もうすぐ夏休みに!!!

こどもヨガ教室開催します。

こどもがヨガを
やるべき4つの理由


1.こどもにもストレスがある
こどもにもストレスがあると信じることは難しいこともあります。しかし実際はこどもにもストレスがあります。大人のストレスと、こどものストレスの間には大きな違いが1つあります。それは問題解決のための経験値が圧倒的に低いこと。
ここでヨガは役に立ちます。ヨガの呼吸法や自分に1番効き目のあるポーズを活用する事によって、自分自身のストレスを対処できるようにさせる技術であり、生涯にわたり彼らの役に立つ技術であります。





2.こどもは体を動かす必要がある
ヨガは有酸素運動、筋力トレーニングや体重を負荷にする動きといった各要素が含まれている、ヨガはバランスのとれた包括的なフィットネスである。
それに加えて、チャレンジングでありつつも、まったく競争的でないのがヨガ。そのたも、アスリートもノンアスリートも楽しめます。






3.こどもは成長している
ヨガはこども達の健康と成長と発達、骨を強化し筋力を増強し、持久力と柔軟性を鍛えることができる、急激な成長期においてもヨガはケガを防ぐのに役に立つ




4.こども達に睡眠が重要
成長や学びのためには、しっかりとした休息が必要です。多くのこども達が、満足な休息をとれていない、こども達が夜遅くまで勉強や携帯電話、ゲーム、こどもはオンラインで生活しています。
ヨガをやる事で、落ち着きと集中力を高めることができる、だとしたら、こうした生きるためのスキルは子供達にとってもきわめて優れた道具たりうるのではないだろうか?





5.創造力、無限の可能性に気づく
こども達は遊び心にあふれて、のびのびとしていて創造的です。どれも大人が抑制してしまいがちです。
ヨガの瞑想はインスピレーション、幸せ、愛、喜び、笑い、本来の自分に気づくきっかけになります。






Issei整骨院、院長の
安田一成です。

僕は小学生の頃は
ゲームが好き、お菓子大好きの肥満児でした。
マラソン大会も最下位になるほど・・・。
そんなことからサッカーをはじめて
はじめは試合にも出られずでしたが
中学生の時には全国大会にも出場できました。

しかし、ケガをして
ケガによる、体と心の苦しみを経験しました。
そんなこともあり、ことも達の力になりたい
その思いでスポーツトレーナー、治療家の国家試験を取得して、整骨院を開業しました。
現在は、アメリカの世界最先端の予防医学ドクターや東京で予約の取れない整体師の師匠から技術を学び
こどもの才能を引き出す、ヨガ教室を開講する事になりました。