イヴの夜

テーマ:
名古屋のホテルにて。
娘が泣いた気がして眼が覚める。
朝から朝まで娘の為に奔走し続けてる奥さんの…ほんのほんの数パーセントでも手助けになればと、ミルクをを作らなきゃと…

周りを見渡して、ホテルだと気づき


なんとも言えない気持ちになる。

徐ろにブログに書き始める。

ここ数年人生が激動。
激動すぎる。

ピコ太郎が全世界的にブレイクさせてもらって…世界中飛び回って。
結婚して…
娘が産まれる。

心の躍動を休ませて貰えない。
なんと幸せなことか。

幸せとは?
幸せと思えばそこはもう幸せ。

人は必ず生きてきたら死ぬ。
大富豪から王様から俺のようにたわいも無い人ですら全てにそう。
ならばそこまで
何度「幸せ」と思うか。
そこに人生の価値を見出す。

この宇宙の片隅の星の
小さな大きい国の
ほんの小さな一人が

沢山の人と出会い
かけがえのない人と出会い
全人生をかけても守りたい人に出会う。

それを幸せと思って間違いはない。
これから更に幸せも
困難も
訪れる。
それは確実に。
でも、それもまた幸せ。

命を半分以上を過ぎて
想いは日々変わり
人間として形成していく。

貴方と出会い。語り。笑い。
貴女と出会い愛し、一つになり。
貴女と出会い、抱き締める。

何と幸せなことか。

これまでも

これからも

限りある脳内シナプスの電気信号の刺激。

いや

それは人間の分かる範囲での把握であって

きっと、数千年後にはそんな考えもあったんだと笑われるかもしれないが


心に響くものは不変なり。

そんな、クリスマスイブ。もう明けてクリスマス。

ここから年末正月…

新しい年号へと移りゆく。

寝起きに思い付きのブログですまぬが…



ありがとう、いつも力になってくれるスタッフ、仲間、ファンの方々、父母兄弟…

奥さん、娘っ子!
メリークリスマスぅっとさ!