雪の降る月

テーマ:
数日前にこの冬初めての雪が降り積もった。

久しぶりの急な寒さ。
やっぱり寒いのは不得意なまま変われない。

寒いのは得意ではないけれど、変わり者を見るのは得意な自分が変わった世界を観たような気がした出来事。

雪の降る中、九州から遥々来ていただいた大切なお客様を送る為に車を出した。

庭に積もる雪を久しぶりに見た。

フロントガラスに乗った雪を押しのけエレメントで走り出した。

雪は相変わらず岐阜県のごとく降り落ちてくる。

去年作った雪だるまを思い出した。

久しぶりに見た雪はとても気持ち良くて苦手な寒さを車の中で忘れた。

そして、少し走り出した空に見えたモノ。

六六六 雪の中に輝く下弦の月 六六六

空からは雪が沢山降っているのに、横にはなんとそれを掬うかのようにしている月が出ていた。

初めて見た光景に胸が高振り、何度も声を上げた。

こんなワクワクする体験を今でもできるコトに感動した。

こんな偶然では起こらない絶景を連れてきてくれた客人の松居トコさま。

来ていただき本当にありがとうございました。

楽しく話してくれた息子の松居大悟さんとの三重県での親子対談&映画上映。
本当に実現させたいという気持ちが溢れ出る。

雪の降る月をはじめて見たボクは、時空を超えたスピードでホテルへ着いた。