を加えて殺した」という趣旨の話もしているという。

 しかし、犯罪心理学に詳しい筑波大学の原田教授は、「言っていることとやったことの乖離(かいり)が大きすぎる」「核心に触れずに真の動機は隠しているのではないか」と指摘している。

■真の動機とは?

 原田教授は、「殺すこと、死体に対する性的な嗜好(しこう)があったのではないか」と話していて、「秘めていたかもしれない欲求が根底にあって、何かのきっかけで欲望に火がついて歯止めがきかなくなったのではないか」という。

 今回の事件では、白石容疑者の「異常性」が指摘されるが、それを裏付けるような事実がまだでてきておらず、謎が数多く残されている。

 今後の捜査では、被害者の身元の特定が急がれるほか、裁判で有罪判決を受けた今年5月以降の白石容疑者の足取りを追いながら事件に至った経緯を浮かび上がらせることがポイントとなっていく。

ネタ元

 

新宿セブン 1 新宿セブン 1
 
Amazon

 

 


テーマ:

歌舞伎町で、外国人の男から依頼され、他人名義でキャバクラの営業申請を行い、違法な営業を手助けしたとして、69歳の行政書士が逮捕され、警視庁は、同様の手口で5年前からうその申請を繰り返していたと見て調べています。

逮捕されたのは東京・新宿区に事務所がある行政書士の吉田勝彦容疑者(69)です。

警視庁の調べによりますと、別の事件で逮捕され、本来、営業の許可がおりない状態にあった外国人の男から依頼され、平成26年に他人名義で、新宿区歌舞伎町でキャバクラを営業するという申請を行って違法な営業を手助けしたとして、風俗営業法違反の疑いが持たれています。

警視庁によりますと、調べに対し、容疑を認め、「15万円ほどで申請を請け負っていた」と供述しているということです。

これまでの調べで、歌舞伎町や六本木などの繁華街では、同様の理由などで本来は営業できない状態にある外国人が実質経営者を務める飲食店があるということです。

警視庁は、吉田容疑者が5年前からうその申請を繰り返し、歌舞伎町を中心におよそ10店舗で違法な営業を手助けしていたと見て調べています。ネタ元


テーマ:

19日午前4時半ごろ、東京・歌舞伎町の駐車場で、警察官から職務質問を受けていた男が車を急発進させ、近くにいた30代くらいの知人男性を巻き込んで約20メートル引きずった。男性は約1時間20分後に死亡。警視庁は、男を公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕し、発表した。

 新宿署によると、男はさいたま市北区大成町1丁目の自営業西原亨容疑者(35)。逮捕容疑は19日午前4時半ごろ、新宿区歌舞伎町2丁目のコインパーキングで職務質問を振り切って車に乗り込み、警察官が傍らにいるのに急発進させたというもの。警察官も引きずられたが、開いているドアからエンジンを止めるボタンを押したという。はねられた男性は車の前に立っていた。西原容疑者は「納得できない」と述べ、容疑を否認している。

 西原容疑者と男性が駐車場に2人でいるのを不審に思った警察官3人が職務質問をして

ネタ元


テーマ:

所有するビルの一室で営業するパチスロ賭博店から、リース料名目で現金を受け取ったとして、警視庁保安課は20日までに、組織犯罪処罰法違反(犯罪収益収受)の疑いで、東京都新宿区のビル所有会社「ウイザードセブン」社長佐藤憲弘容疑者(70)=東京都小金井市梶野町=を逮捕した。逮捕は18日。

 逮捕容疑は昨年1月から今年4月までの間、新宿区歌舞伎町1丁目に所有するビル3階にあるパチスロ賭博店「パニックゴールド」の責任者(30)=常習賭博罪で公判中=から、リース料名目で現金計約1050万円を受け取った疑い。

 保安課によると、佐藤容疑者は「入っていたのは飲食店で、パチスロ賭博店ではない」と容疑を否認している。

 パチスロ賭博店は警視庁昭島署などが5月に摘発。保安課によると、佐藤容疑者が所有する歌舞伎町の三つのビルで2004年以降、違法なカジノ店などが10店舗確認された。ネタ元


テーマ:

歌舞伎町のキャバクラ店関係者が、料金を巡る客と従業員とのトラブルに警察官が介入したために164万円を回収できなくなったとして都に賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は13日、「店はぼったくり営業をしており、代金請求は公序良俗に反する」と請求を棄却した。

 店員側は「客には料金体系を説明していた」としてボイスレコーダーの録音記録を提出したが、伊藤正晴裁判長は「客に聞こえないように料金の説明を吹き込んだ後に、注文を取って客の声を録音し、客に説明をしたかのような記録を残したものだ」と退けた。 ネタ元

 

 

 

 


テーマ:

歌舞伎町で無修正のわいせつDVDを販売したなどとして、DVD販売店の経営者ら男4人が逮捕された。
 逮捕されたのは新宿・歌舞伎町のわいせつDVD販売店の経営者、国光秀治容疑者(52)ら男4人。ネタ元

 

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。