こんにちは。
ITエンジニア、パソコンサポート22年の後閑克己(ゴカンカツミ)です。

 


今回はパソコン起動時に求められるパスワードに関する内容です。

 


Windowsパソコンの電源を入れた後、アイコンが並んだデスクトップの画面が表示される前に入力を求められるパスワードをログインパスワードと呼んでいます。




パソコンを長い期間使っていなかったらこのログインパスワードが分からなくなった
とか、
知人からパソコンを譲り受けたがパスワードが分からない
あるいは
使っていた家族が亡くなってしまったが訳あってパソコンを開きたい
など、ログインパスワードにまつわる問題は様々あります。



このログインパスワードが分からなくなってしまったが、データを削除したり初期化したりせずにそのままパソコンを開きたいという時、果たして解除はできるのでしょうか?



答えは一定の条件下なら可能です。



ログインパスワードが確実に解除できる条件は、
1. ローカルアカウントである事(マイクロソフトアカウントではない事)
2 そのパソコンがUSBメモリやDVDなど外部メディアからブート(起動)できる事
の2つです。

2.に関しては、小型で携帯性の高いパソコンの中には安全性を高めるために外部メディアから起動できない設計にしている機種もあります。



この記事の最後に解除方法を説明した動画を掲載していますので現在困っている方は参考にして下さい。
Windowsのログインパスワードを解除する方法はいくつかありますが、この記事で紹介する方法が最も簡単で、最低限の知識があれば操作できるはずです。



1..正常に動作するパソコンを使ってパスワード解除ツールを用意します。


2.BIOS(バイオス)を起動し、そのツールが入ったドライブから起動させるように設定を変更します。
  (BIOSの変更はある程度の知識が要求されます、また機種により操作が異なります)


3.パスワード解除ツールが起動すれば、あとは画面の指示通りにマウスをクリックして進めていきます。
英語のソフトウェアですが、基本的な単語しか使われていないので難しいところはありません。



パスワード解除ツールの作成方法

 

 



パスワード解除ツールの使い方

 

 


管理者のLINE公式アカウント登録
https://lin.ee/8qgRE17


友達登録していただきますと、IT関係の技術相談に応じます。


Youtubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC-dkakEJm9yGm3V7of3v5qA


フェイスブック:
https://www.facebook.com/profile.php?...


ツイッター:
https://twitter.com/toneriver


管理者への連絡は以下のお問い合せのフォームからお願いします。
https://happiness-jp.com/

こんにちは。
ITエンジニアであなたの相談相手 後閑克己(ごかんかつみ)です。

 



今回も私が依頼を受けて対応した案件からの取材です。



ある女性向けサービスを行っているサロンから、新しく購入したパソコン設定の依頼を請けました。
現地に訪問してノートパソコンの開梱や初期設定を行った後、インターネットに接続するために無線LAN(Wi-Fi)に接続するために機器の状況を見せてもらって驚きました。
そこには光回線が2本、無線親機が5台程設置されていたからです。



このサロンは貸しビルの一室に入っていて、さほど広い空間ではありません。
私は何の目的でこんな回線環境にしているのかにわかに理解できませんでした。



そこでお客様に事情を尋ねると、電話がかかってきて勧められたとの事でした。
なるほどそういう事か。



ハンバーガーショップやコンビニなどが集客目的でWiFiの電波を出しているのと同様、無線LANを設置する事で集客効果がありますよなどといううたい文句で回線や機器をセールスしている業者があると知っていたので事情はすぐに理解できました。



このサロンのオーナーさんは販売業者に言われたか自身で思い込んだのか分かりませんが、無線LAN1台につきパソコンやスマートフォンが1台だけしかつながらないと思ってこれだけの台数を導入していたようです。



ちなみに1台の無線親機に接続できる端末台数は有線、無線の合計で理論上は約250台です。
しかし、1本の光回線から送られる情報量全体をその端末台数で分け合う事になるため、つなげている台数に応じて通信速度は落ちます。
例えて言えば、水道管の本管から各家庭に分岐する、その軒数が増えれば水圧が落ちるのと同じです。



