おかげさまで、「いとしま さかい整形外科医院」も4年目を迎えました。ゴールデンウィーク前後の忙しい時期をスタッフも頑張って乗り切り、当院もますます活気づいております。3年間、当院を支えてくれたスタッフに感謝し、新しく入られたスタッフの歓迎といたしまして、フレンチレストラン「永遠」で、ランチ会を行いました。美味しい料理に大満足で、会も大盛り上がりでした。これからも、スタッフ一同、明るく、元気に頑張っていきますので、よろしくお願いいたします。
$いとしま さかい整形外科医院-永遠

リハビリ勉強会

テーマ:
ミナト医科学の方にリハビリ勉強会をして頂きました。当院のリハビリ器はミナト医科学の新しい機器をそろえ、心癒され安らぎ感をもたらすグリーンのカラーで統一しております。お陰さまで患者様にも大変満足して頂いているようです。患者様により満足して頂けるよう今回勉強会を行ったのですが、とても有意義なものとなりました。まず、使い方の再確認。そして、それぞれのリハビリ器の特徴ともたらす効果。パソコンの映像をみながら、体のどこに働きかけているのかの勉強。スタッフからも積極的に質問がなされ、院長とスタッフで物理療法について追及し深める事ができました。勉強会が終わってリハビリスタッフ全員から「勉強会を開いて下さってありがとうございました!」「とても勉強になりました!」「これからも少しでも患者様に満足して頂けるよう努力したいと思います。」という言葉をもらい、スタッフの向上心の高さに大変嬉しく思いました。リハビリスタッフの皆様、お昼休み返上での勉強会、本当にお疲れ様でした。いとしま さかい整形外科医院では、これからも患者様に満足して頂けるよう、院長はじめスタッフ全員で意識を高め努力していきたいと思っております。

職場体験

テーマ:
新学期に入り、我が家の子供達も少し緊張気味に登校しております。
さて、ご無沙汰致しておりました。お久しぶりのブログ更新です!
今回は、院長に代わって「いとしま さかい」で夏休みに起こった「ある出来事」について書かせていただきます。
8月9日、10日、11日の3日間、中学2年生の男の子が職場体験に来てくれました。
以前、患者様として来院して下さった男の子で「将来は医師になりたい!」という熱い思いがあり、夢と希望に満ち溢れていました。
開業して3年目、入院施設があるわけでもなく大きな手術もない当院に「何ができるだろうか・・・?役に立てるだろうか・・・?」と悩みましたが、スタッフにも協力してもらい無事に3日間を終える事ができました。
院長は診療の合間や昼休みに、自分の経験談を交えながら医師としてのノウハウを講義していたようです。
スタッフは「緊張がほぐれるように・・・」と、心がけながら接してくれていたようでした。
私達も彼の笑顔や誠実な態度に、初心を思い起こさせるような刺激を受けた3日間となりました。先日、学校から「職場体験学習を終えての感想」と題し、彼の感想文が送られてきました。A4の用紙にぎっちりと書かれた感想文には、院長が彼に「医師として伝えたかった事。」が、しっかりと伝わっていたかな?と安心できるものでした。
一部を抜粋して掲載させていただきます。
「~略、診察の見学で例えを使ってわかりやすく説明をした方が良い事や、患者さんの意見を尊重する事など、たくさんの事を学びました。また、来た人一人一人を大事にする事や、患者さんと仲良くなる事など、たくさんの事を教えていただきました。少し難しい話もあったけど、とてもたくさんのことがわかりました。僕が一番大変そうだなと思ったのは診察でした。見ていると先生も患者さんも笑っていて楽しそうだったけど、患者さんの気持ちを考えたり、正しい判断をしなければいけない。と聞いて、とても難しそうだな。と思いました。僕も患者さんの気持ちがわかるようになりたいな。と思いました。~略。」
電子カルテになり「患者を見ない医師が増えている。」と新聞でも時々そんな記事をみかけます。いとしま さかいでは、患者様との会話も大切にしています。そこにも適切な診断をするヒントがたくさんあるからです。そして、笑顔になって診察室を後にして欲しい。それが院長とスタッフの思いです。職場体験に来てくれた彼が、心から患者様と向き合える医師になる事を願いつつ、一人でも多くの患者様を笑顔にできるよう、今日もニコニコ先生は診察室に向かい頑張ります!!