子鉄な息子と英語など

子鉄な息子と英語など

2017年3月からマレーシアで家族と暮らす駐在員妻の生活と子育てのブログでしたが、2018年9月に帰国。その後の生活を書きます。



1年ぐらい前に書いてた記事ですねーびっくり

3歳過ぎぐらいで遊びに行ったのだと思いますが、今回の滞在中にまた行ってきました。

現在5歳の息子は蝶々だけでなく、虫全般に興味津々なので、もう住人割引は効かないけど、行ってよかったと思いましたよ。昆虫大好きっ子におススメしますよーー!!大人25リンギット、子供は13リンギットでした。

滞在してるホテルからはgrabで向かいました。ツインタワーの近くから15分ぐらいかな?

屋外展示は蝶々が放し飼いです。蒸し暑いので、汗ダラダラになります。朝9時半から開いてるようですが、なるべく早く着く方がいいですよ。私たちは10時過ぎに到着しましたが、人は少なかった!天気も曇りでまだじっくりみられる感じ。日差しもあるので、帽子と汗拭きタオルとお水は必携です。10時半過ぎには人が沢山になりましたよ。

今回、NHKの番組で香川照之さんが出演して息子も大好きな「昆虫すごいぜ!」のカマキリ先生inマレーシア編で出てきたアカエリトリバネアゲハを見つけることが出来て親子で大興奮でしたー!写真はないけど!羽をすごい速さで動かして、なかなかスマホでは…確かに蝶々界の叶姉妹でした!色鮮やかで美しく、身体も大きく、何ともゴージャス!!


南国の花を見るのも楽しいです。蝶々以外も、トンボ、バッタ、カタツムリなどを見つけて、息子は喜んでおりましたよ。

なぜか受付で鯉の餌も売ってるんですが(しかも5リンギット。結構する。)水槽に魚も展示されてたり、池には鯉や亀がいたり…一貫性がないのが何ともMalaysia boleh!って感じ。


これは、ハイビスカスに蜜を混ぜた水をかけたもの。たまに蝶々がとまってます。

小一時間蝶々やらを堪能した後は、室内展示へ。クーラーが効いてるのが嬉しい!

そして、前回サラッとしか見なかったのですが…

各種カブトムシやクワガタ、ハナカマキリやコノハムシ、ナナフシやらの生きたものが展示されていて、息子殿が大変に喜んでおりました!!カマキリ先生が捕まえた虫や、図鑑で見た虫が沢山!出口に近づいたら、

ラブもう一度見る!!ラブ

と、またリターンして2度も楽しませてもらいました…爆笑

室内展示は昆虫標本も豊富で、なかなか見ごたえありでした。

トータル90分ぐらいは滞在しましたが、昆虫大好きっ子でなければ、1時間もあれば済むかな。

私たちはここからPasar Seni 駅まで歩いて、チャイナタウンにある有名なビーフヌードルのお店でランチして、KL Sentral までLRT で出て、さらにKLモノレールに乗り、ホテルまで帰りましたよ。バスの方が早いしタダなんだけど…息子はマレーシアでも電車好きなので。

よく歩きましたーウインク

ビーフヌードルのお店は…

新九如(新记)牛肉粉

チャイナタウンにある有名店です。2つとも9リンギット。私は写真1枚目のミックス。息子は肉団子のみ。麺は3種類から選べます。米の平麺、卵麺、ビーフン。時間によっては混んでて相席になりますが…何としても食べる!という強い意志を持って、席を確保して、しっかり主張して注文しましょうね。息子も沢山たべましたよ!美味しかった〜ラブ





マレーシアに住んでいた時、買うか迷っているうちに見かけなくなってしまい、食べられずだった…


ドーナツピーチ!何人かの方がブログで記事にされてますねウインク

今回の滞在で食べることが出来ました。
今ならまだ間に合いますよ、奥さん!そのうち〜と思ってると、いつの間にかスーパーから消えます…多分旬があるんでしょうね。

写真のものはスリアのISETANで13リンギットほど。

食べてみたら…

ラブ美味しい!ラブ

日本の白桃と比べるともう少し歯ごたえがあって、でもジューシーで甘いんですラブ

気になっていたことが1つ、消化できました。

主人よ、ありがとう!

無事にクアラルンプールに着いて、ぼちぼち暮らし始めました。


出発が結構差し迫ったある日、主人に言われました。


ショボーンマレーシアはどのスーツケースで行くの?ショボーン

(準備してる?)


びっくりピンクのやつだよー。ガーン

(してない


ある程度知ってるから、何か忘れても買えばいいしと思っていると、中々真剣にならない準備でも、お金は大事なので、やっぱりちゃんとしないと!


さて、クアラルンプールは都会だし、大抵のものは揃うので、日本から持って行くのを忘れても買えばいい。のですが、買うのが難しい物や、現地調達が勿体ない物も、やはりあります。


ひらめき電球まずは息子に関わるもの。

使ってる塗り薬とか、ボディソープ。彼は肌が少し弱いのです。扁桃腺を腫らしやすいので、体温計も必須。

他に、おもちゃや絵本、ワークブックを少しいれました。

後は念のため、母子手帳。


ひらめき電球私に関わるもの。

化粧品。

薬局に行けば、日本のメーカーのプチプラコスメも売ってはいますが、現地ではお高いコスメと言わないまでも、日本での値段を知ってると手が出ません。日本製品の安心感はあるけど大手化粧品メーカーもISETANに入ってますが、日本と同じラインナップではなくて、手に入らないものもありました。

生理用品。

私はこれしか使わない、という商品があります。同じものがクアラルンプールでは手に入るので、住んでた頃はストックが無くなると現地調達してましたが高いです!!品質はほぼ同じ。でも、確か2倍以上の値段でした現地メーカーのものは一度も使ってないので、わかりません


ほかにコンタクトは度数がわかれば眼鏡屋さんで買えますし、保存液もそんなに日本と変わらない値段だったかと現地でコンタクト買いたい!となったら、外箱を取っておけば同じものが手に入りますよ~!


ひらめき電球食に関わるもの。

息子と私の箸。

調味料。

今回の宿はミニキッチン付きです。

クアラルンプールのスーパーには大抵の日本の調味料は売ってますが、小さいものはあまりない記憶がなので、醤油、みりん、料理酒、オリーブオイル、めんつゆは日本のスーパーで売っている一番小さなものを持って行きます!値段も日本で買う方が安いかな。後は野となれ山となれ。


タッパーと保存袋、そしてラップ

子供と2人分のご飯って作りにくそうなので貧乏性なのかな。住んでいた時、小さいサイズのラップはDAISOで買っていました。でも、マレーシアのDAISOは百円ではないからね帰る頃には要らなかったなーと思うかもしれないけど、大して荷物にはならないし、他の用途に使える物もあるので準備しました。


レンチンご飯。

炊飯器、ある部屋もない部屋もあるようですが、レンジはあるのでレンチンご飯を用意。息子はあんまりパスタは食べないわたしも毎日は無理!これが一番嵩張って重かったかも。


乾物

ひじきと切り干し大根、干し椎茸が家のストックにあったので、入れました。これらは料理をする主人は使わない食材なので。クアラルンプールでは手に入りにくいし、入っても中国産なので。


滝汗忘れたもの滝汗

爪切りと耳かき…あと、素麺ぐらい買ってくればよかった…めんつゆ買ったのにな。