そんな電話勧誘営業の言いなりになって機器を契約するような人が、よくこれだけの店を経営できるな って思いましたがもちろん口には出しません。



アクセスポイント(無線親機)のレンタルを行っているある会社では、高性能の機器を月額2,000円で利用できるといいます。
月で考えればさほど高いと感じる料金ではありませんが5年契約で12万円もの費用になります。
ちなみに市販されているアクセスポイント(無線親機)は高機能とされるグレードの製品でも3万円程度の価格帯なので、そのレンタル契約がいかに高価かお分かりになると思います。

 




という事で、電話勧誘に応じて得する事は何もありません。
こういった無駄な出費をしなくてもいいように、私のような立場の業者をうまく利用して欲しいものだと思います。



管理者のLINE公式アカウント登録
https://lin.ee/8qgRE17


友達登録していただきますと、IT関係の技術相談に応じます。


Youtubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC-dkakEJm9yGm3V7of3v5qA


フェイスブック:
https://www.facebook.com/profile.php?...


ツイッター:
https://twitter.com/toneriver


管理者への連絡は以下のお問い合せのフォームからお願いします。
https://happiness-jp.com/

こんにちは。
ITエンジニア、パソコン専門家の後閑克己(ゴカンカツミ)です。

 

 

今回はアップデートに関する記事です。


私がITエンジニアとして業務を依頼されたお客様に対応している中で、よく質問されるのがこの記事の表題である、アップデートって実行した方がいいの? 実行していいの?
です。



これ、自分では迷ったり考えたりする事がなかったので気づかなかったんですが、質問を受ける事で一般のお客様ってこういった事を心配したり気にしたりするんだって気づかされます。



アップデートとはご存知の通り更新、すなわち現在の内容を新しくするという事です。
パソコン関連の技術は日進月歩(秒進分歩?)で日々新しく開発されていて、それを現在のデバイス(機器)に取り込んでその技術を反映させるのがアップデートというしくみです。



アップデートはOS(WindowsやMacOS,Androidなど)に対して行われるイメージがありますが、アプリケーションソフトやファームウェアに対しても実施されます。

 




ファームウェアとはパソコンやプリンタなどの機器に搭載されている基盤上の半導体部品に書き込まれている機器を制御するためのプログラムで、エアコンや洗濯機などの家電製品にも搭載され、工場出荷のままでは不具合があるケースもあり、また動作に問題はないが内部の処理をより高速にしたり安定させる目的でアップデートが行われます。

 



冒頭の、アップデートって実行していいの? は通常パソコンの画面右下に吹き出しのような形で表示されるものを指し示しているようです。



その質問に対する私なりの答えは "どちらでもいい" です。
その理由を説明します。



アップデートをしていいのか という思考自体が不安や心配から来る質問だと考えられます。
この質問をする裏には、アップデートを実施する事で何かトラブルや故障の原因になるのではないかという思考が見て取れます。
ですので現在問題なく動作しているのであればその心配を押してまであえて実行しない方がいいです。



一方、既に述べたようにアップデートは動作を速くしたりより安全性を高めるなどの目的で行われる訳ですから実行して損はありません。
私なら躊躇せずに実行します。(但し、何に対するどのような更新なのかは必ず確認します)
また費用もかかりません。
費用がかかるアップデートって聞いた事がありません。



アップデートを実行する際の注意事項としては、更新中は絶対に電源が落ちないようにする事です。
特に前述したファームウェアのアップデートは、書き換え中に電源が落ちるとその機器が死にます。
何故なら、アップデートはファームウェア自体が行っている処理であり、そのファームウェアが壊れた状態になってしまえば機器の正常動作も更新もできないからです。



という事でよく分からなくて心配ならそのままスルーしても使用には問題ないというのが今回の結論です。
最後までお読みいただきありがとうございました。




管理者のLINE公式アカウント登録
https://lin.ee/8qgRE17


友達登録していただきますと、IT関係の技術相談に応じます。


Youtubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC-dkakEJm9yGm3V7of3v5qA


フェイスブック:
https://www.facebook.com/profile.php?...


