ニューヨーク 心理カウンセラー 岩田康嗣のブログ

ニューヨーク 心理カウンセラー 岩田康嗣のブログ

アメリカ ニューヨーク在住の心理カウンセラーです。
公認心理師
www.iwatamhc.com
日常に起こった出来事を書いています。

白いかぼちゃ

欲しいな、、、って思ったけど

大きすぎてきらめた。



重くて持って帰れない。



洋梨



洋梨って

美しい果実。

形が綺麗。

私は食いしん坊である。

グルメではないかもしれないが

食に対する熱意は結構ある方である。


急に自分でパンを作ってみたいという衝動にかられ

素人でもできる簡単なパンレシピに挑戦する事に。


今回は目分量でやったので

全て量らずに適当な量でやりました。

(キッチンのはかりが壊れて新しいのをまだ買ってないからです。買います、、、はい。)



ドライイーストに水と砂糖を入れて


5分でこんなに発酵するのですね、びっくり。



ボールに

小麦粉、砂糖、塩、温めたミルクを入れてこねます。


こねてる時は手が汚れてたので

写真はない 笑。

バターを後で足して

こね終わったところ。


一次発酵後

倍に膨れた。



小さく分けて


耐熱皿に並べて


二次発酵させて


オーブンで焼いて


出来上がり。


もっちもちのパン出来ました。


次は甘いやつとか歯ごたえのあるやつとか

作ってみたいです。

CuppaTea

という

香港スタイルのミルクティーです。




めちゃくちゃ

カフェイン入っとるがな。



ガラス瓶の模様が面白い。



ちょっと濃い目のミルクティーですね。



シソに花が咲きました。



秋が深まっていきますね。

胡蝶蘭 温度条件 についての覚え書


胡蝶蘭を育てるのに一番大切なポイントは温度管理かもしれません。


35℃以上で高温すぎて株が弱る。
18℃で花芽形成の温度。
10℃で成長が止まる。株が弱る。
7℃以下で葉が痛んで枯れ始める。


適正気温は夜間18度くらい、日中は25℃くらい。

20℃前後を目指すのが良さそうです。


今現在の悩みどころは

外に出してある胡蝶蘭をいつ室内に取り込むか、、、、。

毎日天気予報とにらめっこしてます。




今週の最低気温は17℃なので今度の日曜日1017日に室内に取り込もうかと思っています。長い冬の間、狭苦しい室内での環境になるので、少しでも長い間風通しの良い外で過ごしてもらいます。花芽形成には18℃の気温に触れる事が必要なので、あたたかければ良いと言うわけではないようです。


花芽のできる条件

大型種   18℃40日間当たると花芽形成。

中型種   18℃20日間当たると花芽形成。

小型種   株が充実すると花芽形成。  



こちらは花芽が既にきている株です。



ニューヨークの冬は室内暖房が効いているので10℃以下の低温になる事はほとんどありません。低温被害はあまり心配してないのですが、とても乾燥するので湿度管理に気を遣う必要があります。
あ〜、また長い冬がやってくるのか〜 ショボーン


Oral B Cross Action

という歯ブラシです。



私は基本的に
歯ブラシは日本製しか使いません。
理由はアメリカの歯ブラシはデカイからです。

でもこのアメリカ製の歯ブラシはちょっと気に入ってます。
確かにデカイです。
口に入れると
プール掃除のブラシを口の中に入れた様な感覚になります。(あくまで個人の感想です。)


ですが不思議と苦しく無いのです。

多分サイドに着いているシリコンのヒゲのおかげかもしれません。

結構隅々まで磨けます。植毛が斜めだからかもしれません。

力もあまりかけずにブラッシングできます。




で、、、
「私は基本的に歯ブラシは日本製しか使いません。」って言っておいて、なぜアメリカの歯ブラシを買ったかと言いうと、
コロナ禍で頻繁に日本に一時帰国できないのでストックしておいた予備の歯ブラシが無くなったのと、わんこが歯ブラシをかじってダメにしたからです。しかも3本も、、。ショボーン 



Hot Honey Lemon & Ginger
ホット ハニー レモン ジンジャー

めちゃくちゃ
生姜とレモンが効いている
飲み物です。


ちょっとすっぱい
って思って飲んでたら


おもいっきり
底にハチミツが溜まってた。
もっとかき混ぜるべきでした。


鍼の先生に
あなたの身体は冷えてるので
生姜を摂ってください〜
と言われてたので、、、。
もう温かい飲み物の季節ですね、、、。

テラス席で飲んでたらちょっと肌寒かった。


コロンバスサークルは
人がいっぱい。



海外生活あるあるですが

納豆を作ってみようと思って

小さいサイズの大豆を入手しました。



水に浸して12時間。


圧力鍋で15分。


茹で上がった大豆。


市販の納豆にぬるま湯を注ぎかき混ぜる。


蒸した大豆とお湯とき納豆を混ぜて

再度電気圧力鍋のヨーグルトモードで発酵させる。


ヨーグルトモードで発酵、24時間。


冷蔵庫で2日熟成。

出来上がり。


無添加で優しい味です。

食感の柔らかい納豆です。

はじめて作った割には上出来でした。