Noviにサーカスがやってきた

テーマ:
寒い寒ーーいミシガンの冬雪の結晶
週末のお出かけ先を探すのも、インドアが必須条件です。

そんな折、うちから車で10分ほどのサブアーバンショープレイスにDetroit Shrine Circusというサーカスがやってくるとの情報音譜
早速行ってきました〜

ちなみに、シートは何種類かあってVIP席は50ドルくらいでした。
夜のショーなら、ディナー付き75ドルというのもナイフとフォーク
私たちは背もたれ付きのシートにしたのですが、
ネットで予約していけば10ドル引きの20ドルでした合格


会場に入ってみると…
着ぐるみやピエロがお出迎えしてくれました。
縁日のようなお店が出ていたり、
ピカピカ光るおもちゃやバルーンの売り子さんがいたりと、お祭り騒ぎピエロ

上演までの待ち時間は体重150パウンド以下なら、象さんにも乗れます。
大行列でした爆笑
タイで乗った象さんは至る所でウ◯チするので臭かったですが、この象さんたちはしっかり躾けられているのか最初から最後まで粗相無しで偉い子たち👏

挨拶と全員起立の国家斉唱のオープニングに続いて、いきなり大迫力のバイクブランコ🏍


猛スピードでブランコを揺らしまくるだけでは飽き足らず、広げたスクリーンに向かってダイブ!
そして、ブランコはぐるりひと回転おーっ!
キャー

こちらもバイクを使ったパフォーマンス。
途中からタイヤをひとつ外して爆走DASH!DASH!

吊りロープショーバレエ
すぐ横に空中ブランコも登場して、どこの席に座ってもパフォーマンスが楽しめるようになっていました。

長縄飛びの中で縄跳びをする彼ら。
長縄が苦手で、いつもまわす係を買って出ていた私には理解不能な世界が繰り広げられてます叫び

30分ほどの休憩を挟んで、後半は綱渡りからスタート。
命綱も、落下した場合のマットも無しあせる

ただ渡るだけでも神業なのに、
綱に置いた椅子の上に立ってポーズポーン

休憩時間に子どもたちを乗せてた象さん、
ステージでも愛嬌を振りまいてました。

球体の中で3台のバイクが走り回り、更に真ん中に女性が立っていますガーン
同じようなのは上海の中国雑技団でも見たことありましたが、こっちのが客席に近いので迫力ありましたドンッ

クライマックスは人間大砲爆弾
あまりのスピードで写真うまく撮れませんでしたが、赤くぐるぐるマークしたところが発射された人ですびっくり


…と、スリリングなパフォーマンス連発の2時間半でしたが、
私が心掴まれたのは、、
クマさん🐻
二足歩行でよちよち歩く姿が可愛くて、
かつどこか哀愁が漂ってます。

逆立ちもしちゃいます。
旦那さんは「アレ絶対人間入ってる!」と言い張ってました 笑

それっ、ダーンクバスケ


ホワイトライオンや派手な舞台装置はありませんでしたが、
お客さんもフェイスペイントしたり
ポップコーンや綿菓子を食べたり、アメリカらしいファミリーイベントを体験できてほのぼのしましたぽってりフラワー

終わって外に出ると…そこは吹雪チーン
まだしばらくはインドアな週末が続きそうです。