ツイッター:
https://twitter.com/toneriver


管理者への連絡は以下のお問い合せのフォームからお願いします。
https://happiness-jp.com/

こんにちは。
ITエンジニア、パソコン専門家の後閑克己(ゴカンカツミ)です。




IT機器の設置や設定、修理、運用支援などを専門に行っています。
今回は無線LAN(Wi-Fi)の電波に関する記事です。



あなたの家ではWi-Fiをお使いですか?
とても便利な道具ですから恐らくお使いになっている事でしょう。
では、家族全員で使っても不足しない十分な速度が出ていますか?



私はこれまでWi-Fiを含むインターネットの接続設定を数千件行ってきました。
その中で、最も多かったお客様からの質問は、"この電波はどこまで届くの?" という事でした。



Wi-Fi(無線LAN)は免許が不要で誰でも使える機器であるため、その電波は微弱です。
無線ルーターは価格帯の広い商品であり、家庭用の3,000円程度の製品から100,000円以上もする高機能モデルまでありますが、電波そのものの強さは電波法で上限が定められている(10mW)ためどの製品でも大きな違いはないはずです。



高機能モデルはアンテナの本数や内蔵している電子部品の性能、対応している電波の規格、ビームフォーミングなどの高速化技術を搭載しているので安定した通信ができるという仕組みがあります。



話を戻して、現在市販されている主要な家庭向け無線ルーターを使った場合、どの範囲まで電波が届くのか?
この質問に、私は概ね15m程度と答えています。
つまり一般的な戸建て住宅やマンションなどであれば、家の中央付近に機器を設置すれば家の中のどこにいても使える訳です。
それでは別の階はどうなのか という疑問が出てきます。



1階に設置した場合、2階に電波が届くか については私の経験上、届く場合が多かったです。
ただこれもその建物の構造や建具、家具、家電製品など電波の障害になる物が置いてあるかどうかにも大きく影響を受けます。
メーカーの調査では、障害物が無い見通せる場所では100m以上離れた子機と問題なく接続できたという報告もあります。
しかしこれはあくまで実験環境下であり、実用的な数値ではありません。



スマホが受信している電波の強さを示す扇形が一本消えるような状況なら、高機能モデルのルーターに買い替えるより中継器を導入する事をお勧めします。
中継器とは上記のように障害物の影響などで減衰した電波を増幅させるための機器であり、最近は実用的に十分な性能を持った機種が数千円程度で購入できます。



接続も親機の近くに置いてボタンを押すだけといった簡単に使える機種が多く、数分程度で接続できるので専門の業者に依頼する必要もありません。
最近対応した事例でも、親機を1階に設置して2階で動画を再生したらカクカクの動きだったのが中継器を入れたら電波全開になりました。


という事で今回の記事内容のまとめです。

丸ブルー無線LAN(Wi-Fi)の電波強度は電波法で定められているので高価な製品だから電波が強い訳ではない。
丸ブルー無線LANの実用範囲はおよそ15m~最大30m程。
丸ブルー無線LANの電波が減衰している場合は中継器を用いる事で増幅して利用する事ができる。



この記事が参考になったという方はぜひ いいねボタン クリックお願いします。



管理者のLINE公式アカウント登録
https://lin.ee/8qgRE17


友達登録していただきますと、IT関係の技術相談に応じます。


Youtubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC-dkakEJm9yGm3V7of3v5qA

フェイスブック:
https://www.facebook.com/profile.php?...

