気がつけば、みんな味方!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018年11月01日

スマホやりすぎて頭悪くなってきた。

テーマ:ブログ
Sスマホ見てる時間が1日4時間とか普通。

凄い時間。

本読めなくなるわけだ。
頭悪くなりますね。

でもなー、

知り合いの皆さんの活躍ぶりも見ておきたいし、
近況も知っておきたいので、
やっぱりちらっとはみておきたい。

寝るとき投稿見て、
眠れなくなる時とかもあって。

うまい付き合い方が見つからない。

積極投稿をしなくなったので、
少しはマシですが。

さてと、
相変わらず、

毎日が、
ぶっ飛んで昨日になる。

昨日も朝は大阪で会議、
その後広島で。

今日は鹿児島で朝一ミーティング。
そして、広島セミナー。

朝、

どこかの県に行って、
昼は違うところに行くというのも、
普通です。

今月も、
沖縄から北海道まで、
全地域飛んで歩きます。
2018年10月28日

48歳目前にして、オーダーメイド以外、もう着れない。

テーマ:ブログ
年齢も48目前で、
そろそろ恥を知ろうと、
思うようになり、

見栄えの悪さを解消するべく、

今年から、
スーツとシャツは、
全てオーダーメイドにしました。

現在のところ、
急ピッチにスーツ5着作りまして、
順調です。

シーズンごとに、
4着ずつ作り、
それを着まわす計画。

冬服は1着なので、
至急あと1着作ります。

生地はもう選んであるので、
時間みて打ち合わせに行ってきます。

当たり前ですが、
全てが自分の体にフィットしてるので、
着ていて疲れません。

これは、
驚きでした。

生地も、
仕立ても、
適度にこだわってるからか、

分かる人には、
生地とか、
ステッチの感じとか、
襟の感じとか、

良いね!
と、
褒められます。

ちゃんとした人扱いされて、
嬉しいです。

今まで来ていた服は、

割と良いブランドではありましたが、
順次始末していきます。

既製品は、
サイズがやはり、
合ってないんです。

オーダーメイドを着ると、
既製品はサイズに違和感を感じます。

疲れる。

オーダーメイドという、
贅沢に慣れてきてか、

いまは、

オーダメイドシューズを、
作りたくて仕方がありません。

ていうか、

仕事頑張って、
結果でたら、

一足作ります。


2018年10月23日

起業で成功するのは、大バカか秀才。天才とバカはむずい

テーマ:ブログ
独立起業なんか、
大していいことないから辞めなよ。

と、
僕はいつも思ってる。

起業は、
僕みたいに無鉄砲なバカか、

計算づく目の秀才しか、
やり切れないよ。

頭の良い人は。
少なくとも僕のような起業はしない。

計算し尽くして、
開業後、

即座にうまくいくように仕組んでから、
会社を立ち上げる。

しかしながら、

バカの起業は、
事業計画すら作らず、
行き当たりばったりでスタートする。

努力と根性でなんとかなるって、
そう思ってる。

流石の僕も、

会社が軌道に乗ったのは、
努力でも根性でもない。

ストロングポイントに特化した、
自分なりのビジネスモデルと、

うまく、
マーケティングを生み出すことができたから、
軌道に乗りかけた。

が、

それだけではうまくいかない。

やはり、
最後にはご縁という、
不思議なものに左右された。

私は、

出逢った格上の人に、
引き上げられるという、
不可思議な天運を持っている。

自分より優れた人に、
何故か縁をもらう。

これは、

天からもらった才能ではないかと、
正直思うところがあります。

何故ならば、
努力した記憶が無いからです。

ふつうに、
全自動的に、

自分より優れた人が好き。

負けたとか、
買ったとか、

そういうのをほんの少しでも思う相手は、
僕にとっては対等レベルの人。

優れた人には、

もう、

100対1で、
尊敬してしまう。

したがって、
あっという間に、
好きになってしまう。

それで、

気がつけば、
可愛がってもらってしまう。

ちなみに、
年齢は関係ない。

年下に、
可愛がられることもある。

それで、
実はよくよく考えてみると、

僕は、

昔から、
自分より優れた人としか、
自分の時間を使っていない。

どうも、

自分より優れた人といる時間が、
大好きみたい。

後輩や年下の前で、
吠えてる時間が惜しい。

でも、

良い歳なんで、
それも、必要なんでしょうけど。

出来るなら、
格上の人と一緒にいたい。

というのは、
本当です。

それから、

起業して成功しても、
それを持続し、
あるところまで行くには、

実力が全てです。

その、

最大のポイントは、

再来率に限る。

一度付き合ってくれた人が、
また、お付き合いしてくれる確率を、
圧倒的にしないと、
これは、
無理ですね。

さらに、
加えるならば、

紹介してもらえない人は、
無理だろうなー。

僕なんかは、

紹介してもらえる確率、
凄かったです。

何しろ、

たったの一度も、
新規開拓をした事がない。

100%紹介。

これは、
科学的に証明できます。

紹介をもらえる、
科学というのはありまして、

それは、

格上の人に可愛がられることと、
同じ意味を持ちます。

紹介で生きる起業

というコンテンツで、
本を書くという話もあるけれど、

私はまだ、
たかだか数億円規模の成長期なので、
今は、辞めときますね。

も少し、
突き抜けて、

それがすごいことだと、
証明できたら、
本にしたいと思います。

2018年10月23日

月日がぶっ飛んで通り過ぎる。

テーマ:ブログ
今月、
記憶障害になる程、働いてます。

ちょっと、
どこで何したか忘れないように、
記しておきます。

10月1日 
広島県福山市から今月がスタートし、
熊本→東京→大阪→神戸→東京→浜松→広島→埼玉→仙台→東京→新潟→東京→広島→東京→長岡→宇都宮→京都→東京→札幌→大阪→東京→盛岡→仙台→盛岡→東京→鹿児島→東京→奈良→東京→名古屋→広島

ヤバイですね。
交通費100万くらい使ってそう。

全部清算したら赤字だったりして。
ちょっと怖いです。

来月も同じくらい働きます!
2018年10月06日

岩手へ毎月帰りたい気持ちでいっぱい

テーマ:ブログ
何にもアニバーサリー的なことをせずに、
創立10周年は通り過ぎ、
11年目が始まってます。

アニーバサリーを、
特別やりたいわけじゃ無いけれども、
やっておく意味が見いだせていたので、

この10周年で、
やらなかったことは、
残念です。

次は15年、
20年くらいになるんでしょうかねー。

その頃は、

2時創業とか、
そういう時期と重なります。

年齢にして、
52歳の時の自分

その時、
どうなっているか?

これを、
生きる、
一つの目標にしてきました。

その頃、

両親はもう82歳になっています。

私のその姿を見てもらえるのか、
心配です。

仕事がら、
東京から西日本への滞在が多く、
岩手から離れている自分を、

不幸者と、
いつも思っています。

自宅を含め、
全拠点を東京に戻す時、
それも52歳です。

そしたら、

岩手へのフットワークが、
軽くなるので、

お願いだから、
長生きして欲しいです〜
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス