この投稿をInstagramで見る

初めて文化放送でラジオのレギュラー番組を持たせていただいたのが「センパツ」でした。 その時に組んでくださったのが大学の先輩で同じ学部でもあった松島茂アナウンサーことシゲシゲ。 私にとって松島さんは初めてコンビを組ませていただいたアナウンサーでもあり、ラジオの楽しさを教えてくださった方でもありました。 また松島さんと組んで番組をやらせていただきたい!というのが心の中の目標になっていました。 センパツでは、他とは違う呼び名でやろうと、シゲシゲとヤギジュンコンビで1年半やらせていただきましたが。。 ラジオでの3時間番組は初めてで、右も左も分からず始まった緊張しっぱなしの3時間を、 いつでも柔らかな笑顔で、無理難題にも付き合ってくださり、知らないうちに松島さんのペースで番組がつつがなく着地点に到達して終えられる。くだらない話から超真面目な話まで多岐にわたり対応可能、物腰柔らかく優しくも頼もしい先輩でした。 いつも暖かく迎えてくださりスタッフの皆さんとも和気あいあいと楽しかった思い出しかありません。番組では、私が東大和市の講師をやっていた時期に1日体験入学をする企画も。アイスショーにもご家族で来てくださり。。。 シゲシゲとはそんな番組でのご縁から、終わった後も別番組でご一緒させていただく機会も多く、砂山アナウンサーを試合に出すための特訓から当日試合会場での素晴らしい実況、バンクーバーオリンピックの時の深夜の電話出演の際の東京とのやり取りの最後バッサリ電話を切るタイミング(これはセンパツ内での出来事笑)、焼肉を食べに行ったり。。。シゲシゲはお酒が呑めないので烏龍茶で私のくだらない話に付き合ってくれたり。 またフィギュア企画する時に実況をぜひ!とみんなで企画話をしていた時の笑顔が忘れられません。。。 「ヤギジュンまた!」といまでも声が聞こえてきそうです。 ゆっくり休んでくださいね。 ご冥福をお祈りいたします。

JUNKO YAGINUMA(@junko_yaginuma)がシェアした投稿 -