ツイッター:
https://twitter.com/toneriver


管理者への連絡は以下のお問い合せのフォームからお願いします。
https://happiness-jp.com/

こんにちは。
ITエンジニア兼パソコンサポート専門家の後閑克己(ごかんかつみ)です。

 

 

今回の記事はオーダーメイドソフトに関する内容です。



私のブログの読者には、ビジネスをされていてオーダーメイドソフトを使っている方もいらっしゃると思います。
簡単に説明すると、

右矢印オーダーメイドソフト
その(自社の)業務に合わせて専用に設計・開発されたソフトウェア(システム)で、仕事のやり方に適合しているが費用は高額となる場合が多い。

右矢印市販ソフト(パッケージソフト)
売掛管理 とか 建築見積 とか 顧客管理 などの業務を想定して開発されたシステムで、自社の業務に合った製品を選んで使う。
オーダーメイドソフトよりも低価格での導入が可能。

(パッケージソフトっていう名前は箱に入って売られているところから来ています)


スーツとか住宅などと同じですね。
ちなみに、私自身も顧客から注文を請けて数社のシステムを開発及び運用支援を行った経験があります。




業務で使用するソフトウェア(システム)を使い続けるにはどうしてもメンテナンス作業が必要です。
その代表的なものがパソコンの入れ替えです。
別記事でも書いている通り、パソコンの寿命は概ね6年程度ですので長くビジネスを続ける中で機器の入れ替えは避ける事ができません。



市販ソフトはDVDやUSBメモリなどの記録媒体に保存されていて、それを新しいパソコンに入れて(インストール)、旧PCから新PCにデータを移行するための仕組みも用意されている(製品が多い)ので基本的な知識があれば開発元のサポートを受けずに移行できます。



一方オーダーメイドソフトの場合,

もちろん開発を担当した業者によってやり方は異なるはずですが、私が経験してきた事例では市販ソフトのような移行ツールを用意したり、事前に詳しい手順書を顧客に渡すといった事をしていた開発業者には会った事がありません。
それが何を意味するか既にお分かりでしょう。
つまり、オーダーメイドソフトはそ使用をやめるまで開発元(納入元)のサポートが必要となる性質を持ったものだという事です。

 



私がこれまで請けてきたパソコンの入れ替え作業の中で、この "他社が開発したオーダーメイドソフト" が関係する作業もそれなりに経験しています。
業界関係者なら事情はお分かりでしょうが、こういった状況になる = その開発元が消滅してしまっている事を意味します。
そして、そのパソコンの寿命とともにそのシステムともお別れする事になります。
実際、あるエステサロンではオーダーメイドの顧客管理システムを使用していたのですが、その開発元がすでに営業しておらず、新しいパソコンを用意したにも関わらずシステムの移行ができませんでした。


丸レッド補足
専門的な内容となりますが、オーダーメイドソフトを開発している企業・組織の中には、納入先の顧客がそのシステムを同業者に転売しないように、単にファイルのコピーだけを行っても動作しない仕組みを組み込んでいる所もあります。



という事でまとめると、
クリップオーダーメイドソフト
専用仕様のため自社業務に合っているが費用が高額、またそのシステムを使い続ける限り提供元からのサポートが必要。
倒産や廃業などで提供元が無くなってしまうと継続使用出来なくなる(場合がほとんど)。
なので現在これを使用している場合は提供元と相談の上、将来のPC入れ替えに必要な準備をしておくのが正しい考え方です。



クリップ市販ソフト(パッケージソフト)
比較的低価格で利用者可能。自社の業務にピッタリ適合するかは選ぶ製品次第で導入時は提供元の支援が必要な場合もあるが、詳しい手順書が用意されているため継続的な支援がなくても使用可能(製品による)


この記事があなたのビジネスの何かの参考になれば幸いです。

 

 

 

管理者のLINE公式アカウント登録
https://lin.ee/8qgRE17


友達登録していただきますと、IT関係の技術相談に応じます。

Youtubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC-dkakEJm9yGm3V7of3v5qA

フェイスブック:
https://www.facebook.com/profile.php?...


ツイッター:
https://twitter.com/toneriver


管理者への連絡は以下のお問い合せのフォームからお願いします。
https://happiness-jp.com/