野菜の王様と呼ばれている野菜があります。
それは、アラビア語で「王様の食べ物」という意味があり、王族だけの貴重な食材だった「モロヘイヤ」です。
美味しいだけでなく栄養価が高いモロヘイヤは、ソフトイーエックススタッフも大好きです。

モロヘイヤは、1980年代に日本に入ってきたばかりの野菜のため、食べたことがない方も多いかもしれません。
モロヘイヤには、優れた栄養価と美容効果があり、王様だけでなくクレオパトラも好んだと言われてる野菜です。

葉を刻んで、熱を加えると粘りがでるのが特徴で、このネバネバ成分には様々な効果があります。
消化サポートだったり糖の吸収を遅らせて血糖値の上昇を抑えたり、糖尿病や動脈硬化の予防までしてくれてます。
モロヘイヤには、豊富なβカロテンやホウレンソウの約5倍ものカルシウムが含まれていて、野菜の中でトップクラスの栄養価を誇ります。
抗がん作用や老化抑制、便秘の予防・改善など美容と健康にとても良い食べ物ですね。

鮮度が落ちてしまうと葉が固くなってしまうので、新鮮なうちに食べることをソフトイーエックスはおすすめします。

また、さやと種には毒性があるので、家庭菜園する場合は葉だけを食べるようにしましょう。
市販されているモロヘイヤは、毒が取り除いてあるので安心して食べられますよ。