現代医学の「取りこぼし」をカバーする「第3の医学」オステオパシーで日本の医療を底上げしたい!オステオパシーの専門家・正治健人

現代医学の「取りこぼし」をカバーする「第3の医学」オステオパシーで日本の医療を底上げしたい!オステオパシーの専門家・正治健人

現在医学には西洋医学と東洋医学がありますが、それでは治らないものも多々あります。そういった「現代医学の抜け落ち」をカバーできるのが「第3の医学」オステオパシーです!オステオパシー的観点から健康、医療を中心に様々な情報をお届けします!

こんにちは


現代医学の取りこぼしをカバーする、

「第3の医学・オステオパシー」で

日本の医療を底上げしたい!

あなたの健康をサポートする

オステオパシーの専門家・正治健人です。




緊急事態宣言が解除されて以降、

まだ決して油断は禁物ながらも、

コロナウイルスの

新規感染者数・死者数はともに低い所で

安定し続けているようですね。


これは、

「やるべき対処を徹底してやっていれば、

必要以上に恐れることはないのだ」

という事実を証明するものではないかと

思います。


おそらく、

ここから油断することなく

今と同じレベルの警戒を継続していけば、

今後も低い数字で抑えることができる

というのは十分期待できることでしょう。




さて、

そうしてコロナウイルスそのものの脅威が

少し治まってくると、

次に問題となってくるのは

「コロナ騒動によるダメージ」です。


目に見えて現れている経済的なダメージの方は

もちろんのことですが、

その他にも身体に受けるダメージも

続々と現れてきているという現実があります。


そこで、

今日はコロナ騒動における身体のダメージ、

俗にいう「コロナ疲れ」について

お話をしたいと思います。




葛西オステオパシールームは

コロナ騒動が始まった当初から

継続して通常どおりの受付をしています。

そのお陰もあって、その中で

「明らかにコロナ騒動が原因となって

影響を与えている体調不良」

というのがハッキリとわかるように

なってきました。


                          ↓↓↓


1、肩や首のコリ、目の疲れや頭痛がひどい


テレワークとなり

家の慣れない高さの机で作業をしたり、

またパソコンをいじる時間が多くなることで、

姿勢の崩れ、目や頭への負担、

神経の疲れなどが起こることになり、

コリのつらさ、目の疲れ、頭痛などが

目立ってくる人が増えています。



2、座り時間が長くなり腰を痛めた


今までは通勤などで少し身体を動かす時間が

あったものの、

家での事務仕事が増えると

当然座っている時間が長くなり、

姿勢の崩れによる負担が身体のバランスを

崩してしまいます。

その結果として、

腰痛やぎっくり腰を引き起こす方が

激増しています。



3、運動ができなくて身体の動きがおかしい


今まで外でのジョギングや

スポーツクラブでのトレーニングなどが

できていたのが全くできなくなり、

室内でのヨガやストレッチを

チョコチョコやる程度に収まっている人が

多くなっているので、

運動不足から姿勢や身体のバランスの崩れが

目立ってきています。



4、だるくて寝ても疲れが取れない


実はこれは一般的に

「コロナうつ」と呼ばれている症状の

初期段階です。

コロナウイルスに感染してしまうのでは

ないか・・・・という恐怖や、

この先社会がどうなるのか・・・・

という不安などにより、

ストレスから神経の高ぶりの状態が起こります。

そうなると身体は力みが抜けず

質の高い睡眠も取れなくなるので、

疲れが抜けなくなります。

一晩寝たはずなのに、

朝起きた時だるくて寝た気がしない・・・・

という場合には、

まずこれだと思っていいと思います。

そしてそれに加えて

「季節の変わり目の身体への負担」も重なって、

症状をより積み重ねてしまうことに

なっています。



5、眠れない、寝てもすぐ目が覚める


上記の「だるくて疲れが取れない」

の状態が進行すると、

次の段階として

身体が「覚醒した状態のチャンネル」

から抜け出せなくなり、

リラックスができなくなるので、

眠りが浅くなり不眠へと突入してしまう人が

多く見られています。

これがさらに進行して次の段階に突入すると、

完全なうつの状態に入ってしまいます。

そしてさらに、

ステイホームで少しのんびり過ごしていた状況から

自粛が解除されて「さぁ仕事が始まるぞ!」

という時期に、

「また通常通りの仕事が始まるのか・・・・」

というストレスも

この症状に拍車を掛けているようです。




これらが俗に言われている

コロナ騒動によるダメージ、

つまり「コロナ疲れ」の症状になります。


読んでわかるように、

これは1つの症状だけではなく、

コロナ騒動の自粛環境や

そのストレスなどによって受ける

身体の負担が引き起こす体調不良の総称

ということですね。


そして、

オムロンヘルスケア株式会社の調査によると、

3人に1人が

「テレワーク開始後、体調不良を感じている」

と回答しており、

そのうちの4人に1人が

「症状は重度である」と回答しているそうです。


あなたの体調不良も、この中のどれか1つに

当てはまっているのではないでしょうか?

もしそうであれば、

それは間違いなくコロナ疲れの症状です!




コロナウイルスが完全に終息すると言えるのは

まだまだ先の話になります。

それまでは出来ることをやりながら

最善を尽くして耐えていくしかない。

つまり、

コロナ疲れが引き起こる原因は

まだまだ終わりにはならないということです。


今の時点ですでにこれらの症状が

出ているようであれば

充分「黄色信号」と言えるので、

心当たりのある人は今のうちに

1度を身体を整えてリセットしておくことを

オススメします!


特に、

上記45の症状に対しては、

頭蓋骨の調整による脳の解放や

神経バランスの調整なども行う

オステオパシーは

「最も適した対処法」であると言えるので、

コロナ疲れに心当たりのある人は

ぜひオステオパシーにご相談下さいね!



それではまた(^-^)/☆




ご予約はこちらから


・ネット予約、空き状況の確認は

   こちらをクリック!

   クービック予約システムから予約する



TEL03(6909)5102

・ホームページ:http://k-oste.com

・受付時間:月- 10:00~20:00

                      日曜 10:00~19:00

     ( 施術時間は10:30からとなります。)


6月の休診日は、 

    6()14()21()27()

   になります。 

7月の休診日は、 

    4()5()12()19()

    23()24()25()

   になります。 



:こちらのブログは、

      火曜日前後に更新予定となります。


:姉妹ブログはこちらをクリック!

・スポーツをやっている全ての人のための

    スポーツブログ

     https://ameblo.jp/k-oste-sports/

・不妊出産育児小児の健康管理など

    お母さんと子どものためのブログ

     https://ameblo.jp/k-oste-mother/



  施術院葛西オステオパシールーム 


葛西オステオパシールームは、

江戸川区、江東区、葛飾区、足立区、

中央区、新宿区、港区、渋谷区、大田区、

目黒区、品川区、世田谷区、墨田区、

中野区、板橋区、豊島区、北区、練馬区、

台東区、文京区、

東村山市、府中市、調布市、多摩市、

日野市、立川市、狛江市、

浦安市、市川市、船橋市、松戸市、柏市、

旭市、流山市、鎌ケ谷市、千葉市、

八千代市、習志野市、佐倉市、

川越市、越谷市、三郷市、戸田市、

さいたま市、鶴ヶ島市、

横浜市、川崎市、三浦郡、

群馬県、青森県、福島県、栃木県、山梨県、

兵庫県などの方々が

ご利用されている施術院です。



・ネット予約、空き状況の確認は

    こちらをクリック!

   クービック予約システムから予約する


・住所:134-0088

              東京都江戸川区東葛西6-1-10-405

TEL03(6909)5102

・ホームページ:http://k-oste.com

・受付時間:月- 10:00~20:00

                      日曜 10:00~19:00

     ( 施術時間は10:30からとなります。)

・不定休

・完全予約制




東西線・葛西駅から徒歩2分!

     アメリカ医学オステオパシーの

     専門施術院です!

     施術院  葛西オステオパシールーム